*

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。
 トップスピーカーも含めた複数のスピーカーに「オブジェクト」として音をマッピングし、上方向まで含めた完璧な定位感・移動感・包囲感を実現する。

 理屈はわかる。
 現に私も非常に非常に非常に期待し、夢を膨らませた。
 で、天井にスピーカーを取り付けるなんて狂気の沙汰までやらかしたのである。


 一通りいろんなソフトを聴いて、結果としてわかった重要度は、

フロント&センタースピーカー>越えられない壁>サラウンド&サラウンドバックスピーカー>越えられない壁>トップスピーカー

 である。


 そして、定位感・移動感・包囲感の実現で重要なのは、

スピーカーの厳密なセッティング>越えられない壁>トップスピーカーの有無

 である。


 駄目押しに、最終的に再生される音のクオリティを考えれば、

機材とセッティングを真剣に突き詰めたチャンネルベースのシステム>>>途方もなく巨大な壁>>>AVアンプの音場補正に頼っただけの、単にオブジェクトオーディオを再生できるというだけのシステム

 である。
 どっかで似たような話があったな。


 つまり、今までと何も変わっていない


 オブジェクトオーディオは魔法などではない
 オブジェクトベースであることは、それを収録するパッケージソフトの音質やそれを再生可能なシステムの音質を担保するものではない。


 サラウンド音響という体験を味わいたければ、今までと同じようにAVアンプを買ってきて、まずはその辺に転がっているスピーカーをとりあえず後ろに2本置いてみればいい。たったそれだけで、「後ろから音が聴こえる! すげえ!!」という最も重要にして決定的な瞬間が訪れる。

 その後は、気合を入れたフロント2chスピーカーを使って、フロントスピーカーを買い替えたなら以前のスピーカーをサラウンドに回して、余裕があればセンタースピーカーも導入して、住環境と相談しながら可能な限り理想的なセッティングを目指していけばいい。

 「オブジェクトオーディオならスピーカーの設置環境に関わらず素晴らしいサラウンドが実現します!」などという話は真に受けないほうがいい。
 逆に、「オブジェクトオーディオでなければ素晴らしいサラウンドは実現しません!」などという話を真に受けて、「天井にスピーカー付けるなんて無理だから高品質なサラウンド体験は諦めるしかないのか……」などと嘆き悲しむ必要もない。

 今まで通り、基本に忠実にやっていけばいい。

 オブジェクトオーディオの導入/トップスピーカーの設置なんて恐ろしい所業は、既にチャンネルベースのスピーカーセッティングをとことんまで突き詰め、「機材を買い替える以外にもうやることがない」という段階に至ってもなお、さらなる地平を目指す奇特なユーザーが道楽でやればいいくらいの代物である。
 正直言って、現状ではオブジェクトオーディオによる音の伸びしろは期待していたほど大きくなかった。が、決して伸びしろがなかったというわけでもない。


 Dolby Atmos、DTS:Xといった新たな音声フォーマット、「オブジェクト」という方法論は、間違いなくサラウンドの新たな地平を切り開いてくれると思っている。

 しかし、オブジェクトベースオーディオの可能性をひたすらに喧伝する一方で、従来のチャンネルベースのサラウンドをこき下ろすような展開にはなってほしくないし、AV業界は絶対にそんな方向に行ってはいけないと思う。サラウンドという概念やホームシアターという趣味さえまともに浸透していないなかで、「天井にスピーカーを付ける必要があります」なんて言葉が入り口から登場するようではもはや絶望である。


 オブジェクトオーディオは良い。

 しかしそれは、「マルチチャンネル・サラウンド」における最後の隠し味であって、入り口ではない。

 天井にスピーカーを取り付ける前にやるべきことは腐るほどある。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

 Twonky Serverのバージョンがこないだ8.3になった。 Twonky Serv

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【インプレッション】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑