PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編


 今までの記事で便宜的にEVOと呼んできたオリオスペックのオーディオ用PCは、「canarino Fils」の名前で正式なモデルとなるようだ。


 さて、ソフトとハード両面の進化のおかげで、こと「機能」の面から見れば、狭義のPCオーディオと狭義のネットワークオーディオを隔てる壁は崩れ去って久しい。
 しかし、内側も外側もまったくオーディオ機器に見えないそのまんまのPCの存在が、壁なき後の幻想を根強いものとしていることも事実である。機能云々以前に、純粋にオーディオ機器の面から見れば、PCはやはり異質なものと言わざるを得ないからだ。

 PCをオーディオに用いる際に必要なのはあくまでも機能、その器となるPCならではのマシンスペックや汎用性であって、PCというハードウェアそのものではない。
 たとえ「機能は同じ」でも、グラボを積んだどでかいデスクトップPCをミュージックサーバーとしてシステムに繋ぐ、なんてことは最初からお断りである。
 また、USB DACにしても再生ソフトにしても、そもそもファンが唸りを上げるPCを使っておきながら音についての評価を臆面もなくできるほど、私はオーディオという趣味に対して恐れ知らずではない。

 だからこそ、本気でPCをオーディオに用いようと思うなら、「マシンスペックや汎用性において間違いなくPCでありながら、音楽再生時にPCの存在を意識せずに済み、なおかつきちんとオーディオ機器として作られた製品」が必要になる。

 というわけで、ソフトとの組み合わせによってデジタル・ファイル再生における多種多様な機能を持ち得るという意味でも、PCをオーディオシステムに組み込みつつ音質的な可能性を追求し得る(それを邪魔しない)という意味でも、canarino Filsはまさしく原器と言える製品に仕上がっている。
 そりゃもちろん、もっとやろうと思えばやれることはいくらでもあるだろう。既にあるシャーシを使うのではなく完全オリジナルのアルミ削り出し筐体を作るとか、シャーシ内部を銅メッキするとか、外部電源をさらに巨大化&高強度化するとか色々。しかしそこまでやるのなら、それこそ別に汎用性を維持する必要性を感じなくなる。あと価格が……

 サーバー、プレーヤー、ミュージックサーバー。十全なスペックをベースにした単体Roon Server。canarino Filsはその全てに成り得る。さらに音質面においても確たる価値を示す。これさえあれば何でも出来る。だからこそ、単機能に特化して諸性能を磨き込んだオーディオ機器の魅力も、また光る。
 逆に言えば、PCを買えば同じことができるという昨今において、「DAC以前」の要素を何かしら持つオーディオ機器は、あえて自らを選ばせるだけの魅力を本質的に備えていなければならない。もはや「オーディオ機器である」というだけで胡坐をかいていられるような状況ではないのである。
 互いに刺激し合い、より良い製品に結び付いていってほしいと願っている。

 ちなみにcanarino Filsは製品の性格上「ディスクドライブが無いんじゃリッピングができないじゃないか!」と言われるかもしれないが、別にオーディオ機器でリッピング/音源管理をしなければいけない理由はない。餅は餅屋。
 どうしてもリッピングしたければ外付けのディスクドライブを繋げればいい。そうすれば、dBpowerampでもMediaMonkeyでも何でも使い放題である。なんせPCだからね。


 PCの側から攻め上るか、オーディオ機器の側から攻め上るか。
 出発点は違えども、行き着く場所は同じ。

 選択肢が多いことは良いことだ。



ついに手に入れたぞ



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答