*

【ネットワークオーディオTips】Twonky Server 導入・設定・運用編

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』


・使用したサーバー機器
PC(Windows 8.1 64bit)
QNAP TS-119(バージョン4.1.4)

・使用したプレーヤー
LUMIN A1

・検証時のバージョン
8.1.2(PC)
8.1.1(QNAP TS-119)


【導入】

・ソフトの入手
PC用はこのページから。
NASに最初から入っている場合は必要ない。

・インストール方法
購入に伴いライセンスキーをもらえるので、それを打ちつつインストール。
特に気を付けることはない。


【設定】

 Twonky Serverの設定はブラウザで行う。

 PCの場合の設定画面への入り方。
 直接プログラムを開くか、デスクトップの右下から。
20150821Twonky Server検証01
20150821Twonky Server検証02
 このページをブックマークに入れてしまおう。


 QNAPの場合の設定画面への入り方。
 ※最初からTwonky Serverが動いているNAS/サーバーであれば、必ず設定画面に入る方法があるはず。
 QNAPの設定画面から。少々古いがこの記事も参照。
20150821Twonky Server検証03
20150821Twonky Server検証04
 このページをブックマークに入れてしまおう。


 ここから先はPCもNASも同じ。

 音源フォルダの指定は「共有」から。
20150821Twonky Server検証05

 再スキャンは「アドバンスト」→「サーバ管理」から。
 何かがおかしくなった時は、かつてあった「データベースの再構築」がバージョン7以降はなくなってしまったので、とりあえず「キャッシュのクリア」「コンテンツフォルダの再スキャン」、そして念のため「サーバを再起動」の三点セット。これで大体なんとかなる。
20150821Twonky Server検証06

 なお、「データベースの再構築」は今でもアドレスバーから行えるようだ。
参照:QNAPのTwonky Serverメンテナンス「データベースの再構築」 – canarinoBLOG


 「再スキャンの間隔」を「-1」に設定すると、音源の更新がすぐに反映されるので便利。
 また、「フォルダによるナビゲーション」はここにチェックを入れておこう。
 詳しくはこの記事で。
20150821Twonky Server検証07

 「セットアップ」ではサーバ名及び言語の変更、ナビゲーションツリーの変更が可能。
20150821Twonky Server検証08

 特にカスタマイズする気がなければ「アドバンストメディアナビゲーション」一択。
20150821Twonky Server検証09

 「ナビゲーションツリービルダ」ではナビゲーションツリーのカスタマイズできるが、アドバンストメディアナビゲーションから項目を減らすことは出来ても増やすことはできない。
20150821Twonky Server検証10

 上記すべての設定について、設定を変えた場合は「変更を保存」を忘れずに。



【運用】

 あとは特に気にせず使える。
 トンキー病が発症したら対処するくらいだ。


 トンキー病に限らず、Twonky Serverはなにかと謎の挙動を示すことが多い。
 そんな時はとにかく、前述のとおり「キャッシュのクリア」・「コンテンツフォルダの再スキャン」・「サーバを再起動」の三点セット。
20150811トンキー病02

 それでも音源の更新(タグの編集)が反映されない、あるいはだぶるような時は、消し切れていない屑キャッシュが内部で何らかの悪さをしている可能性がある。
 そこで、問題の音源を一度削除した状態で上記三点セットを行い、入れ直して再び三点セットを行う。これでだいたいなんとかなる。
 あるいはより強力な方法として、Twonky Serverの共有フォルダに通常の音源フォルダとは無関係のフォルダを指定したうえで三点セットを行い、あらいざらいキャッシュを消し去ってから、音源フォルダを指定し直して三点セットを行うということもできる。



・コントロールアプリから見えているの図
20150821Twonky Server検証11

・実際に音源が配信されて再生されているの図
20150821Twonky Server検証12



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。  foobar200

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第3回『007 カジノ・ロワイアル』

怒涛の勢いで第三回。休日の有効利用ってやつです。 さて今回は、皆さんご存知新たなスタートを切っ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / The Yes Album

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / The Yes Album ・購入元 H

記事を読む

【ネットワークオーディオ】foobar2000 UPnP ServerでDSDを配信したかった

 今のところ、私が限られた時間と機材と投資額の中で実際に確認した、「DSDを配信可能なサーバーソフト

記事を読む

【レビュー】EPSON EH-LS10000でリファレンスBD+αを見る

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた EPS

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑