*

UHD BDまであと少し!

次世代BD「Ultra HD Blu-ray」年内に複数社から製品登場へ - ライセンシングまもなく開始 – Phile-web

BDAのチェアマンであるVictor Matsuda氏は、今回のライセンス開始をふまえ、「2015年のホリデーシーズンに向け、複数の会社から製品のアナウンスが期待できる」と述べている。



 以前の情報だと、今年の末の段階ではパナソニックからしかプレーヤーが出ないなんて言われ、人知れず心配していたのだが、その辺はどうにかなったようだ。もっとも、BDの時も黎明期で「それなりに安くてまともに動くBDP」は実質PS3しかなかったことを考えれば、むしろ素晴らしい状況と言えるのかもしれない。無闇に高いプレーヤーばかりじゃ困るけれども。
 しかし、DVDはBDへ主役の座が移り変わる際、時代の終わりを華々しく飾る数々の高級プレーヤーが出ていたのに対し、BDときたら。業界、特にホームシアターというジャンルの現状を目の当たりにしているようでなんとも悲しい気分になる。

 UHD BDになって、どれだけの映像作品がその恩恵を受けられるのだろうか。
 DVDからBDに移り変わる際も、まったく同じことを考えていた。
 オリジナルマスターがアナログ、フィルムなら、それをスキャンすれば少なくとも解像度だけならHDでも4Kでも作り出せるだろう。無論、解像度だけHDになったところでそれが高画質か否かはまるで別問題だが。さすがに「素材なくしました」とか「マスター捨てちゃいました」とか、そんなこともないだろうし。ダークナイトのIMAXシークエンスなんかを見れば、フィルムだってBDには収まり切れない情報量を持っていることがわかる。
 一方、オリジナルマスターがデジタルだったら。ここ最近のハリウッド映画は4K以上での制作が当たり前のようなので心配する必要はないだろうが、一昔前の、HDでマスターを作っている映画はどうするつもりなんだろうか。アプコンして4Kだっつって売るつもりだろうか。SDマスターをアプコンしてHDだっつってBDを売った日本のアニメのように。
 あるいは、解像度はさておいてHDRを目玉にして売るのだろうか。「解像度よりもHDRの方が画質向上に大きな効果がある」なんて話も散見するが、はたして。それとも色域の拡大を押すのか。あるいはより高いビットレート、という売り文句も考えられるといえば考えられるが……
 ところでディズニーの3DCG作品はどうなるのだろうか。キラーソフト的な意味で。

 オーディオビジュアルを趣味にしている一人として、UHD BDの登場は心の底から歓迎したい。
 ソフトがハードに先行したBDの時とは状況が違う。4Kテレビは既に10万を切り、4Kプロジェクターもある。映画製作はとっくに4K化。そしてUHD BDが遅れに遅れてやっと登場した格好だ。まさに待ちに待った映像メディアの刷新である。
 それと同時に、「BDからUHD BDになることで恩恵を受けられる作品」は、「DVDからBDになることで恩恵を受けられる作品」よりも大幅に減る気がしてならない。
 そんな後ろ向きな気分を吹き飛ばすためにも、UHD BDのローンチに際しては、とにかく出し惜しみせずにありったけのソフトを即時投入してもらいたい。リアルスティールでもアベンジャーズでも、とにかくありったけ面白くてありったけ高画質なソフトを最初の段階で投入して、「UHD BDすげえ!!!」という評価を確立してほしい。BDはその点いまいちうまくいかなかった。悲しいことに未だに「DVDで十分」と言われてしまう状況でUHD BDなんてものを出す以上、気合を見せてほしい。
 でないと、映像パッケージメディアと一緒に「高画質・高音質」という文化もストリーミングに食い潰されちまうぞ。もっとも、いつかは技術の進歩とインフラの整備によってストリーミングのクオリティがUHD BDを越える日が来るだろうけど。

 それにしても、4Kテレビはべらぼうに安くなったがプロジェクターは相変わらず高い。
 今さらテレビに戻るというのも……うーむ……

 あと、UHD BDのソフトもプレーヤーもそれなりに常識的な価格で出てくれると……その……助かる……

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』

画質:10 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元

 スパイク設置できるスピーカーは絶対的にスパイク設置するに限る。  トールボーイスピーカーなら

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ボスケテ より:

    ご無沙汰してます。

    逆シャア風にいえば
    「入れ物さえ造ればよしとして彼等は新機器販売の利権に引きこもり、我々(BDユーザー)に新フォーマットを解放することはしなかったのである!」

    殆どのエンターテイメントがスマホを中心とした、小型化、廉価化の波にさらされ
    専用機のマネタイズ、必要性は苦しくなっている中で、高画質、高音質を売りにするだけでどういった成果を見せてくれるのか?
    期待しています。

  2. sakakihajime より:

    音質は完全に頭打ちですが、画質的にはまだまだ進化する余地があります。
    かつてDVDからBDに移り変わった時の衝撃を再び味わえるかどうか、私も期待しています。

    もっとも、先立つものがないという問題もありますが……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑