*

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/09/27 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 サーバーソフト。
 サーバーをサーバーたらしめているものの正体。

 多くの場合、ネットワークオーディオで用いるのは音楽配信に対応するUPnP/DLNAサーバーである。

 必要に応じて以下の記事を参照されたし。

そもそもUPnP/DLNAって何だ?
DLNAにおけるデバイスクラスについて
ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』



 今回の記事では、サーバーソフトの一覧とナビゲーションツリーの確認にDiXiM DMCを使用する。いやはや、このアプリはこういう時にものすごく重宝する。

 さて、これらが『サーバーソフト』である。

2

 重複するものは除き、上から、


・Twonky ――(T)のアイコン。おそらく最もメジャーなサーバーソフト。サーバーの名称も、アイコンも、Twonkyのバージョンが上がるごとに変化してきた。

・MediaMonkey Server ――猿のアイコン。おなじみの再生ソフトMediaMonkeyのUPnPサーバー機能。

・Windows Media Player ――Windowsのアイコン。実はWindows7のMedia Playerに備わっているサーバー機能。

・Asset UPnP ――ディスクから電波? のアイコン。しばらく見ないうちに随分アイコンがダサくなった。昔は山というか三角形というか、そんな具合だったのに。

・MinimServer ――楽譜&音符のアイコン。LUMINとの絡み、DSD配信が可能ということで最近名前を見るようになった新鋭サーバーソフト。

・foobar2000 Media Server ――宇宙人のアイコン。おなじみの再生ソフトfoobar2000のサーバー機能。要追加コンポーネント。

・JRiver Media Center ――再生ボタンとかがくっついた丸っこいアイコン。マイナーな再生ソフトJRiver Media Centerのサーバー機能。DSD配信が可能だとかなんとか。


 手元にあるものをパッとかき集めただけでもこんなにある。

 はい焦らない。ひとつひとつ見ていこう。


・アイコンがそれぞれのサーバーソフトを示すのはわかった。じゃあ「PC」とか「4th」ってのは何だ?
→サーバーの「名前」。ひとつひとつ自分で設定する。たとえば「逆木一の巣」とか、「伏魔殿」とか、「パンデモニウム」とか、ノリと勢いでいかようにも名づけられる。

・foobar2000とかMediaMonkeyってPCの再生ソフトだったような?
→その通り。しかし、彼らはUPnPサーバーの機能を備えているため、サーバーソフトとしても機能する。この手の再生ソフトの機能を使ったPCのサーバー化は、サーバーを手に入れる最も手っ取り早い方法である。

・Twonkyのアイコンが三つもあるのはどういうこと?
→「Twonkyが走っているサーバー(機器)が三つある」ということ。この場合、デスクトップPC(PC)、ノートPC(Note)、NAS(TwonkyMedia[NASC00…])という具合に。

・ということは、サーバーソフトの数だけ機器があるってこと?
→No。現在私のシステムでサーバーになっている機器はデスクトップPCと、ノートPCと、NASの三つ。
 NASはTwonkyのみ。
 ノートPCはTwonkyとWindows Media Playerの2種。
 デスクトップPCにはTwonky含め6種。

 つまり、複数のサーバーソフトを走らせることで、ひとつの機器が複数のサーバーとして機能する、ということ。
 そんなことをして意味があるのかと言われれば……あるにはあるのだが、実際の運用はなかなかに難しい。


 さて、一言で『サーバーソフト』と言っても、実は多種多様なものがあるということを分かってもらえただろうか。
 決してTwonkyだけがサーバーソフトというわけではないのである。


 しかし、大事なのはここからだ。

 何度も何度も述べてきたが、PCオーディオにおいてもネットワークオーディオにおいても、基本的にタグに基づいてブラウズ/選曲を行う。

 それではサーバーソフトによって何が違うのか。
 サーバーソフトは何を担うのか。



 『どのタグを参照し、どのような階層構造でもって音源/ライブラリを提示するか』

 これこそ、サーバーソフトが担う極めて重要な部分である。




 核心的に重要なことである。絶対に覚えてほしい。

 そして、このサーバーソフトによって異なる『ブラウズ/選曲の際の階層構造』のことを、特に『ナビゲーションツリー』と呼んでいる。(呼び方は色々あるようだが、意味は同じ)

 このタグベースのナビゲーションツリーは、NASに保存している音源のフォルダ構造とは独立している
 例えば、「NASには作曲家→指揮者→アルバムという風に音源フォルダを構築しているのに、コントロールアプリではそのように表示されない!」という話を聞く。
 しかし残念ながら、フォルダの構造をどれだけ頑張って構築したところで、あくまでタグに基づくナビゲーションツリーには反映されないのである。
 一方で、フォルダベースのライブラリを活用する方法もきちんと存在する。大抵のサーバーソフトのナビゲーションツリーには直接フォルダ構造を見ていく――いわゆるフォルダ掘りをするための「フォルダー」という項目が用意されている。こだわりを持ってフォルダベースのライブラリを構築している人はこれを使おう。ただし、ブラウズ/選曲の際にフォルダ掘りをしたところで、ソフトにおける音源の情報は基本的にタグが参照されることに変わりはない。決してタグをおろそかにしていいということにはならない。

 サーバーソフトが変わればナビゲーションツリーも変わる。死ぬほど重要なことである。
 最悪の場合、「何の気なしにNASを買い替えたら、今までの選曲方法がまったく使えなくなってしまった」、こんなことが起こり得る。
 よって、サーバーソフトやナビゲーションツリーの検証や吟味もなしに、「オーディオ用NAS」とかなんとか言って製品をすすめること自体、本来であればあり得ない。無責任の極みである。日本のネットワークオーディオ事情がいつまでたっても好転しない理由は、この辺にあると思うのだが。



 では、今回の記事で登場したサーバーソフトについて、それぞれのナビゲーションツリーの一端を見ていくとしよう。


・Twonky
3

・MediaMonkey Server
4

・Windows Media Player
6

・Asset UPnP
7

・MinimServer
9

・foobar2000 Media Server
8

・JRiver Media Center
5


 こんなに違うのか、と思うかもしれない。
 その通り、こんなに違うのである。


 最後に一応言っておくと、ナビゲーションツリーそのものは別にサーバーソフトに限った話ではなく、PCの再生ソフトにも普通に見られるものである。
 しかし、サーバーとコントロールアプリの使用が前提となるネットワークオーディオでは、とりあえずマウスをカチカチしてフォルダを漁ればどうとでも音源を見つけられるPCのようにはいかない。
 フォルダ掘りも出来るとはいえ、ネットワークオーディオにおけるナビゲーションツリーの重要性はPCオーディオの比ではない。


 サーバーソフトそれぞれの詳細は個別記事にて。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

Bubble DS/UPnP アルバムアート表示について

※この記事は2012年9月11日に書かれたものです ふと思い立ってBubble DSを

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Twonky Serverで高解像度のアルバムアートを配信する方法、あるいは「トンキー病」の直し方

※2016/06/25追記※ Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病 ※

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』

 ChorusDS HDを抜きにしてコントロールアプリを語ることはできない。それどころか、このアプリ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第55回『燃えよドラゴン』

画質:3 音質:4 映像はMPEG-2でビットレートは精々20Mbps。 音声はドルデジ

記事を読む

【BDレビュー】第337回『モンスターズ 新種襲来』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【Roon Server】Antipodes DX Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Antip

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑