*

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/08/12 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・追記】



uhd-bd%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%a0


画質:9 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:13)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 5K撮影・2Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:中 オブジェクト効果:中


こちらも参照
【BDレビュー】第234回『パシフィック・リム』 北米盤


○画質
 BDに比べて非常に輝きが鋭くなり、暗部は引き込みが増した。つまるところパッと見のコントラストが増した。結果的にBDとはだいぶ印象が異なるのだが、はたしてこれが良いことなのか悪いことなのかはちょっと判断に困るという印象。
 ただ、ダイナミックレンジ変換を経た映像でも「HDRっぽさ」はじゅうぶんに味わえる一方で、DLA-X30のコントラスト性能の限界なのか何なのか、明部では白飛びを起こし、暗部は引き込みが強すぎる。特に白飛びはなかなか問題で、高輝度領域の色彩が抜け落ちてしまっている。
 とにかく明暗が過剰な画であり、何もかもが完璧にハマっていたBDに比べるとなんとも荒削りに見える。あるいはコレが監督が本来意図した映像なのかもしれないのだが。
 解像感や情報量は相変わらず極めて優秀、なれどBDの時点であまりにも完成されていたため、コントラスト表現が荒削りという印象だけが残った。
 言い換えればダイナミックレンジ変換を経てもなお強烈な印象を残すレベルでHDR表現が為されているということでもあり、十全な性能のディスプレイで見たらどうなるのか気になるところだ。

【4K/HDR環境での追記】
 これぞHDR
 上で指摘した「明部では白飛びを起こし、暗部は引き込みが強すぎる」という問題は有機ELでは見事に払拭される。眩い光にも色褪せることなく色彩が乗り、暗部の情報量もしっかりと出るおかげで、鮮烈極まる光と闇の狂宴が展開する。おかげで目が疲れる。
 BDとはまったくの別物。ただしBDの画も捨てがたい。

○見どころ
 タンカーを引っ提げてオオタチへ向かうジプシー・デンジャーのカット


○音質
 北米盤BDのDTS-HD Master Audio 7.1chと比べると、既に完成されていた音響にさらなる包囲感と移動感が加わる。オブジェクト効果はぶんまわされるタンカーの軌跡がさらに明瞭に部屋の中を切り裂くといった具合に活かされる。トップスピーカー込みでスピーカーの台数が増えたおかげか、全体的な威力も増しているように感じる。
 トップスピーカーの活用はそれなり。避難所の天井から響くオオタチの足音など、鳴るべきところではしっかり鳴るほか、KAIJUの雄叫びは問答無用でトップスピーカーに響きが割り振られているようで、彼らの巨大感の醸成に一役買っている。
 その他面白いトップスピーカーの使い方としては、イェーガー内のナビゲーション音声であるGLaDOSの声が全面的かつ明瞭にトップスピーカーに割り振られているということ。基本しっちゃかめっちゃかな状況で鳴るので上から聴こえるという実感は薄いのだが、なるほど確かに包囲感の向上も感じられる。
 移動感、包囲感、定位感、創意工夫、威力、あらゆる要素が極めて高いレベルで構築された本作の音響は、Dolby Atmosによって僅かに、されど確かな向上を果たした。
 とはいうものの、『プライベート・ライアン』『ランボー 最後の戦場』に感じた恐怖、『AKIRA』『ガールズ&パンツァー 劇場版』に感じたある種の狂気、そういった次元に達することはなかった。
 よって☆は付かず、音質評価は10点満点中の15点据え置きである。

○聴きどころ
 天井から聴こえるGLaDOSの声
 でかいもの全般


○総評
 本作が4Kマスターではなかったというたった一点を除き、UHD BDになっても、特に音響面でずっとリファレンスたり得る作品である。
 BDの時点で良すぎたこともあり、はたしてBDを既に持っている人が買い換えてどれだけの向上を実感できるかは謎だが、あとはもう作品に対する愛情次第といったところか。



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55B6P

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかアルバムのサムネイル粗くない?(

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

UHD BDまであと少し……?

UHD BDまであと少し! BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のラ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る

 コントロールアプリ上で美しいアルバムアートを表示するためには三つの条件がある。  1、大前提

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑