*

【音源管理の精髄】 よくある質問と検索ワードへの回答 【ネットワークオーディオTips】

 随時更新予定。
 むしろ質問があったらどしどし言ってくれると嬉しい。



とりあえずいつもの:
【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

タグとは何か?

『ネットワークオーディオ』とは何か

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」
そもそもUPnP/DLNAって何だ?
ネットワークオーディオと「OpenHome」

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』
全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生




・WAVではタグが使えない?
・WAVにはタグを付けられない?

→WAVでもタグは使える

 ただし、WAVのタグの仕様は厳密に決まっていないため、どのようにタグを付加するか、そしてタグがきちんと機能するかどうかはソフト次第
 この場合の「ソフト」とは、再生ソフト/サーバーソフト/ミュージックサーバーやDAPの内部ソフトウェアなど様々である。

参照:
WAVでリッピングするとタグはどうなる?
WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる?
WAVにおける日本語のタグの取り扱い
dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換




・アルバムが出てこない(※)
・アルバムアートが表示されない/おかしい(※)
・再生ソフトやコントロールアプリに表示される曲名がおかしい(※)
・アルバム名やアーティスト名が「Unknown」や「不明」になってしまう
・ファイル名やフォルダの管理はきちんとしているのに何故こうなるんだ!

→ソフト・アプリは基本的にタグを優先して表示・使用する

 そして、「ファイル名」・「フォルダ名」と「タグ」は別物
 そもそもタグとして付加されていない情報は表示されない。アルバムアートを含め、無いものを表示することはできない。各楽曲にアルバムタイトルが付加されていなければ「不明」という名の便宜上のアルバムにまとめてぶち込まれ、曲名が付加されていなければ最後の手段としてファイル名がそのまま使われる
 また、付加されたタグが滅茶苦茶であれば、当然表示される情報も滅茶苦茶になる。
 
参照:
タグはなぜ重要か
手を抜いたライブラリの成れの果て
サーバーソフトとナビゲーションツリー
タグとフォルダの併用

(※)再生ソフトもしくはサーバーソフトの側でタグや画像の取得/データベース化に失敗している可能性もあるので、音源自体に問題がないとすれば、ライブラリの更新やサーバーの再起動を行う。




・特定の再生ソフトではきちんと情報が見えるのに、同じ音源を別の再生ソフトもしくはサーバーソフトで見ると情報が表示されない

→音源管理も可能なライブラリ統合型の再生ソフトによっては、音源に他のソフトからも参照可能なタグを付加するのではなく、そのソフトでのみ機能する情報/メタデータが付加されるだけの場合がある。

 そのようなソフトで音源管理を行う際は音源/ライブラリの普遍性に要注意

参照:
普遍的なライブラリを目指して
続・Roonの「魔法」の正体と、その限界




・曲が連続で再生されない
・一曲でプレイリストの再生が止まる/二曲目が再生されない

→「On-Device Playlist」
機能の有無、すなわちプレーヤーの仕様である可能性大。
 純正アプリとの組み合わせでないとこの当たり前の機能が働かない可能性もある。
 ちなみにOpenHomeに対応するプレーヤーであれば、よほどアレなアプリを使わない限りこんなことは起こらない。
 PCの再生ソフトと専用アプリの組み合わせでも、こんなことは起こらない。

参照:
「On-Device Playlist」(オンデバイス・プレイリスト)について
ネットワークオーディオと「OpenHome」
ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの




・アルバムの曲順がおかしい
・CDの曲順と違う
・曲がアルバム通りの順番で並ばない/再生されない


→まず、個々の音源に「トラックナンバー」のタグが付加されていることを確認する。
 次に、「ファイル名」の先頭に「01,02,03…」と二桁の数字を振る。
 Twonky Serverを使っている場合、「フォルダ」以外の項目から音源をブラウズする、もしくはTwonky Server側の設定を変更する必要がある。
 なお、コントロールアプリが原因ではない

参照:
「アルバムの曲順がおかしい」という問題について
Twonky Server 導入・設定・運用編




・ギャップレス再生ができるか否か
・○○○というアプリではギャップレス再生ができない

→プレーヤーの仕様
である可能性極大。
 純正アプリとの組み合わせでないとこの当たり前の機能が働かない可能性もある。
 ちなみにOpenHomeに対応するプレーヤーであれば、よほどアレなアプリを使わない限りこんなことは起こらない。
 PCの再生ソフトと専用アプリの組み合わせでも、こんなことは起こらない。

参照:
ネットワークオーディオと「OpenHome」
ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの




・表示されるアルバムアートが粗い/汚い/ぼやけている/解像度が低い

→高品質な画像が仕込まれていることを大前提とすれば、トンキー病の可能性あり。
 なお、コントロールアプリが原因ではない
 そもそも仕込まれた画像が粗ければ、表示される画像も当然粗いものとなる。

参照:
Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方
サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る




・○○○というコントロールアプリが使いにくい
・使いやすいコントロールアプリは?

→使いにくいと思うアプリを使い続ける必要はどこにもない

 可及的速やかに乗り換えよう。

参照:
【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】・第6章『コントロール』
おすすめのコントロールアプリ




・○○○というコントロールアプリが使えない

→大前提として、プレーヤーとアプリのプラットフォームが共通であることが必要

 UPnP/DLNA対応のプレーヤーはUPnP/DLNA対応のアプリでしかコントロールできないし、OpenHome対応のプレーヤーの十全なコントロールにはOpenHome対応のアプリが必要になる。
 例えば、UPnP/DLNAにのみ対応するプレーヤーを、OpenHomeにのみ対応するLUMIN Appで操作することはできない。
 なお、同じ会社の製品同士/特定のシステムでしか使えないアプリも当然存在する。

参照:
ネットワークオーディオの「プラットフォーム」
プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法




・ネットワークオーディオにはNASが必要なのか?
・NASを使わなくてもネットワークオーディオはできるのか?

→NASがなくてもネットワークオーディオは実践できる。

 NASがなければネットワークオーディオはできない、というのは大きな誤解
 必要なのはNASという特定の機器ではなく、「サーバー」という機能である。

参照:
『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か
ネットワークオーディオの本質
ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』




・PCでもネットワークオーディオはできるのか?

→PCでもネットワークオーディオは実践できる。

 ネットワークオーディオはPCを使わない、というのは大きな誤解

参照:
ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない
PCオーディオはもっと自由になれる
Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平




・Roonって何? 何ができるの?

→単なる「再生ソフト」の枠を越えた、音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」

 「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽しみ」が得られることから、「再生」ではなく「鑑賞」という表現を使っている。
 極めて強力なライブラリ機能が生む、「音楽の海」とでも呼ぶべき未曽有の体験が肝。
 Roon Readyという仕組みのおかげで、ネットワークオーディオ方面の拡張性も高い。

参照:
Roonの「音楽の海」がもたらすもの
Roonの「Core」・「Control」・「Output」
Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote
Roon関連記事まとめ




・ハイレゾはいいか?
・ハイレゾは本当に音が良い/高音質?
・ハイレゾを聴いたけれど音が悪い
・おすすめのハイレゾ音源

その他、「ハイレゾ ○○○」という検索ワードでやってきたすべての人へ

→ハイレゾは魔法ではない

 ハイレゾ云々に関係なく、良いものは良い、悪いものは悪い
 変な先入観なく自分のシステムで聴いて、素直に楽しめるか否か。それがすべて

参照:
「ハイレゾならば高音質」という幻想
「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である
ハイレゾならではの高音質とは何か
ハイレゾ音源備忘録



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第203回『ナインスゲート』

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質につい

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たたのふ より:

    いつもためになる情報をありがとうございます。
    オーディオの領域では無いかもしれませんが、自宅のLAN環境についてのtipsがあれば良いと思います。
    というのも、私にとって最大の難所がコレでした。
    モデムがあるリビングから、どうやってオーディオのある部屋までLANを繋げるのか。有線は嫌だと嫁にいわれ、いろいろ無線子機を試してみるも、うまくいかなかったり。(都内でも大手である)量販店の店員さんにアドバイスを求めても、首をかしげられたり、オーディオコーナーとPCコーナーを何度も行き来させられたり。
    ネットワークオーディオを始めようとする以前のところで何度挫折しかかったか・・・。

    • sakakihajime より:

      たたのふさん

      ネットワーク環境そのものの構築については、正直なところ知識も経験も不足しており、私が何かを書いたところで残念ながらあまり役に立たない気がします。
      ネットワークオーディオの大前提であることは重々承知ですが、いかんせん私自身、適当に無線LANルーターとハブを買ってきて繋いだだけですので……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑