*

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0


画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 5K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:中


こちらも参照
【BDレビュー】第234回『パシフィック・リム』 北米盤


○画質
 BDに比べて非常に輝きが鋭くなり、暗部は引き込みが増した。つまるところパッと見のコントラストが増した。結果的にBDとはだいぶ印象が異なるのだが、はたしてこれが良いことなのか悪いことなのかはちょっと判断に困るという印象。
 ただ、ダイナミックレンジ変換を経た映像でも「HDRっぽさ」はじゅうぶんに味わえる一方で、DLA-X30のコントラスト性能の限界なのか何なのか、明部では白飛びを起こし、暗部は引き込みが強すぎる。特に白飛びはなかなか問題で、高輝度領域の色彩が抜け落ちてしまっている。
 とにかく明暗が過剰な画であり、何もかもが完璧にハマっていたBDに比べるとなんとも荒削りに見える。あるいはコレが監督が本来意図した映像なのかもしれないのだが。
 解像感や情報量は相変わらず極めて優秀、なれどBDの時点であまりにも完成されていたため、コントラスト表現が荒削りという印象だけが残った。
 言い換えればダイナミックレンジ変換を経てもなお強烈な印象を残すレベルでHDR表現が為されているということでもあり、十全な性能のディスプレイで見たらどうなるのか気になるところだ。

○見どころ
 タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット


○音質
 北米盤BDのDTS-HD Master Audio 7.1chと比べると、既に完成されていた音響にさらなる包囲感と移動感が加わる。オブジェクト効果はぶんまわされるタンカーの軌跡がさらに明瞭に部屋の中を切り裂くといった具合に活かされる。トップスピーカー込みでスピーカーの台数が増えたおかげか、全体的な威力も増しているように感じる。
 トップスピーカーの活用はそれなり。避難所の天井から響くオオタチの足音など、鳴るべきところではしっかり鳴るほか、KAIJUの雄叫びは問答無用でトップスピーカーに響きが割り振られているようで、彼らの巨大感の醸成に一役買っている。
 その他面白いトップスピーカーの使い方としては、イェーガー内のナビゲーション音声であるGLaDOSの声が全面的かつ明瞭にトップスピーカーに割り振られているということ。基本しっちゃかめっちゃかな状況で鳴るので上から聴こえるという実感は薄いのだが、なるほど確かに包囲感の向上も感じられる。
 移動感、包囲感、定位感、創意工夫、威力、あらゆる要素が極めて高いレベルで構築された本作の音響は、Dolby Atmosによって僅かに、されど確かな向上を果たした。
 とはいうものの、『プライベート・ライアン』『ランボー 最後の戦場』に感じた恐怖、『AKIRA』『ガールズ&パンツァー 劇場版』に感じたある種の狂気、そういった次元に達することはなかった。
 よって☆は付かず、音質評価は10点満点中の15点据え置きである。

○聴きどころ
 天井から聴こえるGLaDOSの声
 でかいもの全般


○総評
 本作が4Kマスターではなかったというたった一点を除き、UHD BDになっても、特に音響面でずっとリファレンスたり得る作品である。
 BDの時点で良すぎたこともあり、はたしてBDを既に持っている人が買い換えてどれだけの向上を実感できるかは謎だが、あとはもう作品に対する愛情次第といったところか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第79回『マクロス・ゼロ』

画質:4→8(1話→5話) 音質:6 映像はAVCで基本的にハイビットレート。 音声はド

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 『Linn Kazoo』

 急に登場したLINNの新作アプリ。  例によってメディアではべた褒めされているが、はたして実態や

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Keith Jarrett / The Koln Concert

・アーティスト / アルバムタイトル Keith Jarrett / The Koln Conce

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑