*

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。
 Low-Frequency Effect。
 映像音声にディスクリート収録(.1ch)された低域効果音。
 そしてLFEの再生装置としてのサブウーファー。


 まず、私はサブウーファーを通常の音楽再生(ピュア)用途では使用しない。
 私の再生環境においては、Sapphireも、Audience122も、Audience52も、SC-LX85のMCACCで測定するといずれも「Large」判定となり、サブウーファーは真にLFEのみを担当することになる。
 よって、マルチチャンネルスピーカーの低音補強用ではなく、純粋なLFEの再生装置としてのサブウーファーの意義を考えられる。同時に、LFEそれ自体の意義についても。
 今後のためにも、ここでじっくりと考えておきたい。

リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ
いろんなタイトルとの組み合わせ①
いろんなタイトルとの組み合わせ②
いろんなタイトルとの組み合わせ③
いろんなタイトルとの組み合わせ④
いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

 ECLIPSE TD316SWMK2で色々と見た結果、一言で「LFE」と言っても、どうやら以下の三種類に分類できそうだ。



①純粋に空気を震わせる

 「ドドド」と「ゴゴゴ」。
 ほとんど音として認識できないほど低く、ひたすら空気の揺れを感じさせる類の低音。
 比較的長時間持続し、特定の効果音との時間軸的な関係性はそれほど深くない。爆発、地響き、怪物など、「巨大なもの」との組み合わせで顕著に活用される。
 音質云々を通り越して見るものの感情や心理面に直接働きかけ、映像体験の質に影響を及ぼす。「映画館のような映像体験」に密接に関係する部分。
 サブウーファーには低音の質よりも量が求められる感。


②通常の効果音を強化する

 通常の効果音(ここではLFE以外の効果音を意味し、決して低音だけに限らない)と極めて関係性が深い。
 元の効果音と完全に同期して出力される低音で、私の感覚ではさながら「隈取りをする」ように機能する。LFEによって隈取りされた効果音はさらなる立体感・存在感・威力を得る。単純な「低音の補強」ではなく、「強化」。このニュアンスは伝わるだろうか。
 効果が高い作品であれば、サブウーファー無しの状態と比べてまったく異質なレベルの音を引き出せる。銃撃や砲火の音が別物に変貌する。
 サブウーファーには低音の質と量の両立、加えて高い瞬発力が求められる。よく言われる「低域が遅れる」とは、つまるところこの部分を指したものだろうか。


③劇伴/音楽で活用される

 ②と同じように、劇伴における楽器(おおむね低弦や打楽器)の音と併用される。ミュージカル映画における楽曲のみならず、普通の映画の普通の劇伴でも結構使われているようだ。
 通常の音楽再生、もしくはマルチチャンネルスピーカーの低音補強用途でサブウーファーを使う場合の低音も、雰囲気的にはコレと似ているものと思われる。
 楽曲の性格にもよるが、低音の絶対量は効果音と比べてそれほどでもないため、サブウーファーにはひたすら質と速さが求められる。



 サブウーファーの導入に伴って映像体験に大きな効果を与えるLFEは①と②。これらに比べれば③の効果は限定的。
 そもそもAVアンプの設定で、サブウーファーがない場合はLFEがフロントに割り当てられるため、一応今までも「LFEが出ていない」ということはなかった。
 それでも、①については台詞や通常の効果音を再生しつつ「ドドド」と「ゴゴゴ」も同時に一つのスピーカーから再生するのは無茶だったのだろう。あるいは、極めて高性能なスピーカーに極めて駆動力の高いアンプを組み合わせればまた違うのかもしれないが。
 ただし、大きな効果を得るためには、LFE以外の、通常の効果音の段階で質・量ともに中低域が充実している必要があった。でなければ、LFEが音響に巧く融合せず、全体として非常にちぐはぐな印象になってしまう。そんな時はサブウーファーのボリュームを絞れば何とかなるにはなるのだが、LFEの効果も必然的に小さくなってしまう。
 ②は実際にサブウーファーを導入するまで存在を実感できなかった部分。これもやはり、LFEをサブウーファーに割り当てたことで真価が発揮されたのだろう。サブウーファーの導入に期待したのは「威力」と「迫力」だったが、威力の向上はこれに因るところが大きい。

 今後映像タイトルやサブウーファーを評価する際は、この三つの観点を使うことになりそう。


 今回の一連の視聴で、真に意味のある「空気の震える低音」を聴かせてくれたのは『GODZILLA』『インデペンデンス・デイ』。どちらも「巨大」な作品である。
 LFEによる隈取りで異次元の威力を獲得したのは『フューリー』『ALL YOU NEED IS KILL』
 ①と②のいいとこどりでとにかく効きまくったのは『パシフィック・リム』
 当然ながら、すべてのタイトルで同じような効果が得られるわけではない。効くタイトルには効くし、効かないタイトルにはからっきし。
 LFEも実に奥が深い。

 直接的な映像体験の質、効果音の威力の向上にとって、LFEとそれを専門に担うサブウーファーは意義を持つ。
 より上質な映像体験のために、サブウーファーを導入する価値は間違いなくあった。



 ……でもやっぱり、個人的にはサブウーファーの導入についてあれこれと悩む前に、まずは優れた再生能力を持つフロントスピーカーの導入を考えたほうがよい気がする。部屋の広さや置き場所の制約、他のスピーカーの再生能力との兼ね合いなどから、サブウーファーを導入しないほうがよい場合だって考えられる。
 映画しか見ないというのなら話は別だが、音楽も聴くとなれば、それ自体で低域まできっちり再生できるスピーカーを用意するに越したことはない。
 そこにLFE/サブウーファーを加えるからこそ、両者の存在が活きる。

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Victor DLA-X30

 むかしむかし、VictorのDLA-HD350を使っていたことがある。  部屋があまりにも狭くて

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第230回『言の葉の庭』

 Phile-webコミュニティで書き続けてきた『御気楽BD視聴記』。  HNも変えた再出発につき

記事を読む

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 北米盤 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第237回『マン・オブ・スティール』 画質:14 (画質はHD環境

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 - Phile-web

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第79回『マクロス・ゼロ』

画質:4→8(1話→5話) 音質:6 映像はAVCで基本的にハイビットレート。 音声はド

記事を読む

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選

 毒にも薬にもならないようなランキングを見たところで面白くない。  というわけで私もやる。

記事を読む

【Roon Server/RoonReady】Clones audio THE HOST music server

Clones Audio THE HOST  これまた非常に手頃なRoon Server。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑