*

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/11/12 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 今更感漂う不毛な検証第二弾。
 やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。


WAVでリッピングするとタグはどうなる?


 完全な続きなのでまずは上の記事を読んでほしい。


さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い



 さて、前回WAVでリッピングしたThe HunterとThe Well。
 再び音源の情報を示す。
20150312(PC)13
20150312(PC)14
20150312(PC)17
20150312(PC)18

 これらをAIFF・ALAC・FLAC・MP3に変換する。
 WAVを含め、これだけの種類で検証すれば十分だろう。

 さすがにもうマルチエンコーダーを使わせてもらう。
20150320wavから変換(PC)01

 出来上がったWAVを含む5種類の音源。
 なお、区別のため、dBpoweramp Tag Editorを用いて、WAV以外はアルバムタイトルの末尾にそれぞれのコーデックを付記してある。
 ちなみにfolder.jpgの類は入っていない。
20150320wavから変換(PC)02

 また、長い長い間違い探しが始まる。


 AIFF
20150320wavから変換(PC)03
20150320wavから変換(PC)04
20150320wavから変換(PC)05
20150320wavから変換(PC)06

 ALAC
20150320wavから変換(PC)07
20150320wavから変換(PC)08
20150320wavから変換(PC)09
20150320wavから変換(PC)10

 FLAC
20150320wavから変換(PC)11
20150320wavから変換(PC)12
20150320wavから変換(PC)13
20150320wavから変換(PC)14

 MP3
20150320wavから変換(PC)15
20150320wavから変換(PC)16
20150320wavから変換(PC)17
20150320wavから変換(PC)18


 見ての通り、アルバムアートを含めて問題はない。
 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。

 しかしこの場合、問題なのはタグが付加されていることではなく、タグが機能するか否か、である。

 前回パッとしなかったiTunesでAIFFとALAC、MediaMonkeyでFLACとMP3を開いてみる。


 iTunes・AIFF
20150320wavから変換(PC)19
20150320wavから変換(PC)20

 iTunes・ALAC
20150320wavから変換(PC)21
20150320wavから変換(PC)22

 MediaMonkey・FLAC
20150320wavから変換(PC)23
20150320wavから変換(PC)24

 MediaMonkey・MP3
20150320wavから変換(PC)25
20150320wavから変換(PC)26


 WAVでは付加は出来ても機能しなかったタグが、形式を変換した結果、見事に機能するようになっている。


 サーバーソフトではどうだろう。


 Twonky Server
20150320wavから変換(ipad)04
20150320wavから変換(ipad)06
 あれ、バージョン8になってまた仕様変わった??? AIFFはともかくMP3も……
 WAVは相変わらずだが。


 Asset UPnP
20150320wavから変換(ipad)01
20150320wavから変換(ipad)07
 アルバムのサムネイルが荒い理由はこの記事を参照。


 MinimServer
20150320wavから変換(ipad)02
20150320wavから変換(ipad)08
 相変わらず完璧である。


 Kazoo Server
20150320wavから変換(ipad)03
20150320wavから変換(ipad)09
 WAVでは無視を決め込んでいたのに……



 最後に、前回最初からFLACでリッピングした音源をあらためて見てみる。
 上のWAVから変換した音源を見比べてみてほしい。
20150312(PC)11
20150312(PC)12
20150312(PC)15
20150312(PC)16

 で、これをLUMIN L1から見てみると、こうなる。
 この間違い探しは難易度が低い。
20150320wavから変換(ipad)10


 WAVから別の形式に変換することによって、WAVでは機能しなかったタグが機能するようになった。
 これはあくまで「WAVの時点でタグが付加されていたから」であって、形式の変換に伴いひとりでににタグが付加されるなどということはない。

 最悪なのは、「リッピングの際にタグをないがしろにすること」である。
 この時、WAVとFLACのどちらかを使うかは関係ない。

 WAVを使うにしても、リッピングの際にきちんとタグを付加さえしておけば、たまたま使用するソフトでWAVのタグが機能しなかったとしてもいくらでも手が打てる。
 一方、FLACを使うにしても、いい加減にリッピングし、タグが滅茶苦茶あるいは付加されていなかった場合、その時点で破綻と徒労だけが前途に横たわる。

 最初が肝心である。

 数えきれないほど繰り返していることではあるが、結局重要なのは「タグをきちんと管理・編集・整備すること」に他ならない。


 WAVから諸々の形式に変換してもタグは保持される。


 結局すべてはユーザーひとりひとりのこだわりと心がけ次第。



さらに続編:WAVにおける日本語のタグの取り扱い

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき第1回。  アルティメット・エディションはUHD BDのみ収録。  ちな

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

アイ・オー・データからついに本気のオーディオサーバーが出るようだ

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入  一年経ってつい

記事を読む

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothに

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

ネットワークオーディオの「プラットフォーム」

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの  上の記事で、

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

DENON DNP-2500NE

デノン、“革新的”フルデジタルヘッドホンアンプ搭載のネットワークプレーヤー「DNP-2500NE」

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑