*

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選

 毒にも薬にもならないようなランキングを見たところで面白くない。

 というわけで私もやる。





第10位

SongBook復活!!!
ChorusDS復活!!!


 ネットワークオーディオの歴史を知る者にとっては間違いなく大ニュースである。
 しかし、SongBook HDはロクにアップデートされず相変わらず糞アプリに片足突っ込んだままだし、ChorusDSはLUMIN Appがあれば別に……





第9位

『新世紀エヴァンゲリオン NEON GENESIS EVANGELION』 BD化


【BDレビュー】第291回『新世紀エヴァンゲリオン TVシリーズ』
【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

 時に、西暦2015年。
 まだまだBD化されていない・BD化されるべき作品は残っているが、BDの幕引きを飾るに相応しい、遅れてきた真打となった感。
 BDとしてのクオリティにもおおむね満足。





第8位

B&W 800 D3 – new 800 diamond series


 まだ見たことも聴いたこともない……
 しかし、オーディオマニアとしての本能が決して無視してはいけないと叫んでいる。
 800シリーズには個人的に色々と思い入れもあるしね。





第7位

Netflixの日本上陸


UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来
Netflixを使ってみた

 間違いなく便利である。そして楽しい。ネットワークオーディオの価値を認めている身として、それを否定する気はさらさらない。
 しかし同時に、どれだけ便利になったところで、クオリティが担保されない限り、BDを完全に置き換えることはないとの確信も得た。





第6位

fidata 爆誕!


fidata HFAS1

 昨年のDELAに引き続き、今年はfidata。
 「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」。全部揃ってネットワークオーディオなのである。どれか一つでも欠けてはいけない。
 その意味で、真にオーディオ機器と呼び得るサーバーの誕生は実に喜ばしい。





第5位

DTS:X 正式発表


 何、この……何?
 Dolby Atmosのソフトだってちっとも増えないし、オブジェクトベースシアターへの道は絶賛停滞中。





第4位

UHD BDのローンチ


UHD BDまであと少し!
UHD BDまであと少し……?

 え、もう出たんですか。
 そう……





第3位

TIDALとQobuzの胎動


TIDALがもたらすもの
Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 潮流は変わる。決して戻るまい。
 どうするローカルライブラリ文化。
 それ以上にどうする日本。





第2位

ESOTERIC N-05がOpenHomeを採用


【TIAS2015】国産ネットワークオーディオプレーヤー、おめでとう!

 メジャーな国内メーカーからまともなネットワークオーディオプレーヤーが登場する日をずっと待ち続けていた。長かった。本当に長かった。日本におけるネットワークオーディオプレーヤーの大いなる底上げが為される時がようやくやってきた。
 On-Device PlaylistにOpenHome。
 こうなってしまったからには、もう知らないでは済まされない。
 え、知らない?
 それは困った。
 でも全部書いてあるからご安心を。
 皆で上へ行くために、出し惜しみはしない。





第1位

Roonという魔法


【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

 正直言って最初はうーん? と思わなくもなかったが、使えば使うほど、新たな可能性としての揺るぎない価値を痛感する。Roonは心から「万人にとって魅力的なソフト」と呼ぶに値する。ここまで素直に感心したのは久々である。

 ただ、タグの何たるかも理解せず、自力でまともに音源管理もライブラリ構築もやったことのないような輩が刹那的に「うひょー便利」と喜んでいるのではない。彼らでは、本当の意味でRoonの価値は理解できまい。
 「自分にとって理想のライブラリ」の構築のために血と汗と涙を流し、その果てに「快適な音楽再生」を存分に味わっている人間が、それを踏まえたうえでなお、新たな音楽鑑賞の可能性をRoonに認めているのである。その辺りをわかってほしい。

 RoonにはPCオーディオ対ネットワークオーディオという化石じみた対立の構図など最初から存在しない。あるのは「Roonというユーザー・エクスペリエンス」だけである。
 今後の発展の道筋は明示されてはいないものの、昨今の情勢を考えれば予測は容易い。考え得るアレやコレは、どれも音楽鑑賞の可能性を大きく広げるものだ。

 デジタルファイルを扱うオーディオの地平は日進月歩で切り開かれている。
 「コントロールアプリに表示されるアルバムアートが汚い!」、なんて次元の低いことをいつまでも叫んでいる場合ではない。





惜しくも選外

「ミュージックサーバー」の勃興


AURALiC ARIES MINI
aria music server
Amare Musica DIAMOND Music Server
Cocktail Audio X40 Music Server
Antipodes DX Music Server

 「ミュージックサーバー」とは海外において「ストレージ内蔵プレーヤー」を指すわりと大きな分類。海外を見ると気合いの入った製品がかなり出ており、「プレーヤー」の一大潮流になりそうである。日本にも色々と入ってきつつある。





番外編

はいはいハイレゾハイレゾ


 ハイレゾスピーカーにハイレゾヘッドホンにハイレゾイヤホンが跳梁跋扈。
 あんまり笑かすなよ

 でも、完全にそういうのが主流になってしまったなあ、と……
 私みたいに古い思想を抱えたまま、新しい時代に適応もできないような不器用な輩はもう滅びるしかないのかもしれない。
 ピロウズの「Fool on the Planet」と「ストレンジカメレオン」が耳に染みる。





 色々あるけど全部飲み干して、2016年も思いっきりオーディオビジュアルしよう。


スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSDに対応 - Phile-web

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第104回『ノーカントリー』

画質:9 音質:13 映像はAVCでビットレートは基本的に30台を推移。 音声はリニアP

記事を読む

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。  この記事における「シュー

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

さらば、SongBook

 ひとつの時代が終わったようだ。  SongBook LiteもSongBook’11 U

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのデメリットと、それを克服するために 【ネットワークオーディオTips】

 ネットワークオーディオのメリットとはその大部分が「音源をデジタルファイルとして管理運用することのメ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑