*

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。


 タグ。ライブラリ。アルバムアート。サーバー。プレーヤー。
 【音源管理の精髄】と【ネットワークオーディオTips】の各章で、それぞれの要素について記事を書いてきた。

 ここであらためて問い直そう。


 ネットワークオーディオとは何か。


 NASなどのサーバーから、ネットワークオーディオプレーヤーに、LANで音源をストリーミングして再生するシステム。
 「ネットワークオーディオ」というと、おおむねこのように理解されている。
 これはこれで決して間違いではない。

 しかし、この答えには、極めて重要な要素が欠けている。


 『コントロール』である。

 そして、『コントロール』こそがネットワークオーディオの本質である。


 ネットワークオーディオにおいて、ネットワークという要素は空間に制約されないコントロールを実現するためにある。この時、大切なのは体験であって、音質ではない

 サーバーやプレーヤー(PCを含む)の設置場所という制約から解放された状態で、自身のライブラリを縦横無尽に駆け巡り、聴きたい曲を自由自在に聴く。
 視聴位置の椅子に身を預けたまま、あるいはその辺に寝っ転がりながら、音楽再生のあらゆる操作を手元の端末から行う

 「ネットワークを用いて再生機器からコントロールを独立させる」というスタイル。
 これこそ、音質云々やデータ転送の仕組み云々を越えた、他の方式とは決定的に異なる、ネットワークオーディオをネットワークオーディオたらしめるものだ。

 最終的に出てくる音の良し悪しは、他の方式でもそうであるように、システムの構成とセッティングを含む全体の結果である。「ネットワークオーディオの音質」という言葉と、システムを構成する個々の機器・ソフトの実力は峻別して考える必要がある。


 従来オーディオで追求してきた高音質と、デジタル・ファイル音源を扱うことの利便性。そこに「快適に音楽を聴く」という新たな価値を付け加えるという部分に、ネットワークオーディオの存在意義がある。音質と快適さの両立がここで実現する。

 よって、「PCをそのまま使って聴いたほうがよほど快適だからネットワークオーディオなんて要らん」と言われれば、そこでおしまいである。それはそれで別にいい。音源の管理とライブラリの構築は無駄にならないし、音楽を聴く環境は様々で、何に快適さを感じるかは人それぞれ。そこで食い下がるつもりはない。

 ただ、例えば「LANケーブルで音が変わる」とか「ハブで音が変わる」とか、そういういかにもな話題にばかり注目が集まり、結果的にそれだけでネットワークオーディオがこき下ろされるというのは見るに忍びない。
 オーディオの一領域である以上、音が良いことは当たり前。もちろんネットワークオーディオでも、ハードとソフトの両面で音質を追求する様々な努力は常に行われている。それに関連して、上で触れたようないかにもな側面があることは否定できない。というより、オーディオなんて得てしてそんなもんだ
 しかし、決してむやみな音質の追求がネットワークオーディオのすべてではない
 ネットワークオーディオには「快適な音楽再生」という価値があることも知ってほしい。


 繰り返すが、ネットワークオーディオの本質はあくまで『コントロール』である。
 サーバーやプレーヤーの設置場所という制約から解放される――つまり、音楽を聴く場所に「居ながらにして」、音楽再生のあらゆる操作が可能になるというのが肝になる。


 実例を挙げると、


 『NASを用意して、ネットワークオーディオプレーヤーにLANで音源をストリーミングして再生しているが、選曲や操作はプレーヤー本体の画面で行っている』

 これはネットワークオーディオの実践ではない。
 

 逆に、


 『単体ネットワークオーディオプレーヤーもNASも使っていないが、PCの再生ソフト(foobar2000やらMediaMonkeyやらJRiver Media Centerやら)をネットワーク越しに専用アプリでコントロールしている』

 これは立派なネットワークオーディオの実践である


 単体ネットワークオーディオプレーヤーを使っているからと言って、ネットワークオーディオを実践しているということには必ずしもならない



 それではあらためて、『ネットワークオーディオ』とは何か

 『音楽再生におけるコントロールの方法論』である。


 ネットワークオーディオプレーヤーを使うことがネットワークオーディオなのではない。
 NASを使うことがネットワークオーディオなのではない。
 ネットワークオーディオにはNASが必須だというのは大きな誤解
 LANで音声データを転送することがネットワークオーディオなのではない。
 UPnP/DLNAを使うことがネットワークオーディオなのではない。
 PCを使わないことがネットワークオーディオなのではない。

 ネットワークオーディオとは特定の再生機器に限定されるものではないのである。


 業界の共通認識とは異なることを言っている自覚はあるし、必ずしも多くの人から同意を得られるとは思っていない。
 しかし、これがネットワークオーディオというものと向き合ってきた結果辿り着いた、私の偽らざる認識である。


 そして、

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ。

 これこそ、私が多くの人に味わってほしいと願ってやまない、ネットワークオーディオがもたらす福音である。


 タグ。
 ライブラリ。
 アルバムアート。
 サーバー。
 プレーヤー。

 そして、『コントロール』。
 ネットワークオーディオを構成する最後のピース。
 快適な音楽再生が最終的に実現するか否かはここで決まる。

 血と汗と涙を流しながら取り組んできた音源管理も、システムの構築も、あと少しで報われる。



コントロールアプリの重要性

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

【BDレビュー】第317回・特別篇『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 北米盤

画質:13 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第20回『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL』

さて、アナログとデジタルの結節点に攻殻機動隊はBD化によってどんな姿を見せてくれるのでしょうか?

記事を読む

2015年の心残りその3 aria music serverはどうなった?

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch aria music

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第133回『平成ガメラ三部作』

どいつもこいつもレギオンレギオン言いやがって! おれはイリスが好きなんだよ!!

記事を読む

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

 「ネットワークオーディオとは音楽再生におけるコントロールの方法論である」と言っているのも、「ネット

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第179回『特攻野郎Aチーム』

画質:7 音質:7 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

→もっと見る

PAGE TOP ↑