*

【音源管理の精髄・応用編】 タグとフォルダーの併用 【ネットワークオーディオTips】

 これはPCオーディオとネットワークオーディオの両方に使えるテクニックだが、音源のブラウズをすべてアプリ上で行う関係からネットワークオーディオとの親和性が高い。


 使いこなせばタグほど便利なものはない。
 むしろ、そもそもタグを使わない限りあまり便利にならない。

 とはいえ、どのタグを参照してどのようなナビゲーションツリーを提示するかはソフト次第のため、ユーザーが本当に求める選曲の作法が得られない場合がある。

 例えば、Twonky Serverを使ってクラシック音源をブラウズする場合。
 仮にユーザーが「作曲家」→「指揮者」→「アルバム」という風に選曲をしたいと思っても、そもそもTwonky Serverにはそのようなナビゲーションツリーは用意されていない。あるのは「作曲家」→「アルバム」のみ。

 だったら「フォルダ構造でそれを作ってしまえ」、というのがこの記事の趣旨だ。
 つまるところ、ナビゲーションツリーに実質的な新項目を追加するということである。


 タグを疎かにすると総崩れになるというだけで、タグベースのライブラリとフォルダベースのライブラリは別に喧嘩するものではない。
 フォルダ構造をいじったところで、基本的にソフト上に表示されるタグベースのライブラリ/ナビゲーションツリーには何の影響もない。だからこそユーザーの手が入る余地がある。

 ただし、これはやりすぎるとタグベースとフォルダベースでライブラリの管理が乖離・錯綜して最終的に破綻するおそれがあるため、ユーザー自身による強固なコントロールが求められる。
 もっとも、タグベースのライブラリをしっかりと構築できる人とはつまりCDのリッピングがしっかりとできる人であり、CDのリッピングがしっかりできる人とはフォルダベースのライブラリもしっかりと構築できる人であるため、そこまで心配する必要はないかもしれない。


 上の例を私の場合で考えるとこうなる。

 私は普段dBpoweramp CD Ripperで、
 [genre]\[album artist]\[album]\[track] [title]
 という命名規則・フォルダ構造でリッピングをしている。
20150525タグPC01

 これを、クラシックのCDをリッピングする時のみ、
 [genre]\[composer]\[conductor]\[album]\[track] [title]
 とすればいい。
 そうすれば、クラシックの音源に限り、フォルダ掘りで「作曲家」→「指揮者」→「アルバム」という選曲の作法が使えるようになる。フォルダ構造を他のジャンルと変えたところで音源のタグそのものが変わるわけではないので、タグベースのライブラリが崩れるようなこともない。

 この場合のイメージはこんな感じ。

20150525タグPC02

 問題点があるとすれば、追加できる選曲の作法が一通りだけということだ。
 フォルダ構造をそのまま使う以上、こればっかりは仕方がない。
 なお、フォルダ構造そのものはdBpoweramp Batch Converterを使えば自由自在に変えられるのでこの辺は楽である。


 別にクラシックに限らずとも、色々と応用は利く。
 例えばLUMIN L1など、複数のサーバーソフトを走らせる余地のないサーバーを使っている場合、上手く使えばそれなりのメリットがあると思う。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 最初にするべきこと 【ネットワークオーディオTips】

 【音源管理の精髄】も第2章に突入。  いつ終わるやら。  タグとは何か。  タグはな

記事を読む

【CES2016】眩しいディスプレイよりも黒が黒いディスプレイが欲しい

 テレビにおいては「解像度が4Kであることはもはや優位性ではない」とでも言わんばかりに、「その先」の

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

WAVでリッピングするとタグはどうなる? WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・サウンドシティ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  7月4日と

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

画質:10 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:10 (評価の詳細につ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑