*

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』


・使用したサーバー機器
PC(Windows 8.1 64bit)
QNAP TS-119(バージョン4.1.4)

・使用したプレーヤー
LUMIN A1

・検証時のバージョン
8.1.2(PC)
8.1.1(QNAP TS-119)


【導入】

・ソフトの入手
PC用はこのページから。
NASに最初から入っている場合は必要ない。

・インストール方法
購入に伴いライセンスキーをもらえるので、それを打ちつつインストール。
特に気を付けることはない。


【設定】

 Twonky Serverの設定はブラウザで行う。

 PCの場合の設定画面への入り方。
 直接プログラムを開くか、デスクトップの右下から。
20150821Twonky Server検証01
20150821Twonky Server検証02
 このページをブックマークに入れてしまおう。


 QNAPの場合の設定画面への入り方。
 ※最初からTwonky Serverが動いているNAS/サーバーであれば、必ず設定画面に入る方法があるはず。
 QNAPの設定画面から。少々古いがこの記事も参照。
20150821Twonky Server検証03
20150821Twonky Server検証04
 このページをブックマークに入れてしまおう。


 ここから先はPCもNASも同じ。

 音源フォルダの指定は「共有」から。
20150821Twonky Server検証05

 再スキャンは「アドバンスト」→「サーバ管理」から。
 何かがおかしくなった時は、かつてあった「データベースの再構築」がバージョン7以降はなくなってしまったので、とりあえず「キャッシュのクリア」「コンテンツフォルダの再スキャン」、そして念のため「サーバを再起動」の三点セット。これで大体なんとかなる。
20150821Twonky Server検証06

 なお、「データベースの再構築」は今でもアドレスバーから行えるようだ。
参照:QNAPのTwonky Serverメンテナンス「データベースの再構築」 – canarinoBLOG


 「再スキャンの間隔」を「-1」に設定すると、音源の更新がすぐに反映されるので便利。
 また、「フォルダによるナビゲーション」はここにチェックを入れておこう。
 詳しくはこの記事で。
20150821Twonky Server検証07

 「セットアップ」ではサーバ名及び言語の変更、ナビゲーションツリーの変更が可能。
20150821Twonky Server検証08

 特にカスタマイズする気がなければ「アドバンストメディアナビゲーション」一択。
20150821Twonky Server検証09

 「ナビゲーションツリービルダ」ではナビゲーションツリーのカスタマイズできるが、アドバンストメディアナビゲーションから項目を減らすことは出来ても増やすことはできない。
20150821Twonky Server検証10

 上記すべての設定について、設定を変えた場合は「変更を保存」を忘れずに。



【運用】

 あとは特に気にせず使える。
 トンキー病が発症したら対処するくらいだ。


 トンキー病に限らず、Twonky Serverはなにかと謎の挙動を示すことが多い。
 そんな時はとにかく、前述のとおり「キャッシュのクリア」・「コンテンツフォルダの再スキャン」・「サーバを再起動」の三点セット。
20150811トンキー病02

 それでも音源の更新(タグの編集)が反映されない、あるいはだぶるような時は、消し切れていない屑キャッシュが内部で何らかの悪さをしている可能性がある。
 そこで、問題の音源を一度削除した状態で上記三点セットを行い、入れ直して再び三点セットを行う。これでだいたいなんとかなる。
 あるいはより強力な方法として、Twonky Serverの共有フォルダに通常の音源フォルダとは無関係のフォルダを指定したうえで三点セットを行い、あらいざらいキャッシュを消し去ってから、音源フォルダを指定し直して三点セットを行うということもできる。



・コントロールアプリから見えているの図
20150821Twonky Server検証11

・実際に音源が配信されて再生されているの図
20150821Twonky Server検証12



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】レスポンス最速のコントロールアプリは?

 ※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです 速さは大事である。 もちろん、ネ

記事を読む

【速報】 B&WからNew 600 series 登場!

New B&W 600 series(公式)  待ってました!  B&W

記事を読む

【UHD BDレビュー】第24回『マグニフィセント・セブン』 【Dolby Atmos】

画質:8 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X!!!

 やっぱりというか案の定というか想像通りというか、CES2015においてDTSからもオブジェクトベー

記事を読む

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況  今までLUMIN Ap

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

aria music serverが日本上陸

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch  海外では「ストレージ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】高音質サーバーという可能性

 高音質サーバー。  は?  サーバーで高音質もクソもあるわけないでしょ?  

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑