*

【ネットワークオーディオTips】全体の流れ――音源の管理運用・システムの構築・実際の音楽再生

公開日: : 最終更新日:2017/03/05 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般

 全体像の把握は大切だ。
 でないと、何から手を付けていいのかわからないまま各論に走り、破局を迎える。

 『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』の三要素を用いて、ネットワークオーディオの全体像には既に触れた。
 この記事ではすべての根幹たる音源まで包括して、音源の管理運用からシステムの構築、そして実際の音楽再生に到る全体の流れを示す。
 ある意味、今まで書いてきた内容の集大成と言える。

 続く【音源管理の精髄】&【ネットワークオーディオTips】の道標、あるいは確認や復習の場としてほしい。


 内容は以下の通り。


・音源の管理とライブラリの構築
 これがないと何も始まらない。

 続けて、プレーヤーとサーバーに何を使うかで、五種類のシステム構築図を用意した。
 ほとんどのシステムは以下のいずれかに該当する。それこそ、Roonであってもこれらのシステムを基準として理解できる。

・単体プレーヤーと単体サーバーを使うシステム
・プレーヤーをLANケーブルで直結可能なサーバーを使うシステム
・PCをサーバーとして使うシステム
・ミュージックサーバーを使うシステム
・PCと再生ソフトを組み合わせるシステム


 その後、実際に音楽再生を行うという流れである。


 まずは音源。以降の画像はクリックで拡大する。

ネットワークオーディオ虎の巻06
 完璧なライブラリさえ構築してしまえば、あとはどうにでもなる



 続いてシステムの構築図。

 と、その前に、あらためてネットワークオーディオの三要素。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%80%8020161014%e6%9b%b4%e6%96%b0

 まずはこの三角形と、それぞれの役割を覚えてほしい。





ネットワークオーディオ虎の巻07
 これは別途音源管理に用いるPCも含めて機器の数が一番多いシステムでありながら、実は一番シンプルで、一番理解しやすいシステムでもある。
 UPnP/DLNAベースのサーバー・プレーヤーは基本的にこのシステムに該当する。
 なお、プレーヤーの最終的な音声出力がデジタル(USBやら光やら同軸やら)なら、製品ジャンルの呼称はオーディオの伝統に則して「ネットワークオーディオトランスポート」となる。ただし、機能としてはあくまでもプレーヤーであるので、混同してはいけない。




ネットワークオーディオ虎の巻08
 特殊なケース。製品としてはDELAfidataが該当する。
 基本的には単体プレーヤーと単体サーバーを使う場合と同じ。




%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b7%bb09-20161014%e6%9b%b4%e6%96%b0-jpg
 単体サーバーを導入せずともネットワークオーディオは実践可能、の仕組み。
 これは単にサーバーとして使っている機器がPCだったというだけで、本質的には「単体プレーヤーと単体サーバーを使う場合」と同じ。
※なおこの時、音源ファイルの保存場所は必ずしもPC本体とは限らず、ストレージはUSBドライブでもNASでもいい。いずれにせよ、サーバーソフトに共有させれば、保存場所に関わらず音源としての振る舞いは同じ。




%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e8%99%8e%e3%81%ae%e5%b7%bb10-20161014%e6%9b%b4%e6%96%b0-jpg
 海外で製品ジャンル的に大きな盛り上がりを見せている「ミュージックサーバー」の仕組み。上図のとおり、実質的に「サーバー」と「プレーヤー」の機能を両方備える機器がミュージックサーバーである。
 なお、サーバー/ライブラリ機能は持つがストレージを搭載しない製品もあり、その場合は音源ファイルの保存先として別途ストレージが必要となる。要はPCと同じ。
 例えばLinuxベースのOSを搭載・活用するなどして、「サーバー」以前の部分、すなわちCDのリッピングから音源の管理まで一手に担うことができる製品も存在する。




ネットワークオーディオ虎の巻11
 PCと再生ソフトの組み合わせでもネットワークオーディオは実践可能、の仕組み。
 この時、PCは実質的に「サーバー」と「プレーヤー」の機能を備えるため、「ミュージックサーバー」として機能している。
 コントロールは基本的に再生ソフトと一対一の専用アプリで行う。(例:JRiverとJRemote
※なおこの時、音源ファイルの保存場所は必ずしもPC本体とは限らず、USB接続のHDDやNASでもいい。いずれにせよ、再生ソフトにインポートあるいはシンクすれば、保存場所に関わらず音源としての振る舞いは同じ。




 使う機器やソフトが変わっても、全体の流れは変わらない

1.音源を管理し、ライブラリを構築する
2.無線LANルーターに各機器を接続する
3.サーバーを通じて音源を配信可能な状態にする
  もしくは、PCの再生ソフトに音源をインポートする

 ここまでが音源の管理運用とシステムの構築に相当する。

4.コントロールアプリで使用するプレーヤーとサーバーをそれぞれ選択する
  ストレージ内蔵プレーヤーやPCの再生ソフトを使う場合も実質的にやることは同じ
5.アプリでブラウズ・選曲を行い、再生する
6.音が出る

 これが実際に音楽を再生する流れとなる。
 ネットワークオーディオならではの「快適な音楽再生」はまさにこの部分、コントロールによって実現する。プレーヤーから物理的に独立した端末で全音源の閲覧と再生操作が可能であり、視聴位置から一歩も動くことなく音楽鑑賞に耽溺できる
 ネットワークオーディオプレーヤー本体に付属するリモコンを使ったり、PCの画面に向かい合ってマウスをカチカチしたりといったものは、私の中ではネットワークオーディオに該当しないため、ここで触れることはしない。


 上の図で示した五種類のシステムで不動なのは、すべての根幹たる音源、システムの中心となる無線LANルーター、そしてネットワークオーディオの本質たるコントロール。
 また、ネットワークオーディオの三要素から成る三角形の構造はどのシステムにおいても成立する、ということにも注目してほしい。

 ネットワークオーディオと一言で言っても、サーバーとプレーヤーに何を使うかは色々な選択肢があり、実は意外と柔軟なシステム構築が可能である。
 念のため言っておくと、上図におけるプレーヤーからの「音声出力」は、アナログかデジタル(USB含む)かを問わない。PCをプレーヤーとして使うシステムではUSBで出力される場合がほとんどだと思われるが。



 おまけとして、セミナーの場で聞かれることが多い無線LANルーターとの接続に関して、簡単な図を作ってみた。
 上の図とあわせて見るとわかりやすいかもしれない。
 なお、無線LANルーターは必ずしもモデム――インターネットに繋がっている必要はなく、クローズドなネットワーク環境でも問題ない。
ネットワークオーディオ虎の巻12


 序章を通じ、ネットワークオーディオの全体像、音源を含む全体の流れは示した。
 これから各論に入っていく。

 タグ。
 ライブラリの構築。
 アルバムアート。
 サーバー。
 プレーヤー。
 コントロール。
 実践編。

 まず音源。
 音源なくしてネットワークオーディオは成立しない。
 そのうえで「快適な音楽再生」を求め、ネットワークオーディオの各要素と実践へ。

 【音源管理の精髄】と【ネットワークオーディオTips】。
 少なくとも、「知りたい」と思った時、それに応えられる記事を書いてきたつもりである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://youtu.be/zJ9aE-C

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Yes / Heaven & Earth

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Heaven & Earth

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

【BDレビュー】第258回『RWBY Volume 1』

 2期のOP公開記念  もっともっと評価されるべき快作。  BDの構成としては、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは簡単ではない。  しかし、決して理

記事を読む

no image

【アプリ紹介】Marantz Remote App

●イントロダクション NA7004で国産ネットワークオーディオプレーヤーの先陣を切ったマランツだっ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑