*

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 今更感漂う不毛な検証第二弾。
 やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。


WAVでリッピングするとタグはどうなる?


 完全な続きなのでまずは上の記事を読んでほしい。


さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い



 さて、前回WAVでリッピングしたThe HunterとThe Well。
 再び音源の情報を示す。
20150312(PC)13
20150312(PC)14
20150312(PC)17
20150312(PC)18

 これらをAIFF・ALAC・FLAC・MP3に変換する。
 WAVを含め、これだけの種類で検証すれば十分だろう。

 さすがにもうマルチエンコーダーを使わせてもらう。
20150320wavから変換(PC)01

 出来上がったWAVを含む5種類の音源。
 なお、区別のため、dBpoweramp Tag Editorを用いて、WAV以外はアルバムタイトルの末尾にそれぞれのコーデックを付記してある。
 ちなみにfolder.jpgの類は入っていない。
20150320wavから変換(PC)02

 また、長い長い間違い探しが始まる。


 AIFF
20150320wavから変換(PC)03
20150320wavから変換(PC)04
20150320wavから変換(PC)05
20150320wavから変換(PC)06

 ALAC
20150320wavから変換(PC)07
20150320wavから変換(PC)08
20150320wavから変換(PC)09
20150320wavから変換(PC)10

 FLAC
20150320wavから変換(PC)11
20150320wavから変換(PC)12
20150320wavから変換(PC)13
20150320wavから変換(PC)14

 MP3
20150320wavから変換(PC)15
20150320wavから変換(PC)16
20150320wavから変換(PC)17
20150320wavから変換(PC)18


 見ての通り、アルバムアートを含めて問題はない。
 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。

 しかしこの場合、問題なのはタグが付加されていることではなく、タグが機能するか否か、である。

 前回パッとしなかったiTunesでAIFFとALAC、MediaMonkeyでFLACとMP3を開いてみる。


 iTunes・AIFF
20150320wavから変換(PC)19
20150320wavから変換(PC)20

 iTunes・ALAC
20150320wavから変換(PC)21
20150320wavから変換(PC)22

 MediaMonkey・FLAC
20150320wavから変換(PC)23
20150320wavから変換(PC)24

 MediaMonkey・MP3
20150320wavから変換(PC)25
20150320wavから変換(PC)26


 WAVでは付加は出来ても機能しなかったタグが、形式を変換した結果、見事に機能するようになっている。


 サーバーソフトではどうだろう。


 Twonky Server
20150320wavから変換(ipad)04
20150320wavから変換(ipad)06
 あれ、バージョン8になってまた仕様変わった??? AIFFはともかくMP3も……
 WAVは相変わらずだが。


 Asset UPnP
20150320wavから変換(ipad)01
20150320wavから変換(ipad)07
 アルバムのサムネイルが荒い理由はこの記事を参照。


 MinimServer
20150320wavから変換(ipad)02
20150320wavから変換(ipad)08
 相変わらず完璧である。


 Kazoo Server
20150320wavから変換(ipad)03
20150320wavから変換(ipad)09
 WAVでは無視を決め込んでいたのに……



 最後に、前回最初からFLACでリッピングした音源をあらためて見てみる。
 上のWAVから変換した音源を見比べてみてほしい。
20150312(PC)11
20150312(PC)12
20150312(PC)15
20150312(PC)16

 で、これをLUMIN L1から見てみると、こうなる。
 この間違い探しは難易度が低い。
20150320wavから変換(ipad)10


 WAVから別の形式に変換することによって、WAVでは機能しなかったタグが機能するようになった。
 これはあくまで「WAVの時点でタグが付加されていたから」であって、形式の変換に伴いひとりでににタグが付加されるなどということはない。

 最悪なのは、「リッピングの際にタグをないがしろにすること」である。
 この時、WAVとFLACのどちらかを使うかは関係ない。

 WAVを使うにしても、リッピングの際にきちんとタグを付加さえしておけば、たまたま使用するソフトでWAVのタグが機能しなかったとしてもいくらでも手が打てる。
 一方、FLACを使うにしても、いい加減にリッピングし、タグが滅茶苦茶あるいは付加されていなかった場合、その時点で破綻と徒労だけが前途に横たわる。

 最初が肝心である。

 数えきれないほど繰り返していることではあるが、結局重要なのは「タグをきちんと管理・編集・整備すること」に他ならない。


 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。


 結局すべてはユーザーひとりひとりのこだわりと心がけ次第。



さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

Dynaudio Audience52とNmode X-PW1で音楽を聴く

 今手元にAVアンプがないので、普段はサラウンドバックスピーカーとして使っているDynaudio A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレンジアルバム/ハルカナルトキノカナタへ

・アーティスト / アルバムタイトル 光田康典 / クロノ・トリガー&クロノ・クロス アレ

記事を読む

【BDレビュー】第293回『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 【Dolby Atmos】

画質:13 音質:13 映像:AVC 音声:Dolby Atmos

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑