*

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編


 今までの記事で便宜的にEVOと呼んできたオリオスペックのオーディオ用PCは、「canarino Fils」の名前で正式なモデルとなるようだ。


 さて、ソフトとハード両面の進化のおかげで、こと「機能」の面から見れば、狭義のPCオーディオと狭義のネットワークオーディオを隔てる壁は崩れ去って久しい。
 しかし、内側も外側もまったくオーディオ機器に見えないそのまんまのPCの存在が、壁なき後の幻想を根強いものとしていることも事実である。機能云々以前に、純粋にオーディオ機器の面から見れば、PCはやはり異質なものと言わざるを得ないからだ。

 PCをオーディオに用いる際に必要なのはあくまでも機能、その器となるPCならではのマシンスペックや汎用性であって、PCというハードウェアそのものではない。
 たとえ「機能は同じ」でも、グラボを積んだどでかいデスクトップPCをミュージックサーバーとしてシステムに繋ぐ、なんてことは最初からお断りである。
 また、USB DACにしても再生ソフトにしても、そもそもファンが唸りを上げるPCを使っておきながら音についての評価を臆面もなくできるほど、私はオーディオという趣味に対して恐れ知らずではない。

 だからこそ、本気でPCをオーディオに用いようと思うなら、「マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品」が必要になる。

 というわけで、ソフトとの組み合わせによってデジタル・ファイル再生における多種多様な機能を持ち得るという意味でも、PCをオーディオシステムに組み込みつつ音質的な可能性を追求し得る(それを邪魔しない)という意味でも、canarino Filsはまさしく原器と言える製品に仕上がっている。
 そりゃもちろん、もっとやろうと思えばやれることはいくらでもあるだろう。既にあるシャーシを使うのではなく完全オリジナルのアルミ削り出し筐体を作るとか、シャーシ内部を銅メッキするとか、外部電源をさらに巨大化&高強度化するとか色々。しかしそこまでやるのなら、それこそ別に汎用性を維持する必要性を感じなくなる。あと価格が……

 サーバー、プレーヤー、ミュージックサーバー。十全なスペックをベースにした単体Roon Server。canarino Filsはその全てに成り得る。さらに音質面においても確たる価値を示す。これさえあれば何でも出来る。だからこそ、単機能に特化して諸性能を磨き込んだオーディオ機器の魅力も、また光る。
 逆に言えば、PCを買えば同じことができるという昨今において、「DAC以前」の要素を何かしら持つオーディオ機器は、あえて自らを選ばせるだけの魅力を本質的に備えていなければならない。もはや「オーディオ機器である」というだけで胡坐をかいていられるような状況ではないのである。
 互いに刺激し合い、より良い製品に結び付いていってほしいと願っている。

 ちなみにcanarino Filsは製品の性格上「ディスクドライブが無いんじゃリッピングができないじゃないか!」と言われるかもしれないが、別にオーディオ機器でリッピング/音源管理をしなければいけない理由はない。餅は餅屋。
 どうしてもリッピングしたければ外付けのディスクドライブを繋げればいい。そうすれば、dBpowerampでもMediaMonkeyでも何でも使い放題である。なんせPCだからね。


 PCの側から攻め上るか、オーディオ機器の側から攻め上るか。
 出発点は違えども、行き着く場所は同じ。

 選択肢が多いことは良いことだ。



ついに手に入れたぞ



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第49回『パフューム ある人殺しの物語』

これはえろい!!!!!!!!!!!!!!! 画質:13 音質:11 映像はAVC

記事を読む

【BDレビュー】 第239回『エクスペンダブルズ2』 北米盤

しっかし傷だらけじゃねえか。 格闘技でも習ったらどうだ? ……ボクシングとか。 画質:

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第188回『パットン 大戦車軍団』

画質:10 音質:6 映像はAVC、音声はDTS-HDMA・24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて

 HDRやら色域の拡大やら、業界はBDに対するUHD BDの優位性は解像度だけではないとしきりに叫ん

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第195回『怪~ayakashi~化猫 / モノノ怪』

鴉とは何だったのか…… モノノ怪に出てくる素敵謎漢字の初出は鴉なんだよ! 鴉も愛して!

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Around in Circles

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Around in Circl

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑