*

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2014/02/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……

 とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な議論を終わらせたい。



 dBpowerampに含まれているBatch Converterを使えば、すべての音源フォルダ一括で、WAV⇔FLACの相互変換が可能である。

 WAV⇔FLAC Lossless Uncompressedの一括変換ももちろん可能である。

 WAV⇔FLACだけではなく、AIFFやALACとの相互変換も可能である。

 「全部WAVでリッピングしてしまったから今さらFLACでリッピングし直すなんて無理!」などと悩む必要はない。

 さらに、例えば完璧にタグを仕込んだFLACをWAVに変換しても、dBpowerampならばタグの情報は保持される。

 つまり、「おれはWAV以外絶対に認めない! FLACなんてクソだ!」というユーザーであっても、タグの恩恵を受けられる。(※ただし、WAVのタグに関しては編集にせよ表示にせよ、ソフトによって扱いが異なるので注意を要する。また、仕様上? どうしても保持できない情報もあるようだ。その辺のことをいちいち気にするのが面倒なので、私はFLACを推奨している)




 ここまで言えば大丈夫だろう。


 以下に実践例を示す。



 コレがdBpoweramp Batch Converterの初期画面。
 音源フォルダにチェックを入れれば……
WS000250

 ご覧のとおり、フォルダ内のすべての音源が選択される。
 「Convert」しよう。
WS000251

 すると、このように音源の変換――dBpoweramp Music Converterの画面となる。
 こうなると、対象となる音源の数が多いだけで、やることは普段と何も変わらない。
WS000255

 変換できるコーデックはご覧のとおり。
WS000253

 「FLAC Lossless Uncompressed」ももちろん選択できる。
WS000252

 で、あとは「Convert」するだけ。
 ただそれだけ。
 (※保存場所はきちんと設定すること!)
WS000254


 たったこれだけで、アルバムが何百枚あろうが何千枚あろうが、WAV⇔FLAC Lossless Uncompressed⇔AIFF⇔ALACの一括相互変換が可能。

 面倒なことなど何もない。



 さて、次に気になるのは、「本当にFLAC→WAVの変換でタグの情報は保持されるのか?」ということだろう。

 百聞は一見に如かず。


 まずはオリジナルのFLAC。
 FLAC Lossless Uncompressedでリッピングしたもの。
 Tingvall Trioの素敵な音源である。
WS000256
WS000257

 これを変換する。
 せっかくだからWAVだけでなく、AIFFとALACへも変換しよう。
 このように複数のコーデックに一括変換できるのもdBpoweramp Music Converterの素敵なところである。
WS000258


 で、あっという間に変換が終了。
 早速見ていこう。


 WAV
WS000263
WS000264

 ご覧のとおり、タグは“ほぼ”完璧に保持されている。
 (一か所保持できなかった部分がある)
 アルバムアートだってきちんとタグとして埋め込まれている。つまり、WAVであっても「フォルダーの中に.jpgでアルバムアートを入れておく」なんてことをする必要もない。


 他のコーデックも見てみよう。


 AIFF
WS000259
WS000260


 ALAC
WS000261
WS000262


 駄目押しに、FLACから変換したWAVを、もう一度FLAC Lossless Uncompressedに変換してみる。
 そうして出来上がったのがコレ。
WS000265
WS000266


 この通り。
 


 「WAVとFLACはどちらがいいのか」ということについてあーだこーだ議論することがいかに不毛か、わかってもらえるだろうか。


 好きなほうを使えばいい。


 行き来は自由である。制限も苦労もない。


 ただ、タグの扱いに完璧を期すなら、FLACを選ぶべきだ。




 以上。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!  3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどうい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoonは快適に使えるか?

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?  前回の続き。  Roon

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証2014 『LUMIN App』

 このアプリがなければ、DSからLUMINに乗り換えることはなかった。  あらかじめ言っておく

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

【CES2014】 Primare PRE60 & A60

 いつぞやプロトタイプをチラ見せしていたPrimareのフラグシップシリーズだが、CES2014で正

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

→もっと見る

PAGE TOP ↑