*

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 北米盤

uhd-bd%e3%83%ac%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%88


画質:15☆ (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:10
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 3.4K/6.5K撮影・4Kマスター
音声:DTS-HD Master Audio 7.1ch


○画質
 終始、思わずため息が出る。 
 冒頭、鬱蒼とした森の中、木々の根元を流れる水が、滑らかな襞の上に僅かな木漏れ日を照り返すとともに、水底の地面を透かし見せる。もうその様を見るだけで度肝を抜かれ、本作が到達した画質の高みに恐れ入った。
 ぶれず、濁らず、最善の上に完璧を実現した珠玉の画である。
 シーンごとに使ったカメラに起因するであろう無視できない画質差もあるにはあるのだが、それでもなお総じて途方もなく高いレベルが維持されており、ケチの付け所がない。ぎりぎりの闇の中にあってさえ、解像感が落ちることはついになかった。そして作品全体を支配する薄暗く陰鬱なトーンの中でさえ隔絶した解像感が得られているのだから、稀に現れる青空と陽射しの下の克明さはもはや筆舌に尽くしがたい。
 なにより、雪国の住人にこの画は効く。

○見どころ
 陽を浴びた雪が煌めく様


○音質
 効果音は常に映像の引き立て役に徹し、それ自体が前面に出しゃばるようなことはない。そのぶん緻密かつ巧妙に作られており、過酷な自然環境を濃密な音によって表現することに成功している。全編通じて「水」の音の使い方が印象的で、流れ落ちる滝の轟音から木々の枝から落ちる雪融けの雫に至るまで、迫力と繊細さが完璧に同居した実に見事なもの。
 音楽は効果音の延長的な使われ方がなされており、「劇伴だ! 聴け!」といった感覚はない。それでもマルチチャンネルを漏らさず使って猛烈な音圧を投げかけてくることも往々にしてあり、なおかつ非常に低域が充実しているため、聴き応えがないわけではまったくない。
 なお、メニュー画面ではソフト制作の時点で何かを間違ったとしか思えないほどに異様な轟音が鳴り響くため要注意。

○聴きどころ
 水の音


○総評
 画質においては間違いなく現時点における最高峰の一角。某所で有機ELで見た限り、HDRの効果も相当に大きい。
 一方でDolby Atmos未収録、66GB仕様など、現状の仕様は「完全版」とは言えない。
 20世紀FOXは『オデッセイ』で、通常版本編&DTS-HD Master Audio 7.1ch収録のUHD BDを出した後、あっという間にエクステンデッド版&Dolby Atmos収録のバージョンを出したという前科があるので、高価な日本盤は購入を見送った。
 そのうち本作も、Dolby Atmos収録&100GB仕様の完全版が出てくる気がしてならない。「最後の決め打ち映像メディア」であるはずのUHD BDでこんなことになるのは正直心外だが、致し方なし。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。  fidata HFAS1の音。  比較対象

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第202回『ヒックとドラゴン』

もっと早くに見るべきだった映画 画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビー

記事を読む

LUMIN App Version 3.0

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【音源管理の精髄】 『自分ルール』の重要性――ジャンル/アーティスト/アルバム 【ネットワークオーディオTisp】

 『自分にとって良いライブラリとはどのようなものか』  『どのようなライブラリを作りたいのか』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第23回『劇場版 機動警察パトレイバー』

アニメです。 これがイノセンスに到る押井作品群の始まりと言えます。 AKIRAに集った史上最強の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Network Bridge」ー 65万

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を認定 - avwatch

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑