*

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。



 最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾで高音質」「ハイレゾなら高音質」「ハイレゾだから高音質」といった文句を目にする。挙句の果てに、「ハイレゾ対応スピーカー」なんてものまで現れた。


 そんな魔法があってたまるか。


 あらかじめ言っておくが、私はハイレゾ、あるいはハイレゾ音源それ自体を否定しているわけではない。
 デジタルである以上、単純にスペックだけを考えれば、44.1kHz/16bitよりも96kHz/24bit、96kHz/24bitよりも192kHz/24bitが優れていることに異論はない。いわゆる「アップサンプリング」になるとまた話は変わってくるが。
 そもそも、bit数が云々サンプリング周波数が云々と言う以前に、音源そのものに大きな音質差が存在することを忘れてはならない。
 “元”がどうしようもない音源を、ハイレゾという“より大きな器”で配信したどころでどうしようもない。コンプをかけられるだけかけた単にやかましいだけの音源をハイレゾにしたところで、無意味とは言わないが根本的には何も変わらない。
 そして、名前ばかりのハイレゾ音源が裸足で逃げ出すほどに高音質なCD音源も数多く存在していることも確かである。

 しかし、問題はそこではない。
 私が問題にしたいのは、最近のオーディオ業界に蔓延している、「再生する音源がハイレゾならばそれだけで高音質が手に入る」などというふざけた風潮である。
 最近では「ハイレゾ対応インシュレーター」「ハイレゾ対応電源ケーブル」、さらに「ハイレゾ対応NAS」(!?)「ハイレゾLANケーブル」(!?)などというわけのわからないものまでが登場して、ハイレゾという単語を高音質の象徴のように冠している。


 そんな魔法があってたまるか。


 音質は音源だけでは決まらない。
 そもそも音源を再生するためのプレーヤーに始まり、アンプがあり、そして最も大切なスピーカーがある。恐ろしく大事なスピーカーセッティングという要素があり、部屋の影響だってある。ケーブルやらアクセサリーは……とりあえず省略する。
 音源の重要性を否定する気は毛頭ないが、音源はあくまで高音質を実現するための一要素に過ぎない。
 ヘッドホンを使う場合、スピーカーや部屋の影響は排除できるが、それでもどんなDAC/ヘッドホンアンプを使うのか、そもそもどんなヘッドホンを使うのか、という問題は当然生じる。ノートPCの音声出力に100円イヤホン直挿しでハイレゾもクソもあるものか。

 こんなことは私が言うまでもなく、今まで真摯にオーディオに取り組んできた人なら当然知っていることだろうし、何より、オーディオ業界自身が最もよく知っているはずだ。
 しかし、前述の「ハイレゾなら問答無用で高音質」という風潮を喧伝しているのは、他ならぬオーディオ業界なのである。いったいどうしたというのだ。

 看過できないのは、「ハイレゾ=高音質」という言葉の陰に見え隠れする、「今までのオーディオ=音質が悪い」という主張である。こんなふざけた主張を、とうのオーディオ業界自身がしているのである。オーディオ業界のすべてがそうだとは言わないが、まったくもって信じられない。本当に、どうしてしまったというのだ。
 彼らは自分たちが今まで積み上げてきたものをないがしろにするつもりなのか。
 オーディオ業界はアナログレコード時代も、CD時代も、音源の変遷はあれど、プレーヤーにアンプにスピーカー、真摯にオーディオ機器の研究開発に向き合い、デジタルとアナログの両面から、愚直なまでに音質を追求し、磨き上げてきた。個別の製品には価格帯という制約はあるにせよ、今日のオーディオ製品群は一朝一夕にあるのではなく、そういった蓄積の最終到達点としてあるはずだ。

 私の知る限り、オーディオ業界は色々と情けないところはあるにせよ、少なくとも「ハイレゾならば問答無用で高音質」などと言い出すほど無責任ではなかった。様々な機器の可能性を大事にし、多種多様な使いこなしと組み合わせを尊重し、その結果としての高音質を求める姿勢を大切にする風土があった。もっとも、そういう何でもありの姿勢が、オカルトじみた領域の無秩序な拡大を招いてしまったこともまた確かではあるが。
 なのに、それなのに、最近のオーディオ業界はいったいどうしてしまったのか。
 「再生する音源がハイレゾではない」というだけで、先達が作り上げてきたシステムを否定するような最近の風潮は目に余る。
 過去、メーカーが心血を注いで作り上げた今も現役の機器が、プレーヤーは勿論のこと、アンプやスピーカーでさえ、「ハイレゾに対応しない」「ハイレゾ時代の製品ではない」という理由だけで、問答無用で一段下に見られているのである。ひとりのオーディオ好きとして、このような状況はあまりにも悲しい。

 強靭な筐体を備え、コストが許す限りの物量を投入し、メーカーの誇りを込めて世に送り出されたCDプレーヤーやDACは、「ハイレゾに対応しない」というだけで、5万で買えるペラペラの筐体にスカスカな中身の「384kHz/32bit&DSD5.6MHzにフル対応」したUSB DACに劣るのか?
 どこからどう見ても従来品から何も変わっていないミニコンポが、「ハイレゾに対応した」というだけで即座に高音質に化けるのか?
 ハイレゾ音源が存在しない時代に作られた100万のスピーカーは、本当に「ハイレゾ対応」を謳う5万のスピーカーに劣るのか?


 そんな馬鹿なことがあってたまるか。


 オーディオとは、少なくとも私にとってのオーディオとは、そんなものではない。
 いったいどうしたオーディオ業界。
 PCオーディオとUSB DACとヘッドホンの隆盛にあてられて、今までの姿を見失ってしまったのか?
 それらの領域から新規参入してきたユーザーに媚を売ろうとしてハイレゾハイレゾとうわごとのように繰り返したところで、業界は決して活発にならない。
 私が最も恐れているのは、ハイレゾ=高音質という認識が独り歩きし、ハイレゾ音源を聴いている限り、ノートPCの冗談のようなスピーカーで聴こうが、100円イヤホンで聴こうが、まったく意に介されなくなること。すなわち、「何で聴くのか」という部分が欠落することである。これは「いい音で聴けばもっと楽しい」というオーディオ文化の消滅であり、オーディオ業界の滅亡に他ならない。

 私にとってあまりにも当たり前のことを言おう。
 「ハイレゾにフル対応」した5万のミニコンポとセットのスピーカーで聴く「192kHz/24bit」の音よりも、「ハイレゾなんて言葉とは無縁」の時代に真剣に作られた3万のCDプレーヤーに3万のアンプ、そして5万のスピーカーで聴く「CD――44.1kHz/16bit」の音の方が遥かに善い。
 5万の「ハイレゾフル対応」DACの音は、誠実に作られた30万の「単なる」CDプレーヤーに逆立ちしても敵わない。(製品によっては可能性はゼロではないが……)
 DSD/5.6MHzの「超高音質」音源を5万のスピーカーで再生したところで、それはどこまでいっても5万のスピーカーの音でしかない。


 オーディオに魔法は存在しない。


 音源があり、プレーヤーがあり、アンプがあり、スピーカーがあり、セッティングがあり、その結果としての「高音質」がある。
 この基本は決して覆らない。
 「再生する音源がハイレゾならそれだけで高音質を実現できる」などということはあり得ない。

 ハイレゾ音源やハイレゾ対応機器を無闇に礼賛し、その比較対象としてCDをはじめとする従来の音源や機器の価値を貶めることは、オーディオ業界自身の存立を危うくしているということに気付くべきである。


 オーディオは楽しい。
 オーディオはより深い感動のために。
 オーディオ業界の健全な発展を切に願う。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第208回『ノエイン』

画質:5 音質:8 映像はAVC、音声はリニアPCMの16bitステレオ 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第253回『ロボコップ』 Remastered

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.1

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. platoteleusut より:

    ハイレゾほどコストパフォーマンスの良いもの無い。
    100万の非ハイレゾ・スピーカーと5万のハイレゾ・スピーカーでは比較対象として意味ないのでは?
    五万の非ハイレゾと五万のハイレゾ。
    もしくは100万の非ハイレゾと100万のハイレゾの比較以外意味ないと思います。
    ハイレゾの電気的回路に生産コストがかかって、ほかの部分をダウングレードしなければいくない技術ならともかく、幾らもかからない技術なのでは?

  2. 名無し より:

    確かにハイレゾ音源だけで高音質が実現しないのは事実ですが、ハイレゾというのはCDで再現できない高周波数を鳴らすことが可能な音源です。たとえ100万つぎ込んだCDプレイヤーでも、その高周波数を超えることなんてできません。元のCDの音が弱いので。元の音源が良くてこそ、高音質が実現できるのです。

  3. いしい より:

    私も筆者と同様に思います。
    素晴らしい音質のCDを最高のCDプレーヤーで鳴らせば、安物のハイレゾ機器など足元にも及ばない音質になることは長くオーディオをやってきている人間ならば誰でも知っていることです。

    ハイレゾ、ハイレゾと騒ぐのは結局のところ長い間不振に喘いできたオーディオ業界にとって、救いの神の様なものになっているからだと思います。

    その一方でメーカーが本腰を入れてハイレゾ配信を推し進めてくれれば、それはそれで良いことですが、今のところ日本ではオンキョーくらいしかハイレゾ配信を行っていない現状は非常に問題だと思います。

  4. 大久保字中町 より:

    筆者様の意見は素晴らしいと思います。
    そもそも、オーディオなんて、聴き方は人それぞれです。カセットテープを聴き続けている方もいらっしゃいます。じゃあいい音で聴きたい人は、ハイレゾで聴く?そんな馬鹿な話はありません。
    上手く自分の意見をまとめられないんですが、先日、NW-A25とやらを購入しました。今までNW-E062で聴いてきたAAC音源を、聴いてみると、高音が良かったので、ハードは大事だな、と思いました。で、今日、ハイレゾとやらを入れて聴きましたが、うまく聞かせるために、音をいじっているような感じでした(うまく書けないんですが)。あと、音圧が異常に高く、いつもの設定で聴いたら、歪みました。なので、オーディオ業界が言ってる、量子化ビット数が大きいから、ダイナミックレンジが広がる、というより、ソースを作ったあななたちがヘッドルームをつぶして、叫んでも囁いても、変わらなくなっています。

    意見をうまく書けないんですが、とにかくこれからは、ウォークマンでは、AACを聴くことにします。

    長文失礼しました。

  5. える より:

    べつに既存の音源を悪いなんて言ってないと思いますけどね。
    どこかに「今までの音源は音質が良くないからハイレゾにしよう」なんて謳い文句があったんですか?
    これに関しては筆者の被害妄想とお見受けできますが。

  6. はふる より:

    物凄い金額至上主義ですね。

    ウン十年前に50万だった電気機器が今では同等以上の性能のものが5万なんてザラに有る話です。
    何故オーディオだけは特別だと思ったのでしょうか。
    コンピューターや冷蔵庫やテレビの技術者は心血を注いでいなかったとでも云うのでしょうか。

    そもそも昔30万だったものが今でも30万かけなければ作れないだろうというのはオーディオ技術者に対する侮辱ですよね。

  7. ブリス より:

    昔「CD対応」なる言葉が有った事を思い出しました。CD対応カセットテープ、とかです(笑)。

  8. Kotorin より:

    昔と今の機器値段を一緒にしないほうがいいです。

    昔30万とかのオーディオ機器買ったとしてもまだ技術も未熟な時です。今ではパーツの生産昔に比べで圧倒的に技術は上ですパーツのコストも昔よりも圧倒的に押さえながら作っているので安くなってるのは当たり前です。パソコンなども今では圧倒的に安くなってるでしょ。これが昔とは違う技術の結晶です

  9. 耳年齢 より:

    ハイレゾ機が奏でる繊細な音を感る人もいるんです…
    一般的に【才能】÷【年齢】-【環境】です

    有毛細胞は、再生することが出来ないので、聴けない場合は残念ですとしか…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑