*

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Netflixの価値は痛いほどよくわかる。
 しかも4KやらHDRやら、AVファンの心をくすぐる要素も目白押しときたもんだ。

 というわけで使ってみた。


 最初にイノセンスと言の葉の庭とスパルタカスを選んだら、おおむねそれっぽい作品がおすすめされてきた。
20150909netflixpc01

 初期のおすすめ一覧の中に「Genius Party Beyond」が入っているあたり、「わかっている」という感じ。
20150909netflixpc02
 ただ、この記事によればGenius Party Beyondは1080Pで配信されているはずなのだが、画質に関する表記はどこにもない。
 実際の配信品質はともかく、どうやらブラウザにはそもそも画質の表示がないようだ。

 どのみちPCのモニタで画質を云々言っても仕方がないので、PS4のNetflixを試す。
20150909netflixphoto01
 一応ネットワークの状況も。
20150909netflixphoto02

 さて、こちらには「HD」の表記がある。音声では「5.1」の表記もある。
 1080PのGenius Party Beyondも、720Pのマインド・ゲームも一律で「HD」という表記のようだ。それにしても酷い低評価だ。悲しい。
20150909netflixphoto03
20150909netflixphoto04
 別に隠すことじゃなし、堂々と「1080P」「720P」と書いてほしいもんだが。

 実際に再生してみると、前評判のとおり、確かに「止まらずに」見られる。
 最初こそぎょっとするほどの低解像度で始まるが、それほど経たずに高解像度に切り替わっていく。
 

 ここからはクオリティ評。
 再生環境はこの記事を参照。また、今回プレーヤーにはNetflix・BDともにPS4を使用した。

 Genius Party Beyondでは、マッハバンドはそれなりに出ているものの気になるほどではなく、何よりDVDでは悲惨なほど溢れていた圧縮由来のノイズもさほど感じられなかった。ハイビジョンならではの精細感も十分あり、そもそもBD化されていない作品を高解像度で楽しめる喜びはとてつもなく大きい。
 同じ1080P枠のアニメとして「イノセンス」も見てみた。比較対象はアブソリュート・エディションのBDである。
 さすがにBDと比べると細部の情報量やノイズ感などで一歩劣るが、Netflixでも十分……というよりほとんどの人が満足するだろうレベルが実現されている。
 HD・実写枠として見た「ノーカントリー」でも、相当BDに迫る画質である。
 決して潤沢とは言えないビットレートでここまでの画が出せるとは。完全にディスク沼に浸かっていた私にとっていささか衝撃的な結果となった。

 さて、問題はここからだ。
 なぜ誰も音質に言及しない。


 イノセンスのBDはドルビーTRUEHDとDTS-HD Master Audioの6.1ch収録。
 ノーカントリーのBDはリニアPCMの5.1ch収録。
 どちらもいわゆるロスレス音声で、映像作品として非常に優れた音質を有している。

 Netflixの映像仕様は色々と情報が出ているが、音声仕様についてはさっぱりわからなかった。
 だから実際に試してみたのだ。

 で、結論。
 BDに比べて音は落ちる
 イノセンスもノーカントリーも、決してNetflixで配信される音が悪いわけでも、楽しめないわけでもない。むしろ、大多数の人にとっては配信でサラウンドが楽しめるだけでも大きな魅力となるだろう。
 しかし、BDより二段階ほど落ちる。Netflixの音声仕様の詳細については想像するしかないが、これが事実だ。


 やはり、少なくとも現時点では、私のような物好きにとって、NetflixはBDを置き換えるものではない。
 BD化されていない作品も高解像度で楽しめ、画質面では十分な品質を持っているにせよ、音質面で決定的な差がある以上、BDの価値が損なわれることはない。
 4K、HDRが本格的に普及するとなっても、この状況は当面変わらないはず。

 だから頑張ってよ、UHD BD。
 今ならまだ、十分存在する価値がある。

スポンサーリンク


関連記事

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.25の記事中にこんなことを書い

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ネットワークオーディオ】Asset UPnP for QNAP正式リリース

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Nirvana / Nevermind

・アーティスト / アルバムタイトル Nirvana / Nevermind ・購入元 H

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑