*

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2014/02/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……

 とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な議論を終わらせたい。



 dBpowerampに含まれているBatch Converterを使えば、すべての音源フォルダ一括で、WAV⇔FLACの相互変換が可能である。

 WAV⇔FLAC Lossless Uncompressedの一括変換ももちろん可能である。

 WAV⇔FLACだけではなく、AIFFやALACとの相互変換も可能である。

 「全部WAVでリッピングしてしまったから今さらFLACでリッピングし直すなんて無理!」などと悩む必要はない。

 さらに、例えば完璧にタグを仕込んだFLACをWAVに変換しても、dBpowerampならばタグの情報は保持される。

 つまり、「おれはWAV以外絶対に認めない! FLACなんてクソだ!」というユーザーであっても、タグの恩恵を受けられる。(※ただし、WAVのタグに関しては編集にせよ表示にせよ、ソフトによって扱いが異なるので注意を要する。また、仕様上? どうしても保持できない情報もあるようだ。その辺のことをいちいち気にするのが面倒なので、私はFLACを推奨している)




 ここまで言えば大丈夫だろう。


 以下に実践例を示す。



 コレがdBpoweramp Batch Converterの初期画面。
 音源フォルダにチェックを入れれば……
WS000250

 ご覧のとおり、フォルダ内のすべての音源が選択される。
 「Convert」しよう。
WS000251

 すると、このように音源の変換――dBpoweramp Music Converterの画面となる。
 こうなると、対象となる音源の数が多いだけで、やることは普段と何も変わらない。
WS000255

 変換できるコーデックはご覧のとおり。
WS000253

 「FLAC Lossless Uncompressed」ももちろん選択できる。
WS000252

 で、あとは「Convert」するだけ。
 ただそれだけ。
 (※保存場所はきちんと設定すること!)
WS000254


 たったこれだけで、アルバムが何百枚あろうが何千枚あろうが、WAV⇔FLAC Lossless Uncompressed⇔AIFF⇔ALACの一括相互変換が可能。

 面倒なことなど何もない。



 さて、次に気になるのは、「本当にFLAC→WAVの変換でタグの情報は保持されるのか?」ということだろう。

 百聞は一見に如かず。


 まずはオリジナルのFLAC。
 FLAC Lossless Uncompressedでリッピングしたもの。
 Tingvall Trioの素敵な音源である。
WS000256
WS000257

 これを変換する。
 せっかくだからWAVだけでなく、AIFFとALACへも変換しよう。
 このように複数のコーデックに一括変換できるのもdBpoweramp Music Converterの素敵なところである。
WS000258


 で、あっという間に変換が終了。
 早速見ていこう。


 WAV
WS000263
WS000264

 ご覧のとおり、タグは“ほぼ”完璧に保持されている。
 (一か所保持できなかった部分がある)
 アルバムアートだってきちんとタグとして埋め込まれている。つまり、WAVであっても「フォルダーの中に.jpgでアルバムアートを入れておく」なんてことをする必要もない。


 他のコーデックも見てみよう。


 AIFF
WS000259
WS000260


 ALAC
WS000261
WS000262


 駄目押しに、FLACから変換したWAVを、もう一度FLAC Lossless Uncompressedに変換してみる。
 そうして出来上がったのがコレ。
WS000265
WS000266


 この通り。
 


 「WAVとFLACはどちらがいいのか」ということについてあーだこーだ議論することがいかに不毛か、わかってもらえるだろうか。


 好きなほうを使えばいい。


 行き来は自由である。制限も苦労もない。


 ただ、タグの扱いに完璧を期すなら、FLACを選ぶべきだ。




 以上。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

ネットワークオーディオの魔境を往く

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION II

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流れとは一線を画したストイックな

記事を読む

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - avwatch  この

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑