*

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 北米盤

uhd-bd%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%88


画質:15☆ (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K/6.5K撮影・4Kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 終始、思わずため息が出る。 
 冒頭、鬱蒼とした森の中、木々の根元を流れる水が、滑らかな襞の上に僅かな木漏れ日を照り返すとともに、水底の地面を透かし見せる。もうその様を見るだけで度肝を抜かれ、本作が到達した画質の高みに恐れ入った。
 ぶれず、濁らず、最善の上に完璧を実現した珠玉の画である。
 シーンごとに使ったカメラに起因するであろう無視できない画質差もあるにはあるのだが、それでもなお総じて途方もなく高いレベルが維持されており、ケチの付け所がない。ぎりぎりの闇の中にあってさえ、解像感が落ちることはついになかった。そして作品全体を支配する薄暗く陰鬱なトーンの中でさえ隔絶した解像感が得られているのだから、稀に現れる青空と陽射しの下の克明さはもはや筆舌に尽くしがたい。
 なにより、雪国の住人にこの画は効く。

○見どころ
 陽を浴びた雪が煌めく様


○音質
 効果音は常に映像の引き立て役に徹し、それ自体が前面に出しゃばるようなことはない。そのぶん緻密かつ巧妙に作られており、過酷な自然環境を濃密な音によって表現することに成功している。全編通じて「水」の音の使い方が印象的で、流れ落ちる滝の轟音から木々の枝から落ちる雪融けの雫に至るまで、迫力と繊細さが完璧に同居した実に見事なもの。
 音楽は効果音の延長的な使われ方がなされており、「劇伴だ! 聴け!」といった感覚はない。それでもマルチチャンネルを漏らさず使って猛烈な音圧を投げかけてくることも往々にしてあり、なおかつ非常に低域が充実しているため、聴き応えがないわけではまったくない。
 なお、メニュー画面ではソフト制作の時点で何かを間違ったとしか思えないほどに異様な轟音が鳴り響くため要注意。

○聴きどころ
 水の音


○総評
 画質においては間違いなく現時点における最高峰の一角。某所で有機ELで見た限り、HDRの効果も相当に大きい。
 一方でDolby Atmos未収録、66GB仕様など、現状の仕様は「完全版」とは言えない。
 20世紀FOXは『オデッセイ』で、通常版本編&DTS-HD Master Audio 7.1ch収録のUHD BDを出した後、あっという間にエクステンデッド版&Dolby Atmos収録のバージョンを出したという前科があるので、高価な日本盤は購入を見送った。
 そのうち本作も、Dolby Atmos収録&100GB仕様の完全版が出てくる気がしてならない。「最後の決め打ち映像メディア」であるはずのUHD BDでこんなことになるのは正直心外だが、致し方なし。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN T1 & D1

LUMIN T1 & D1 来たる LUMIN T1 & D1 ハード編 LUMIN

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第55回『燃えよドラゴン』

画質:3 音質:4 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。  今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

【音響の火花】 鴉-KARAS-

 と、いうわけで【音響の火花】を始めようと思う。第1回なので、どう書くべきか、どんなデータが必要かも

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑