*

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

uhd-bd%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%ef%bc%92

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン2』


画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価)
音質:15
(評価の詳細についてはこの記事を参照)

映像:HEVC 35mmフィルム撮影・4Kマスター
音声:Dolby Atmos トップスピーカーの活用:大 オブジェクト効果:大


○画質
 BD版と同様、フィルムグレインをしっかり効かせた、ある意味今となっては懐かしい画。そして残念ながら、BDからUHD BDになった恩恵は期待していたほど大きくはなかった。
 確かに見通しは良くなっているし、スパイダーマンのスーツのディテールなど、情報量の向上は感じられる。それでも、相変わらずシーンによっては粒状感が過剰に思えるし、デジタル撮影の今風の高画質とは少々毛色が異なる。
 本作はフィルム撮影からの4Kマスターながら、『イミテーション・ゲーム』『鑑定士と顔のない依頼人』と比べてしまうと、正直言ってフィルムならではの良さが活かされたマスターとは言い難い。
 エレクトロの肌に走る光の表現や雷撃といったCG全開のオブジェクトに関してはHDRが大いに効果を発揮しているようで、HD/SDR環境で見てもディテールの向上が確認できる。
 ネイティブ4Kのディスプレイで見れば、もしかしたらフィルムグレインが巧い具合に画素に散っていい塩梅になるのかもしれない。

○見どころ
 エレクトロ


○音質
 DTS-HD Master Audio 5.1ch収録のBD版(音質評価:13)に比べて、空間性の向上が著しい。
 縦横無尽に飛び回るスパイダーマンとエレクトロの雷撃迸る死闘にトップスピーカーからの音が完璧に追随し、威力・音の豊富さも申し分なし。グリーンゴブリンの哄笑も上からヒャッヒャッヒャッヒャとそりゃもう面白く降ってくる。
 感心したのは音楽の活用で、単純にBGMをそのまんまトップスピーカーからも鳴らすような使い方ではなく、トップスピーカーまで考えられた周到なミックスが施されている。さらに音楽で、トップスピーカー4本の間で完全なステレオ音場まで構築されているのにはたまげた。アクション映画的な外連味だけでなく、音楽での活用においてもオブジェクトオーディオの可能性の大きさが垣間見えた。
 『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』『ダークナイト ライジング』と並び、蜘蛛男もアメコミ映画で最高峰の音を実現した作品となった。

○聴きどころ
 エレクトロ


○総評
 画はネイティブ4Kディスプレイでのリベンジに期待。音はもう最高なので言うことはない。
 それにしてもデイン・デハーン若い……



○再生環境(詳細はコチラ

・ソース
Panasonic DMP-UB90

・映像
Victor DLA-X30
KIKUCHI SE-100HDC

・音響(センターレス6.1.4ch)
Pioneer SC-LX59
Nmode X-PM7
Nmode X-PW1 ×3(サラウンドにモノラル×2、サラウンドバックにステレオ×1)
Dynaudio Sapphire
Dynaudio Audience122(サラウンド)
Dynaudio Audience52(サラウンドバック)
ECLIPSE TD307MK2A ×4(トップフロント・トップリア)
ECLIPSE TD316SWMK2



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック  仕様だの背面だのはリ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

iFI nano iDSDといちごアイスとJPLAYStreamerでDSD256を再生する

DSD256用のファームウェア5.0にフレーバーをつけました 「どれにしますか?」 - iFI-Au

記事を読む

【BDレビュー】 第241回『アベンジャーズ』 北米盤

続編の敵になるのは誰かな? 画質:10 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第95回『マトリックス・レボリューションズ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1でビットレートは絶望的な頭打ち。リローデッドより多少マシ

記事を読む

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書

記事を読む

LUMIN A1を試す・機能編 LINN DSとの徹底比較

導入編 動作編  知りたいのはまさにコレ。違う?  LINN DSを使ってそろ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com  待

記事を読む

【BDレビュー】第301回『トレマーズ ブラッドライン』

 マメに写真を撮ってアイコンに仕立ててきたが、くたびれたのでおしまい。  というわけで、UHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑