*

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

 全体像の把握は大切だ。
 でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎える。

 『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』の三要素を用いて、ネットワークオーディオの全体像には既に触れた。
 この記事ではすべての根幹たる音源まで包括して、音源の管理運用からシステムの構築、そして実際の音楽再生に到る全体の流れを示す。
 ある意味、今まで書いてきた内容の集大成と言える。

 続く【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】の道標、あるいは確認や復習の場としてほしい。


 内容は以下の通り。


・音源の管理とライブラリの構築
 これがないと何も始まらない。

 続けて、プレーヤーとサーバーに何を使うかで、五種類のシステム構築図を用意した。
 ほとんどのシステムは以下のいずれかに該当する。それこそ、Roonであってもこれらのシステムを基準として理解できる。

・単体プレーヤーと単体サーバーを使うシステム
・プレーヤーをLANケーブルで直結可能なサーバーを使うシステム
・PCをサーバーとして使うシステム
・ミュージックサーバーを使うシステム
・PCと再生ソフトを組み合わせるシステム


 その後、実際に音楽再生を行うという流れである。


 まずは音源。以降の画像はクリックで拡大する。

ネットワークオーディオ虎の巻06
 完璧なライブラリさえ構築してしまえば、あとはどうにでもなる



 続いてシステムの構築図。

 と、その前に、あらためてネットワークオーディオの三要素。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%80%8020161014%e6%9b%b4%e6%96%b0

 まずはこの三角形と、それぞれの役割を覚えてほしい。





ネットワークオーディオ虎の巻07
 これは別途音源管理に用いるPCも含めて機器の数が一番多いシステムでありながら、実は一番シンプルで、一番理解しやすいシステムでもある。
 UPnP/DLNAベースのサーバー・プレーヤーは基本的にこのシステムに該当する。
 なお、プレーヤーの最終的な音声出力がデジタル(USBやら光やら同軸やら)なら、製品ジャンルの呼称はオーディオの伝統に則して「ネットワークオーディオトランスポート」となる。ただし、機能としてはあくまでもプレーヤーであるので、混同してはいけない。




ネットワークオーディオ虎の巻08
 特殊なケース。製品としてはDELAfidataが該当する。
 基本的には単体プレーヤーと単体サーバーを使う場合と同じ。




%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b7%bb09-20161014%e6%9b%b4%e6%96%b0-jpg
 単体サーバーを導入せずともネットワークオーディオは実践可能、の仕組み。
 これは単にサーバーとして使っている機器がPCだったというだけで、本質的には「単体プレーヤーと単体サーバーを使う場合」と同じ。
※なおこの時、音源ファイルの保存場所は必ずしもPC本体とは限らず、ストレージはUSBドライブでもNASでもいい。いずれにせよ、サーバーソフトに共有させれば、保存場所に関わらず音源としての振る舞いは同じ。




%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b7%bb10-20161014%e6%9b%b4%e6%96%b0-jpg
 海外で製品ジャンル的に大きな盛り上がりを見せている「ミュージックサーバー」の仕組み。上図のとおり、実質的に「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える機器がミュージックサーバーである。
 なお、サーバー/ライブラリ機能は持つがストレージを搭載しない製品もあり、その場合は音源ファイルの保存先として別途ストレージが必要となる。要はPCと同じ。
 例えばLinuxベースのOSを搭載・活用するなどして、「サーバー」以前の部分、すなわちCDのリッピングから音源の管理まで一手に担うことができる製品も存在する。




ネットワークオーディオ虎の巻11
 PCと再生ソフトの組み合わせでもネットワークオーディオは実践可能、の仕組み。
 この時、PCは実質的に「サーバー」と「プレーヤー」の機能を備えるため、「ミュージックサーバー」として機能している。
 コントロールは基本的に再生ソフトと一対一の専用アプリで行う。(例:JRiverとJRemote
※なおこの時、音源ファイルの保存場所は必ずしもPC本体とは限らず、USB接続のHDDやNASでもいい。いずれにせよ、再生ソフトにインポートあるいはシンクすれば、保存場所に関わらず音源としての振る舞いは同じ。




 使う機器やソフトが変わっても、全体の流れは変わらない

1.音源を管理し、ライブラリを構築する
2.無線LANルーターに各機器を接続する
3.サーバーを通じて音源を配信可能な状態にする
  もしくは、PCの再生ソフトに音源をインポートする

 ここまでが音源の管理運用とシステムの構築に相当する。

4.コントロールアプリで使用するプレーヤーとサーバーをそれぞれ選択する
  ストレージ内蔵プレーヤーやPCの再生ソフトを使う場合も実質的にやることは同じ
5.アプリでブラウズ・選曲を行い、再生する
6.音が出る

 これが実際に音楽を再生する流れとなる。
 ネットワークオーディオならではの「快適な音楽再生」はまさにこの部分、コントロールによって実現する。プレーヤーから物理的に独立した端末で全音源の閲覧と再生操作が可能であり、視聴位置から一歩も動くことなく音楽鑑賞に耽溺できる
 ネットワークオーディオプレーヤー本体に付属するリモコンを使ったり、PCの画面に向かい合ってマウスをカチカチしたりといったものは、私の中ではネットワークオーディオに該当しないため、ここで触れることはしない。


 上の図で示した五種類のシステムで不動なのは、すべての根幹たる音源、システムの中心となる無線LANルーター、そしてネットワークオーディオの本質たるコントロール。
 また、ネットワークオーディオの三要素から成る三角形の構造はどのシステムにおいても成立する、ということにも注目してほしい。

 ネットワークオーディオと一言で言っても、サーバーとプレーヤーに何を使うかは色々な選択肢があり、実は意外と柔軟なシステム構築が可能である。
 念のため言っておくと、上図におけるプレーヤーからの「音声出力」は、アナログかデジタル(USB含む)かを問わない。PCをプレーヤーとして使うシステムではUSBで出力される場合がほとんどだと思われるが。



 おまけとして、セミナーの場で聞かれることが多い無線LANルーターとの接続に関して、簡単な図を作ってみた。
 上の図とあわせて見るとわかりやすいかもしれない。
 なお、無線LANルーターは必ずしもモデム――インターネットに繋がっている必要はなく、クローズドなネットワーク環境でも問題ない。
ネットワークオーディオ虎の巻12


 序章を通じ、ネットワークオーディオの全体像、音源を含む全体の流れは示した。
 これから各論に入っていく。

 タグ。
 ライブラリの構築。
 アルバムアート。
 サーバー。
 プレーヤー。
 コントロール。
 実践編。

 まず音源。
 音源なくしてネットワークオーディオは成立しない。
 そのうえで「快適な音楽再生」を求め、ネットワークオーディオの各要素と実践へ。

 【音源管理の精髄】と【ネットワークオーディオTips】。
 少なくとも、「知りたい」と思った時、それに応えられる記事を書いてきたつもりである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1  LUMIN A1を導入して半年が経過した。  上記レビュ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

dBpowerampがMacに対応

 前々から開発は進めていたようだが、ついにdBpowerampがMacでも使えるようになった(なって

記事を読む

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 極限状況下でレスポンス最速のコントロールアプリは?

【2013年11月19日更新・追記】 2012年の初頭、iPad2でもってネットワーク

記事を読む

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○ 運用編 サーバーソフト編  はじめに。  以前全力でツッコミを入れた、

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第1回『父親たちの星条旗』・『硫黄島からの手紙』

やる気のある内に早々と第一回。 記念すべき?第一回は父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙、いわゆ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑