*

おかえり、SongBook

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

2014/10/26 さらば、SongBook

2014/11/19 コントロールアプリの黄昏


 以前、二度にわたって一時代を築いた偉大なアプリとの別れを惜しんだ。
 惜しんだはずだった。


 ん……?

2015011001


2015011002


 1.0.0
 2014/11/21



 \SongBook HD/

 おかえり!!!!



 今の今まで完全に見逃していてすまない。

 というより、何というタイミング……


 開発元のBookshelf Appsは色々なハイエンドメーカーのコントロールアプリの中身を作る仕事に専念するようになって、その代わりにSongBookは完全放置の挙句に完全終了なのかと思っていた。
 しかし、そういうわけでもなかったようだ。


 刺激的な謳い文句を引っ提げて、偉大なるアプリが装いも新たに完全復活である。
 SongBook HDと、名称も一回りしてシンプルになった感。
 いったい何度SongBook○○に金を払えばいいんだと思わなくもないが、2000円くらいどうということはない。


2015011004
2015011008
2015011007
2015011006
2015011005

 デザインやインターフェースはなかなかに素敵だ。
 しかし、生まれ立てのアプリゆえの宿命か、安定性が著しく低い。落ちまくる。

 そして何より、LUMIN A1との組み合わせでは曲をプレイリストに登録しようとすると……確実に落ちる。
 無念。


 とはいえ、こんなページが用意されているくらいなので、これからも色々と仕掛けてくる気はあるようだ。
 SongBookの新たな門出を祝いつつ、今後の進歩に期待したい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

【音源管理の精髄】 コントロールアプリ(iPad版)の紹介・2014年版 【ネットワークオーディオTips】

 前の紹介記事から既に2年近く経ったので、改めて紹介しようと思う。  脱落もあれば新顔もある。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】でかい画面とすごい音のススメ

 コンテンツを楽しむ環境にほんの少しでもこだわれば、まさにそれこそがホームシアターなのである……と言

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. ミッチー より:

    初めてコメントさせて頂きます。

    最近ネットワークオーディオを再出発いたしました。
    私もネットワークオーディオの根幹として、使い易さ、コントロールを第一に考えておりますので、こちらのブログはとても参考にさせて頂いております。

    過去にKlimaxDSを2回(DPS有無)所有しておりましたが、LINNの薄口な音(アップサンプリングの影響が強い印象です)の為に他の機種を考えていました。

    しかしSongBookが無くなってしまい、LumenかWEISSのどちらかか…と思っておりましたので、選択肢が広がるこの記事は大変に助かりました。

    これからも楽しみにしております。 頑張ってください。

    • sakakihajime より:

      ミッチーさん

      お役に立てれば幸いです。

      LUMIN A1との組み合わせではクラッシュ祭りの現状で私が言うのもアレですが、デザインを見る限り素性は良さそうです。
      プレイリストとブラウズが分離してしまったのは個人的に残念ですが。

      これからSongBook Liteのように汎用アプリの指標たり得る完成度に育つことを期待しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑