*

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

 「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」と言っているのも、「ネットワークオーディオの本質はコントロールである」と言っているのも、「ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない」と言っているのも、「PCを使わないことがネットワークオーディオなのではない」と言っているのも、他ならぬ私自身である。

 『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』の三要素から成り、さらにネットワークを用いて再生機器からコントロールを独立させているのがネットワークオーディオのシステムであり、スタイルである。
 単体ネットワークオーディオプレーヤーやNASの使用はネットワークオーディオの実践をそれ自体では意味せず、ネットワークオーディオをネットワークオーディオたらしめるものはあくまでもコントロールである。

 「コントロール」という要素からネットワークオーディオという認識の領域を押し広げた結果、再生ソフトとUSB DACを用いるいわゆるPCオーディオのシステムも、サーバーとプレーヤーの機能を併せ持つミュージックサーバーを用いるシステムも、等しくネットワークオーディオの文脈で捉え、扱い、理解し、楽しめるようになった。

 これらの認識は揺るぎない。


 しかし。

 しかしだ。


 それでもなお、「単体サーバーと単体ネットワークオーディオプレーヤーを個別に用意するシステム」への思い入れが完全に消えたわけではない。

 これはつまるところ、以下の二つのシステムのことである。
 「サーバー」にNASを用いるか、オーディオ用に作られた単体サーバーを用いるか、サーバーソフトを入れたPCを用いるかは今となっては同じものと扱っていいだろう。

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

ネットワークオーディオ虎の巻07

ネットワークオーディオ虎の巻20161014更新06

 なんでこのシステムに心惹かれるのかは、結局のところ、私が出会った初めてのネットワークオーディオの姿であり、すべての思考の原点だからなのだろう。
 初めてLINN DSを体験した時の衝撃はあまりにも大きかった。

 だからこそ、USB DACとネットワークオーディオプレーヤーをどちらか選べと言われれば、後者を選びたいという想いが勝る。市場動向という名の現実に負けてUSB DACを選ぶことになるとしても、その想いは残る。
 もはや使う機器に関わらず「同じことができる」ことはわかりきっているのに、DELAやfidataを純粋にサーバーとして使って、LINN KLIMAX DSやSFORZATO DSP-01をプレーヤーに使いたいと思ってしまうのである。USB出力搭載のネットワークオーディオトランスポートは……アリだな。

 ちなみにUSBとLANではどちらが高音質とか、やっぱりPCでは駄目だとか、そういう話をしたいのではない。
 もっともっともっともっと単純で原始的な、それこそ理由もへったくれもなく都会より田舎の方が好きだとか、そういう次元の話である。


 時に私は自身を指して「ネットワークオーディオ原理主義者」なんて呼ぶ。
 その時は「ネットワークオーディオのコントロールは手元の端末でやるもんだからプレーヤーにディスプレイなんて要らん!」とか、「音源管理は結局PCでやった方がずっと便利なんだからオーディオ機器の側にそんな機能は要らん!」とか、そんなことを言いたい時である。

 が、それとは別に、コントロールだけでなく機器間の音声データのやり取りまで文字通り「ネットワーク」の枠内で完結する、いわば「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬が、今も私の中に焼き付いて消えない。
 はたしてこのようなシステムを「純粋」と表現するのが妥当かどうかはわからないが、逆にこれ以外の言葉も思いつかない。


 とはいえ、私がネットワークオーディオを通じてユーザーに体験してもらいたいもの、それはひとえに「居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ」である。
 ネットワークオーディオとは特定の再生機器に限定されるものではない。私の個人的なシステム嗜好などどうでもいいのだ。

 オーディオ機器ベース・PCベース問わずミュージックサーバーが興隆し、再生ソフトはますます進化し、Roonだって登場した。
 ネットワークオーディオを実践する環境はソフトとハードの両面でかつてないほど整い、一年前と比べてもますますいい時代になった。

 体験して、味わってもらうことを願ってやまない。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

4K/HDRディスプレイが無くともUHD BDの恩恵を受けられるか?

 現状で手持ちのUHD BD15本のレビューを終えたので、記事タイトルの問題と向き合ってみる。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第193回『ロビン・フッド』

最後のアレがやりたかっただけだろ! ライアン病患者乙!! 画質:9 音質:9

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

アイ・オーのオーディオ用NAS新製品

アイ・オー、“設定不要”の簡単オーディオ用NAS「RockDisk for Audio」。e-onk

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第120回『トップガン』

画質:9 音質:11 映像はAVCでビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はDTS

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑