*

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・追記】



uhd-bd%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a4

【BDレビュー】第26回『インデペンデンス・デイ』


画質:7 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:9)
音質:13
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 旧作のUHD BD化なので4Kリマスターと信じたい
音声:DTS:X トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 順当な向上。
 解像感はさほど変化ないものの情報量は増し、ディテールが目に見て増している。素の情報量が増したおかげでフィルムグレインもより自然に見ていられる。
 今回のUHD BD化で最も重要なのは色味の変化。BDと比べると明らかに赤みが減っているのがわかる。今まで散々赤みの強いBDを見てきたので、赤みが減ることによって自然に感じられるかと言えばまた微妙だが、おそらくフィルム本来の色合いはこっちなのだろう。
 チェックメイトからの爆炎はピーク輝度が向上しつつグラデーションも緻密なまま保たれており、HDR的な凄みが端的にわかるシーンとなっている。
 ただ、まぁ、時代的な限界は当然あり、「コレが4Kの超高画質だ!」と言うには少々厳しい気がする。

【4K/HDR環境での追記】
 解像感は甘いしノイズも出る。
 しかしBDでは見えなかった光やディテールが見えることも確か。
 諸々の爆発では輝度が高まると同時に白飛びが軽減されており、HDRの効果はそれなりにある。そしてやはりBDと比べると全体的に赤が控えめになっている。
 大甘に見て7点。

○見どころ
 チェックメイト


○音質
 DTS-HD Master Audio 5.1ch収録のBD版(音質評価:12)に比べて、空間構築の緻密さの点ではっきりと向上が感じられる。
 本作は「プライベート・ライアン以前」の映画音響の精華のようなもので、重厚さをベースにした包囲感は既に完成されている。そこにDTS:Xリミックスのおかげで明瞭な移動感が付加され、敵主砲で舞い散る瓦礫の音はより克明さを増した。
 音楽と効果音はともにトップスピーカーからも朗々と、明確な意図を伴って鳴り渡る。
 さして新しくない作品のオブジェクトベースオーディオ化という点で、ひとつの指標となり得る出来だと思われる。

○聴きどころ
 チェックメイト
 パラシュートは付いてっかー!?


○総評
 DMP-UB90のプレゼントの片割れ。
 映像は4K、音声はオブジェクトベース。
 もうこれ以上のパッケージはあるまい。
 家庭におけるインデペンデンス・デイ、完成である。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

画質:10 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』

スーパーマンって人(型宇宙人)を殴っていいんだ…… 画質:12 音質:13 映像

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第198回『マチェーテ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit いよいよもってSP

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・追記】

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

SFORZATOに行ってきました

 こないだの東京インターナショナルオーディオショウにあわせて。  2010年のハイエンドショウの時

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑