*

さらば、ChorusDS

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』
コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

【祝】ChorusDS復活!!!


 2014年に厳密な検証を行った時点では既に更新が完全に停止しており、その後2015年にほぼ4年ぶりの更新で復活を果たしたChorusDS/ChorusDS HDが、App Storeから消滅していた。完全な消滅。再ダウンロードもできなくなっている。
 おすすめのコントロールアプリを更新している最中にこのことに気付いた。(私の中で)歴史が動いた瞬間だった。

 時代の移ろいにしみじみとしてしまったのでこの記事を書いている。
 ついでにSongBookの記事も。

 LINN DSに初めて触れた日は忘れもしない。まさにその時使われていたコントロールアプリこそ、初代iPadで動くChorusDS HDだった。
 今思えば、LINN DSという優れたプラットフォームが根底にあったからこそとはいえ、真に私を魅了したのは音質以上にChorusDSがもたらす未曾有の快適さだった。「ChorusDSが使えるから、使いたいからLINN DSを買った」と言っても過言ではない。
 SongBookDS、そしてChorusDSの存在が、「ネットワークオーディオの本懐は快適な音楽再生である」という私の意識を醸成した。

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ。

 これを感じさせてくれたのである。
 プレーヤーとして優れたユーザビリティを担保するLINN DSと、快適な音楽再生という夢を実現するChorusDSの組み合わせは、ネットワークオーディオという市場領域が徐々に形成され後に崩壊していく中にあって、あまりにも強力な輝きだった。

 コントロールアプリとして現役時代、ChorusDS/ChorusDS HDは、いかに優れたアプリが出現しようと、不動の地位を保ち続けた。
 Kinsky、Kazoo、BubbleUPnP、JRemote、LUMIN App、Roon、今ではいずれ劣らぬ様々な選択肢が存在するものの、すべての要素においてChorusDS/ChorusDS HDを越えるコントロールアプリは未だに存在していないとさえ思える。


 それでも時代は変わる。
 とうとうChorusDSも役目を終える時が来たようだ。

 さらば、ChorusDS。

 ネットワークオーディオの真のメリットを心の底から感じさせてくれたコントロールアプリの存在を、せめて私だけでも記憶に留めておこう。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第107回『AKIRA』

過去→AKIRA→未来 画質:7 音質:15☆ 映像はAVCでビットレートは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Audirvana Plusのコントロールアプリ 『A+ Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】5.1ch DolbyTrueHD DolbyATMOS……?

7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……? Dolby Atmos収録版

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

DELA N1Z/N1Aの新モデル

DELA「N1Z/N1A」、ハードウェアを刷新した新モデル - 電源強化やUSB-DAC端子追加など

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑