*

【音源管理の精髄】 WAVにおける日本語のタグの取り扱い 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/11/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

WAVでリッピングするとタグはどうなる?

WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる?


 WAVでもタグは使える。

 ただし、「タグが使えること」と「タグが機能すること」は別物である。


 今回の記事では以上の事実に追加して、WAVにおける日本語のタグの取り扱いについて検証する。
 WAVに付加した日本語のタグが文字化けを起こしてライブラリがえらいことになった、そんな経験のある人もいるだろう。

 別にWAVに限った話ではないのだが、こういう文脈で登場するのは基本的にWAVなものだから。


 なお、FLACを使えばこんなことをいちいち気にする必要はない
 アルバムアートを含め、FLACのタグはあらゆるソフト/ハードでまず間違いなく機能するからだ。



 平仮名と片仮名と漢字と英数字がごちゃまぜになったアルバムということで、シン・ゴジラのサントラをdBpoweramp CD Ripperでリッピングする。
20161112wav03

 と、その前に。

 今の今まで触れてこなかったことではあるが、dBpowerampには「Advance Options」が用意され、WAVを含む音源に「どのようにタグを付加するか」を事細かに設定できる。
20161112wav02

 WAVのタグ付けで特に注目すべきは「Text Encoding」、すなわち使う文字コード
 「ANSI」と「Unicode-16」の二つが用意されている。
20161112wav01

 この時点で既に検証は始まっている。

 「WAVでもタグは使える」と言っても、そもそもWAVはタグを使うことが想定されていない。そのためにWAVは内的なタグ付けの仕様が不明確であり(音声データの前に付けるとか後ろに付けるとかまぁ色々ある)、「どのようにタグを付加するか」はタグを編集するソフトの側に委ねられている。そして、WAVに付加されたタグを再生ソフト/サーバーソフトがきちんと拾ってくれるとは限らない。これらが「使用するソフトによってはWAVのタグが機能しない」ことの原因となっている。


 というわけで、「ANSI」と「Unicode-16」でそれぞれシン・ゴジラのサントラをリッピングした。
20161112wav04

 ファイル名とタグを見ただけでは、両者に違いがあるようには見えない。(アルバムタイトルのみわかりやすく変えている)
20161112wav05
20161112wav06
20161112wav07


 問題は、この二つの、日本語をタグに含むWAV音源を再生ソフト/サーバーソフトがどのように扱うか、である。

 検証にはトラック15「EM20_Godzilla – 再始動」を用いた。


 まずは再生ソフト。


 最初にiTunes。

 文字コード以前の問題であり、いつものことなので特に言うことはない。
20161112wav14
20161112wav15

 ちなみにiTunesでWAVでリッピングをするというのは……とりあえずおすすめしない、とだけ言っておこう。
 どうしてもiTunesでリッピングしたいのならALACかAIFFをおすすめする。



 次にMediaMonkey。

 ん……?
20161112wav08

 プレイリストの上は「ANSI」、下は「Unicode-16」。
 Unicode-16の音源の表示がおかしい。

 ANSIのプロパティ。
 取りこぼしはあるが致命的な問題はない。
20161112wav09

 Unicode-16のプロパティ。
 明らかにタグが機能していないことがわかる。MediaMonkeyが頑張ってファイル名をタグとして扱っているのだが、シン・ゴジラのサントラが相手では分が悪かった。
20161112wav10
 
 これはMediaMonkeyが悪いのではない。
 WAVなんか使うからこういうことになるのである。
 なおMediaMonkeyでWAVでリッピングし、MediaMonkeyで再生するのならこのような事態にはならないのだが、それはそれで「音源に普遍性がない」ことには変わりない。
20161112wav17



 次にfoobar2000。

 ANSI、Unicode-16ともに問題なし。
20161112wav11
20161112wav12

 とはいえ、WAVのタグが機能することは、非常に危うい調和の上に成り立っているという事実を忘れてはいけない。
20161112wav16



 次にJRiver Media Center。

 ANSI、Unicode-16ともに問題なし。
 この辺はさすがである。
20161112wav13



 続いてサーバーソフト。


 最初はおなじみTwonky Server。バージョンは8.3。
 例によって嫌な予感しかしないが、やる。
 ちなみに今回はフォルダに「Folder.jpg」を仕込んでいるのでWAVの音源でもアルバムアートは出る。

 /(^o^)\
20161112wavipad02
20161112wavipad03
20161112wavipad05

 Twonky ServerでWAVのタグが機能しないことはわかりきっている。
 しかし、シン・ゴジラ特有のアレな曲名のせいで、MediaMonkey同様にソフトの側で「ファイル名のこの文字列はアルバムタイトルで、この文字列はアーティスト名だな」などと気を利かせた結果、とんでもないことになった。

 Twonky Serverのお節介のおかげでアルバムが完全な断裂を起こし、「不明」の中身すら歯抜けするというこの有様。
 いつものようにただ「不明」にぶちこまれていた方がよほどマシという地獄のような状況になってしまった。
20161112wavipad04

 最後の手段のフォルダ掘りですら、何やらおかしなことになっている。
20161112wavipad06
20161112wavipad07

 文字コードがどうとかこうとか、もはやそういう次元ではない。
 DELAやfidataみたくWAVのタグでも読めるように改造されているのならともかく、Twonky ServerでWAVを運用する道は辛く険しい。



 次にAsset UPnP。バージョンは5.1。

 どちらも完璧、さすがである。
20161112wavipad08
20161112wavipad09
20161112wavipad10

 もっとも、dBpowerampもAsset UPnPもIllustrate社の製品なので、整合性が取れて当然といえば当然なのだが。



 次にMinimServer。バージョンは0.8.4 update88。

 で、出たー! 文字化けだーッ!!
20161112wavipad11

 ANSIはこの有様でも、
20161112wavipad12

 Unicode-16は問題なし。
20161112wavipad13

 少なくとも初期状態では、MinimServerはANSIを用いた日本語のタグで文字化けを起こす。
 すなわち、どうしてもMinimServerでWAVを扱いたいと思えば、その時は……



 次にKazoo Server。バージョンは4.6.1078.0。

 …………
20161112wavipad01

 Kazoo Serverは、LINNは、WAVを「音源」として認めていないッッッ!!!



 「WAVはFLACよりも高音質だと言うこと」に問題はない。
 自ら試し、感じたことを表明することには何の問題もない。

 しかし、感性の差とは無関係に、WAVとFLACではタグの扱いが異なるのは明らかな事実であり、それは音源/ライブラリの普遍性・汎用性に決定的な差を生む

 「もしかしたらあるのかもしれない音質差」に意味を見出し、ソフトの相性だの文字化けだの文字コードだの何だのかんだのを気にして使える機器やソフトの選択肢を狭めることになっても構わないのなら、あるいはWAVとFLACの音質差を完璧かつ完全に聴き分けられる立派な耳と素晴らしいシステムを持っているのなら、あるいは単にFLACが嫌いなら、その時はWAVを使えばいい。

 個々人の姿勢である。好きにすればいい。

 「音源管理」の重要性さえ認識してくれるなら、私からとやかく言うことはない。


 私はFLACを使うけどな。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Marantz SR7009

マランツ、同社初のDolby Atmos対応AVアンプ SR7009」。音場補正用マイクとスタンドも

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2 収録音源

 いったいいつになったらこの人たちはタグの付け方を覚えるんですかね……

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】嫌な予感

Dolby Atmos対応BD『トランセンデンス』が12月7日に国内発売 ポニーキャニオン

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Asia / Asia

・アーティスト / アルバムタイトル Asia / Asia ・購入元 e-onkyo

記事を読む

【BDレビュー】 第244回『KICK-ASS 2』 北米盤

 日本じゃまだ公開もしてないのか…… 画質:9 音質:9 映像:AVC 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第85回『NEXT』

画質:11 音質:12 映像はAVCでビットレートはストレス無く推移。 音声はリニアPCMの

記事を読む

Twonky Serverのトンキー病が直ったところで

アイ・オーのオーディオNAS“fidata”「HFAS1」、RAIDモード変更に対応 - Phile

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    検証ありがとうございます。
    wavのタグ付けは、実際はこうなっていたのですね。

    wavのみ配信のハイレゾ音源や、FLACで変換できない32bitのwavのハイレゾ音源があって、しかもそれらにタグが付いてないという前例もあるので、どうせならそれらの音源をwavのまま上手くタグ管理ができないかと思っていたのですが、素直にタグ管理しやすいFLACとALACに変換することにします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑