*

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編


 今までの記事で便宜的にEVOと呼んできたオリオスペックのオーディオ用PCは、「canarino Fils」の名前で正式なモデルとなるようだ。


 さて、ソフトとハード両面の進化のおかげで、こと「機能」の面から見れば、狭義のPCオーディオと狭義のネットワークオーディオを隔てる壁は崩れ去って久しい。
 しかし、内側も外側もまったくオーディオ機器に見えないそのまんまのPCの存在が、壁なき後の幻想を根強いものとしていることも事実である。機能云々以前に、純粋にオーディオ機器の面から見れば、PCはやはり異質なものと言わざるを得ないからだ。

 PCをオーディオに用いる際に必要なのはあくまでも機能、その器となるPCならではのマシンスペックや汎用性であって、PCというハードウェアそのものではない。
 たとえ「機能は同じ」でも、グラボを積んだどでかいデスクトップPCをミュージックサーバーとしてシステムに繋ぐ、なんてことは最初からお断りである。
 また、USB DACにしても再生ソフトにしても、そもそもファンが唸りを上げるPCを使っておきながら音についての評価を臆面もなくできるほど、私はオーディオという趣味に対して恐れ知らずではない。

 だからこそ、本気でPCをオーディオに用いようと思うなら、「マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品」が必要になる。

 というわけで、ソフトとの組み合わせによってデジタル・ファイル再生における多種多様な機能を持ち得るという意味でも、PCをオーディオシステムに組み込みつつ音質的な可能性を追求し得る(それを邪魔しない)という意味でも、canarino Filsはまさしく原器と言える製品に仕上がっている。
 そりゃもちろん、もっとやろうと思えばやれることはいくらでもあるだろう。既にあるシャーシを使うのではなく完全オリジナルのアルミ削り出し筐体を作るとか、シャーシ内部を銅メッキするとか、外部電源をさらに巨大化&高強度化するとか色々。しかしそこまでやるのなら、それこそ別に汎用性を維持する必要性を感じなくなる。あと価格が……

 サーバー、プレーヤー、ミュージックサーバー。十全なスペックをベースにした単体Roon Server。canarino Filsはその全てに成り得る。さらに音質面においても確たる価値を示す。これさえあれば何でも出来る。だからこそ、単機能に特化して諸性能を磨き込んだオーディオ機器の魅力も、また光る。
 逆に言えば、PCを買えば同じことができるという昨今において、「DAC以前」の要素を何かしら持つオーディオ機器は、あえて自らを選ばせるだけの魅力を本質的に備えていなければならない。もはや「オーディオ機器である」というだけで胡坐をかいていられるような状況ではないのである。
 互いに刺激し合い、より良い製品に結び付いていってほしいと願っている。

 ちなみにcanarino Filsは製品の性格上「ディスクドライブが無いんじゃリッピングができないじゃないか!」と言われるかもしれないが、別にオーディオ機器でリッピング/音源管理をしなければいけない理由はない。餅は餅屋。
 どうしてもリッピングしたければ外付けのディスクドライブを繋げればいい。そうすれば、dBpowerampでもMediaMonkeyでも何でも使い放題である。なんせPCだからね。


 PCの側から攻め上るか、オーディオ機器の側から攻め上るか。
 出発点は違えども、行き着く場所は同じ。

 選択肢が多いことは良いことだ。



ついに手に入れたぞ



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

 映画館では未見。  ちなみに見たのは2D版。  残念ながらDLA-X30の3Dはしょぼすぎてま

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Dynaudio

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【音源管理の精髄】 OPPO BDP-103をネットワークオーディオプレーヤーとして使ってみる 【ネットワークオーディオTips】

 某氏からのリクエストにより。  早速始めよう。  OPPOのBDプレーヤー

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Home Entertainmen

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第1位『アバター』&『プライベート・ライアン』 ― 高画質・高音質という福音

【BDレビュー】第160回『アバター』 【BDレビュー】第158回『プライベート・ライアン

記事を読む

Denon Hi-Fi Remote

デノン、ハイファイオーディオ機器向けの新操作アプリ「Denon Hi-Fi Remote」 - Ph

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑