*

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 今更感漂う不毛な検証第二弾。
 やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。


WAVでリッピングするとタグはどうなる?


 完全な続きなのでまずは上の記事を読んでほしい。


さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い



 さて、前回WAVでリッピングしたThe HunterとThe Well。
 再び音源の情報を示す。
20150312(PC)13
20150312(PC)14
20150312(PC)17
20150312(PC)18

 これらをAIFF・ALAC・FLAC・MP3に変換する。
 WAVを含め、これだけの種類で検証すれば十分だろう。

 さすがにもうマルチエンコーダーを使わせてもらう。
20150320wavから変換(PC)01

 出来上がったWAVを含む5種類の音源。
 なお、区別のため、dBpoweramp Tag Editorを用いて、WAV以外はアルバムタイトルの末尾にそれぞれのコーデックを付記してある。
 ちなみにfolder.jpgの類は入っていない。
20150320wavから変換(PC)02

 また、長い長い間違い探しが始まる。


 AIFF
20150320wavから変換(PC)03
20150320wavから変換(PC)04
20150320wavから変換(PC)05
20150320wavから変換(PC)06

 ALAC
20150320wavから変換(PC)07
20150320wavから変換(PC)08
20150320wavから変換(PC)09
20150320wavから変換(PC)10

 FLAC
20150320wavから変換(PC)11
20150320wavから変換(PC)12
20150320wavから変換(PC)13
20150320wavから変換(PC)14

 MP3
20150320wavから変換(PC)15
20150320wavから変換(PC)16
20150320wavから変換(PC)17
20150320wavから変換(PC)18


 見ての通り、アルバムアートを含めて問題はない。
 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。

 しかしこの場合、問題なのはタグが付加されていることではなく、タグが機能するか否か、である。

 前回パッとしなかったiTunesでAIFFとALAC、MediaMonkeyでFLACとMP3を開いてみる。


 iTunes・AIFF
20150320wavから変換(PC)19
20150320wavから変換(PC)20

 iTunes・ALAC
20150320wavから変換(PC)21
20150320wavから変換(PC)22

 MediaMonkey・FLAC
20150320wavから変換(PC)23
20150320wavから変換(PC)24

 MediaMonkey・MP3
20150320wavから変換(PC)25
20150320wavから変換(PC)26


 WAVでは付加は出来ても機能しなかったタグが、形式を変換した結果、見事に機能するようになっている。


 サーバーソフトではどうだろう。


 Twonky Server
20150320wavから変換(ipad)04
20150320wavから変換(ipad)06
 あれ、バージョン8になってまた仕様変わった??? AIFFはともかくMP3も……
 WAVは相変わらずだが。


 Asset UPnP
20150320wavから変換(ipad)01
20150320wavから変換(ipad)07
 アルバムのサムネイルが荒い理由はこの記事を参照。


 MinimServer
20150320wavから変換(ipad)02
20150320wavから変換(ipad)08
 相変わらず完璧である。


 Kazoo Server
20150320wavから変換(ipad)03
20150320wavから変換(ipad)09
 WAVでは無視を決め込んでいたのに……



 最後に、前回最初からFLACでリッピングした音源をあらためて見てみる。
 上のWAVから変換した音源を見比べてみてほしい。
20150312(PC)11
20150312(PC)12
20150312(PC)15
20150312(PC)16

 で、これをLUMIN L1から見てみると、こうなる。
 この間違い探しは難易度が低い。
20150320wavから変換(ipad)10


 WAVから別の形式に変換することによって、WAVでは機能しなかったタグが機能するようになった。
 これはあくまで「WAVの時点でタグが付加されていたから」であって、形式の変換に伴いひとりでににタグが付加されるなどということはない。

 最悪なのは、「リッピングの際にタグをないがしろにすること」である。
 この時、WAVとFLACのどちらかを使うかは関係ない。

 WAVを使うにしても、リッピングの際にきちんとタグを付加さえしておけば、たまたま使用するソフトでWAVのタグが機能しなかったとしてもいくらでも手が打てる。
 一方、FLACを使うにしても、いい加減にリッピングし、タグが滅茶苦茶あるいは付加されていなかった場合、その時点で破綻と徒労だけが前途に横たわる。

 最初が肝心である。

 数えきれないほど繰り返していることではあるが、結局重要なのは「タグをきちんと管理・編集・整備すること」に他ならない。


 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。


 結局すべてはユーザーひとりひとりのこだわりと心がけ次第。



さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。

記事を読む

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較  LUMINのネットワークオーディ

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 序

※前置き※ これから延々と移植していくBDレビューは2007年9月14日からスタートしたもので

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑