PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日
理想のオーディオ用PCを求めて ハード編
理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編
理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編
理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編
理想のオーディオ用PCを求めて 単体Roon Server編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器


 というわけで、ついにcanarino Filsを手に入れた。
 色はシルバー。あらためてデザイン、質感、剛性すべて良し。
20161114canarino-fils


 スペックは色々カスタムしてこんな感じ。

CPU:Core i7-6700T
RAM:16GB DDR4/2133MHz
起動ディスク:SSD 250GB
ストレージ:SSD 1TB
OS:Windows10 Home 64bit

 SOtMのUSBフィルターはちょいと思うところがあって付けなかった。
 多分にオーバースペックなのだが、どうせやるなら……ということで。
 あとはコレの存在もかなり意識している。


 サーバーでも、トランスポートでも、ミュージックサーバーでも、これからはcanarino Filsが判断の基準、比較の対象になる。もうその辺のノートPCを引っ張り出してきて何かと比較して、「そりゃこんな普通のノートPCと比較すれば勝つに決まってんだろ……」という冷めた感情を抱かずに済む。
 これでようやく、私が自分自身に課している最低限のラインをクリアして、もっと高い次元で、あくまでもオーディオの土俵で、色々と語れるようになる。ここまで来るのに随分と時間がかかってしまった。

 そして、紛れもないオーディオ機器としての判断基準たるべく、私のcanarino Filsはまだ何度か変身を残している。


・アナログリニア電源の導入
canarino Fils × EL SOUND アナログ電源 DC12V5A Improved

・USB出力への配慮
JCAT USBカードFEMTO

・ソフトウェア/OSレベルでの最適化


・導入後の諸々

canarino Fils あらためてソフト編
canarino Fils 単体サーバー編 その1
canarino Fils 単体サーバー編 その2

導入して一年が経った



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答