*

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0


画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 5K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:中


こちらも参照
【BDレビュー】第234回『パシフィック・リム』 北米盤


○画質
 BDに比べて非常に輝きが鋭くなり、暗部は引き込みが増した。つまるところパッと見のコントラストが増した。結果的にBDとはだいぶ印象が異なるのだが、はたしてこれが良いことなのか悪いことなのかはちょっと判断に困るという印象。
 ただ、ダイナミックレンジ変換を経た映像でも「HDRっぽさ」はじゅうぶんに味わえる一方で、DLA-X30のコントラスト性能の限界なのか何なのか、明部では白飛びを起こし、暗部は引き込みが強すぎる。特に白飛びはなかなか問題で、高輝度領域の色彩が抜け落ちてしまっている。
 とにかく明暗が過剰な画であり、何もかもが完璧にハマっていたBDに比べるとなんとも荒削りに見える。あるいはコレが監督が本来意図した映像なのかもしれないのだが。
 解像感や情報量は相変わらず極めて優秀、なれどBDの時点であまりにも完成されていたため、コントラスト表現が荒削りという印象だけが残った。
 言い換えればダイナミックレンジ変換を経てもなお強烈な印象を残すレベルでHDR表現が為されているということでもあり、十全な性能のディスプレイで見たらどうなるのか気になるところだ。

○見どころ
 タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット


○音質
 北米盤BDのDTS-HD Master Audio 7.1chと比べると、既に完成されていた音響にさらなる包囲感と移動感が加わる。オブジェクト効果はぶんまわされるタンカーの軌跡がさらに明瞭に部屋の中を切り裂くといった具合に活かされる。トップスピーカー込みでスピーカーの台数が増えたおかげか、全体的な威力も増しているように感じる。
 トップスピーカーの活用はそれなり。避難所の天井から響くオオタチの足音など、鳴るべきところではしっかり鳴るほか、KAIJUの雄叫びは問答無用でトップスピーカーに響きが割り振られているようで、彼らの巨大感の醸成に一役買っている。
 その他面白いトップスピーカーの使い方としては、イェーガー内のナビゲーション音声であるGLaDOSの声が全面的かつ明瞭にトップスピーカーに割り振られているということ。基本しっちゃかめっちゃかな状況で鳴るので上から聴こえるという実感は薄いのだが、なるほど確かに包囲感の向上も感じられる。
 移動感、包囲感、定位感、創意工夫、威力、あらゆる要素が極めて高いレベルで構築された本作の音響は、Dolby Atmosによって僅かに、されど確かな向上を果たした。
 とはいうものの、『プライベート・ライアン』『ランボー 最後の戦場』に感じた恐怖、『AKIRA』『ガールズ&パンツァー 劇場版』に感じたある種の狂気、そういった次元に達することはなかった。
 よって☆は付かず、音質評価は10点満点中の15点据え置きである。

○聴きどころ
 天井から聴こえるGLaDOSの声
 でかいもの全般


○総評
 本作が4Kマスターではなかったというたった一点を除き、UHD BDになっても、特に音響面でずっとリファレンスたり得る作品である。
 BDの時点で良すぎたこともあり、はたしてBDを既に持っている人が買い換えてどれだけの向上を実感できるかは謎だが、あとはもう作品に対する愛情次第といったところか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 運用編

 一週間ほど運用してみての諸々。  一言で言えば、動作は安定している。  「Ma

記事を読む

続・ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

ネットワークオーディオと「OpenHome」 ネットワークオーディオとOpenHomeとRoo

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画

記事を読む

【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』

画質:7 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ②

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

Primareの新フラグシップ・PRE60 & A60は今春発売! の予定

 公式HP  本気でそのパンダみたいなデザインのまま発売するのか……  純シルバー(プラ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑