*

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

公開日: : 最終更新日:2017/08/14 BD・ホームシアター関連, オーディオ・ビジュアル全般

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・追記】



uhd-bd%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%ef%bc%92

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン2』


画質:8 (HD環境・BDと同じ土俵での暫定評価:11)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 BD版と同様、フィルムグレインをしっかり効かせた、ある意味今となっては懐かしい画。そして残念ながら、BDからUHD BDになった恩恵は期待していたほど大きくはなかった。
 確かに見通しは良くなっているし、スパイダーマンのスーツのディテールなど、情報量の向上は感じられる。それでも、相変わらずシーンによっては粒状感が過剰に思えるし、デジタル撮影の今風の高画質とは少々毛色が異なる。
 本作はフィルム撮影からの4Kマスターながら、『イミテーション・ゲーム』『鑑定士と顔のない依頼人』と比べてしまうと、正直言ってフィルムならではの良さが活かされたマスターとは言い難い。
 エレクトロの肌に走る光の表現や雷撃といったCG全開のオブジェクトに関してはHDRが大いに効果を発揮しているようで、HD/SDR環境で見てもディテールの向上が確認できる。
 ネイティブ4Kのディスプレイで見れば、もしかしたらフィルムグレインが巧い具合に画素に散っていい塩梅になるのかもしれない。

【4K/HDR環境での追記】
 もしかしたらフィルムグレインが巧い具合に画素に散っていい塩梅になるのかもしれない→ならなかった。情報量とノイズのバランスは結局厳しいまま。
 とはいうもののフィルム撮影の4Kマスター作品として解像感は上々であり、4Kの恩恵は感じられる。
 HDR感は流石の一言。闇が深まると同時に雷撃の青光は輝きを増し、さらなるテンションで襲い掛かる。

○見どころ
 エレクトロ


○音質
 DTS-HD Master Audio 5.1ch収録のBD版(音質評価:13)に比べて、空間性の向上が著しい。
 縦横無尽に飛び回るスパイダーマンとエレクトロの雷撃迸る死闘にトップスピーカーからの音が完璧に追随し、威力・音の豊富さも申し分なし。グリーンゴブリンの哄笑も上からヒャッヒャッヒャッヒャとそりゃもう面白く降ってくる。
 感心したのは音楽の活用で、単純にBGMをそのまんまトップスピーカーからも鳴らすような使い方ではなく、トップスピーカーまで考えられた周到なミックスが施されている。さらに音楽で、トップスピーカー4本の間で完全なステレオ音場まで構築されているのにはたまげた。アクション映画的な外連味だけでなく、音楽での活用においてもオブジェクトオーディオの可能性の大きさが垣間見えた。
 『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』『ダークナイト ライジング』と並び、蜘蛛男もアメコミ映画で最高峰の音を実現した作品となった。

○聴きどころ
 エレクトロ


○総評
 画はネイティブ4Kディスプレイでのリベンジに期待。音はもう最高なので言うことはない。
 それにしてもデイン・デハーン若い……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC
→LG OLED55BP6

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』こそがネットワークオーディオの

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 CES2015雑感でも書いたが、別にCESに限った話ではなく、ここ最近の「ホームシアター用プロジェ

記事を読む

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います  一回目・二回目と

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑