*

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

公開日: : 最終更新日:2016/11/06 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

uhd-bd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a4

【BDレビュー】第26回『インデペンデンス・デイ』


画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 旧作のUHD BD化なので4Kリマスターと信じたい
音声:DTS:X トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 順当な向上。
 解像感はさほど変化ないものの情報量は増し、ディテールが目に見て増している。素の情報量が増したおかげでフィルムグレインもより自然に見ていられる。
 今回のUHD BD化で最も重要なのは色味の変化。BDと比べると明らかに赤みが減っているのがわかる。今まで散々赤みの強いBDを見てきたので、赤みが減ることによって自然に感じられるかと言えばまた微妙だが、おそらくフィルム本来の色合いはこっちなのだろう。
 チェックメイトからの爆炎はピーク輝度が向上しつつグラデーションも緻密なまま保たれており、HDR的な凄みが端的にわかるシーンとなっている。
 ただ、まぁ、時代的な限界は当然あり、「コレが4Kの超高画質だ!」と言うには少々厳しい気がする。

○見どころ
 チェックメイト


○音質
 DTS-HD Master Audio 5.1ch収録のBD版(音質評価:12)に比べて、空間構築の緻密さの点ではっきりと向上が感じられる。
 本作は「プライベート・ライアン以前」の映画音響の精華のようなもので、重厚さをベースにした包囲感は既に完成されている。そこにDTS:Xリミックスのおかげで明瞭な移動感が付加され、敵主砲で舞い散る瓦礫の音はより克明さを増した。
 音楽と効果音はともにトップスピーカーからも朗々と、明確な意図を伴って鳴り渡る。
 さして新しくない作品のオブジェクトベースオーディオ化という点で、ひとつの指標となり得る出来だと思われる。

○聴きどころ
 チェックメイト
 パラシュートは付いてっかー!?


○総評
 DMP-UB90のプレゼントの片割れ。
 映像は4K、音声はオブジェクトベース。
 もうこれ以上のパッケージはあるまい。
 家庭におけるインデペンデンス・デイ、完成である。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』  システムの

記事を読む

日本におけるネットワークオーディオの現状

※この記事は2012年10月18日に書かれたものです ヤマハ、192/24対応/ALAC再生可

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウン

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

【音源管理の精髄】 アルバムアートにこだわる理由 【ネットワークオーディオTips】

 私は聴きたい曲を選ぶ際、あくまで「○○というアルバムの中の○○という曲」という意識を持っている。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑