*

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選


 独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016年のオーディオ・ビジュアルハイライト。
 業界的な話題と個人的な話題もごちゃまぜで。




第10位

さらば、ChorusDS
今度こそさらば、SongBook


 ひとつの歴史が終わった。




第9位

DELAとfidataから新モデルが登場


DELA N1Z/N1Aの新モデル
fidata HFAS1-XS20

 でかい花火を打ち上げて終わるのではなく、新モデル的な意味でも機能拡張的な意味でも継続することの素晴らしさよ。
 日本のネットワークオーディオシーンにおいて、「サーバー」だけでなく「プレーヤー」の領域においてもDELAとfidataの果たしている役割は途方もなく大きい。




第8位

SFORZATO × RoonReady


SFORZATO × RoonReady + Roon Server
SFORZATOに行ってきました

 ネットワークオーディオ黎明期の麒麟児が、OpenHome対応を経てついにユーザビリティにおいても最先端を走るようになった。さらに、なんと単体Roon Serverも作っているらしい。
 純然たるネットワークオーディオプレーヤーの雄として、これからも走り続けてほしいと願っている。




第7位

Dynaudio The New Contour

 そうそう、こういうのでいいんだよこういうので!





第6位

ガールズ&パンツァー 劇場版のBD


 アニメ作品としては『AKIRA』以来の音質評価15☆を進呈。
 マルチチャンネル・サラウンドはいいぞ。




第5位

サブウーファーの導入


【レビュー】ECLIPSE TD316SWMK2
LFEとサブウーファーの意義を考える

 ホームシアター歴10年目にしての導入。
 サブウーファーが担うのは決して低音の量感だけではない、ということを理解した。




第4位

UHD BDの本格始動


【レビュー】Panasonic DMP-UB90
【UHD BDレビュー】総まとめ

 4K/HDRディスプレイを未だに持っていないので視聴環境はあくまでも暫定ながら、BDと比べた際のUHD BDの資質は明らかである。
 ソフトメーカー各社にはUHD BDが最後の映像ディスクメディアであるという認識の下、全方位的に納得のいく仕様でリリースしてほしいと切に願っている。




第3位

オブジェクトベースシアターへの道、完結!


【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 オブジェクトオーディオは良い。

 しかしそれは、「マルチチャンネル・サラウンド」における最後の隠し味であって、入り口ではない。

 天井にスピーカーを取り付ける前にやるべきことは腐るほどある。




第2位

RoonReady狂想曲


RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢
RoonReady、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

 年初に大量のパートナーブランドを引っ提げて華々しく登場した後、Munich HIGH END 2016でも色々な新製品がお目見えし、現在進行形でパートナーブランドが増えているRoonReady製品。
 が、「現在開発中」のブランドは随分と増えたものの実際に手に入る製品は未だに数が少なく、RoonReadyを活かすために必要なRoon Serverとなると極めて限られているという状況は変わっていない。ついでにRoon Serverの重要性もまだまだ認識されているとは言い難い。
 RoonReadyの発表当初は割と次々に対応機が出てきたので「RoonReadyの実装はそんなに難しくないのかな」などと思ったが、そういうわけでもなさそうだ。

 そして従来のネットワークオーディオのプラットフォームの価値を無視して、あるいはそもそも知りもせずに「Roon最高、Roonさえあれば他にはなにもいらない」的な物言いがされるのを見かけるようになったが、これについては「決してそんなことはない」と言い続けたい。

 それにしても、LUMINはいったいいつRoonReadyになるのだろうか。
 先に私がRoonReadyになってしまった



第1位

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器


 マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品
 まさにこの意味での「理想のオーディオ用PC」ついに手に入れたぞ

 canarino Filsは使うソフト次第で「サーバー」にも、「プレーヤー」にも、あるいは「ミュージックサーバー」にもなる。そして、今後それらのソフトや単体オーディオ機器を試すうえで、canarino Filsが判断の基準を担うことになる。




 2017年も思いっきりオーディオ・ビジュアルしよう。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

Kinsky Version 4.3.21

 iOSに付いていくべく2年以上ぶりのアップデート。  ほんのりとデザインも変わった。

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオ・ベースマン

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  9月20日

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑