*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは簡単ではない。

 しかし、決して理解不能な代物でもない

 ネットワークオーディオが兎角「難しそう」というイメージを持たれている理由の一つに、「全体像の欠如」があるように思う。
 構築しようとしているシステムの全体像をイメージする前に、NASは何がいいとか、どのプレーヤーが音がいいとか、そういった各論に終始してしまうのはよろしくない。
 NAS、単体プレーヤー、スマホにタブレット……機器そのものにばかり意識を向けるのではなく、それぞれが果たす「機能」あるいは「役割」を理解すれば、ネットワークオーディオ全体に対する理解は大きく深まる。
 そしてそれらを理解することで、実際の機器に求めるものも見えてくる。

 そこで、ネットワークオーディオの全体像を掴んでもらうべく、

『サーバー』
『プレーヤー』
『コントロール』


 という三要素を提示したい。

 ネットワークオーディオを説明するための、特定のソフト・機器・システム・プラットフォームに限定されない普遍的な方法。
 この三要素は、私自身でそれを考えて考えて考え続けた結果辿り着いたものだ。

 ちなみにアイデアの出発点はDLNAにおけるデバイスクラスである。



『サーバー』とは何か。

 音源を保存し、ライブラリとして提示し、プレーヤーに配信するもの。
 あくまで機能であり、役割。
 配信という言葉が問題になる場合は、もっと単純に「音源の在り処」と考えればいい。
 なお、音源の保存場所(ストレージ)は必ずしもサーバー機器本体とは限らない。サーバー機器それ自体にストレージが搭載されていなくても、USBドライブやNASを接続して使うことができる。
 そしてサーバーの置き場所は、ローカルでも、クラウドでも構わない。

 内的にサーバーソフトが動く機器(NASやPCなど)がサーバーとなる。ライブラリ統合型の再生ソフトのライブラリ機能は実質的にサーバーソフトと同等である。
 サーバーソフトが音源を取り込んで共有することで、コントロールアプリからの音源の閲覧やプレーヤーへの配信が可能になる。コントロールアプリに表示される音源の情報は、基本的にサーバー側から提供されたもの。

 サーバーソフトは取り込んだ音源ファイルについて、タグやファイル名に基づいてデータベース化を行い、視覚的なライブラリとして機能させる。ユーザー自身による「音源管理とライブラリの構築」は、まさにここで生きた形を得る。
 データベース化の際にどのタグを参照し、どのように音源/ライブラリを提示するかは使用するサーバーソフトに依存する。この『ブラウズ/選曲の際の階層構造』のことを、特に『ナビゲーションツリー』と呼んでいる。ナビゲーションツリーはサーバーソフトの使い勝手に直結する非常に大切な要素である。
 もちろん、サーバーソフトの側でタグに基づくデータベース化を行わず、音源フォルダの構造そのままに提示することもできる。この場合、サーバーソフトが提供するナビゲーションツリーの中に「フォルダ」的な名称で用意されていることが多い。



『プレーヤー』とは何か。

 サーバーから配信された音源/データを処理・再生するもの。
 たいていの単体ネットワークオーディオプレーヤーはコントロール機能を持つ(機器自体でも操作可能)が、その有無は問題ではない。
 つまり、再生(スタート)とかスキップとか停止といったコントロールとは別の、音源の再生機能そのものを指す。DACの有無は関係なく、あくまで「データ処理としての再生」を担うものがプレーヤーである。
 プレーヤーもまた「機能」あるいは「役割」と言える。よって単体プレーヤーだけでなく、PCの再生ソフトもプレーヤーになり得る。

 レンダラーやらストリーマーやらミュージックサーバーやらネットワークブリッジやら、機器によって色々な呼ばれ方をされるが、「音源の再生機能」を持つ以上、これらはみな「プレーヤー」である。
 なお、プレーヤーからの音声出力はアナログかデジタルかを問わない。デジタル出力を行う機器はオーディオの伝統に則れば「トランスポート」と呼ばれるが、機能としては紛れもなく「プレーヤー」である。



『コントロール』とは何か。

 サーバーが提供する音源/ライブラリの情報を参照し、曲を選び、プレイリストを作り、再生する・停止する・スキップする・シークするといった、実際に音楽を再生する際の操作、あるいは音楽再生という行為そのもの。また、そのためのインターフェースも含む。
 コントロールもまた、機器そのものではなく「機能」あるいは「役割」と言える。
 スマホやタブレットはコントロールアプリを入れることで、『コントロール』の役目を担うことが出来る。すなわち『コントローラー』とは、「コントロールアプリをインストールした端末」のことである。
 サーバーを広義の音源、プレーヤーを広義の再生機器と捉えれば、ネットワークを活用したコントロールこそ他の方法論と決定的に異なる要素であり、ネットワークオーディオの本質だと言っていい。

 一応言っておくと、アプリにおいて「プレーヤー」と「コントロール」の混同がよく見られるので、その辺は要注意。
 例えばLinn Kazooはあくまでコントロールアプリであって、プレーヤーアプリでない



 普遍を目指して考え出したこの「サーバー・プレーヤー・コントロール」モデルは、従来のUPnP/DLNAベースのシステムだけでなく、PCの再生ソフトを使う場合や、オールインワンのミュージックサーバー、そしてRoonにだって適用できる。
 ネットワークオーディオを全体として理解するために、覚えておいて損はない。


 『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』の関係を端的な図に示すとこうなる。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%80%8020161014%e6%9b%b4%e6%96%b0

 これらがネットワークオーディオの三要素と、それぞれの役割である。



 例えば単体サーバーと単体ネットワークオーディオプレーヤーを使う最も基本的なシステムの場合、実際に各要素を担う機器はネットワーク――LANで接続されている。
 基本的にサーバーとプレーヤーはLANケーブルで、コントロール端末は無線で繋ぐ。
 無線LANルーターとの接続関係を上の図に入れ込むとこうなる。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e7%84%a1%e7%b7%9alan%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc


 ミュージックサーバー、プレーヤーに直結できるLANポートを持つサーバー、あるいはPCを使うシステムの場合など、さらに詳しくはこの記事を参照。
 


 ネットワークオーディオとは『音楽再生におけるコントロールの方法論』である。
 ネットワーク越しに再生機器からコントロールが独立し、それにより実現される快適な音楽再生こそ、ネットワークオーディオの本懐に他ならない。


 大切なのは快適に音楽が聴けること。

 それに尽きる。



全体の流れ――音源の管理運用からシステムの構築まで


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

【BDレビュー】第334回『アイアン・ジャイアント』 北米盤

 時々、自らのコレクションに迎え入れられることを誇りに思う作品が存在する。  『アイアン・

記事を読む

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールしたので設定パネルを開きたいのだ

記事を読む

【レビュー】Panasonic DMP-UB90

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った  4Kディスプレイもない

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第176回『ツイスター』

「ツイスター」といえば、この映画かサガフロのスカイツイスター 90年代のこの手の映画は「いよいよ本

記事を読む

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

 いわゆるPCオーディオでも、いわゆるネットワークオーディオでも、両者の根幹には共通して、デジタル・

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオは、映像メディア用の音声規格

記事を読む

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか

 今まで、何かしら試聴機が届くたびに、ラックの一番上のセンタースピーカーをどかしてスペースを作ってき

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑