*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 「はじめに」でも言っているように、ネットワークオーディオは簡単ではない。

 しかし、決して理解不能な代物でもない

 ネットワークオーディオが兎角「難しそう」というイメージを持たれている理由の一つに、「全体像の欠如」があるように思う。
 構築しようとしているシステムの全体像をイメージする前に、NASは何がいいとか、どのプレーヤーが音がいいとか、そういった各論に終始してしまうのはよろしくない。
 NAS、単体プレーヤー、スマホにタブレット……機器そのものにばかり意識を向けるのではなく、それぞれが果たす「機能」あるいは「役割」を理解すれば、ネットワークオーディオ全体に対する理解は大きく深まる。
 そしてそれらを理解することで、実際の機器に求めるものも見えてくる。

 そこで、ネットワークオーディオの全体像を掴んでもらうべく、

『サーバー』
『プレーヤー』
『コントロール』


 という三要素を提示したい。

 ネットワークオーディオを説明するための、特定のソフト・機器・システム・プラットフォームに限定されない普遍的な方法。
 この三要素は、私自身でそれを考えて考えて考え続けた結果辿り着いたものだ。

 ちなみにアイデアの出発点はDLNAにおけるデバイスクラスである。



『サーバー』とは何か。

 音源を保存し、ライブラリとして提示し、プレーヤーに配信するもの。
 あくまで機能であり、役割。
 配信という言葉が問題になる場合は、もっと単純に「音源の在り処」と考えればいい。
 なお、音源の保存場所(ストレージ)は必ずしもサーバー機器本体とは限らない。サーバー機器それ自体にストレージが搭載されていなくても、USBドライブやNASを接続して使うことができる。
 そしてサーバーの置き場所は、ローカルでも、クラウドでも構わない。

 内的にサーバーソフトが動く機器(NASやPCなど)がサーバーとなる。ライブラリ統合型の再生ソフトのライブラリ機能は実質的にサーバーソフトと同等である。
 サーバーソフトが音源を取り込んで共有することで、コントロールアプリからの音源の閲覧やプレーヤーへの配信が可能になる。コントロールアプリに表示される音源の情報は、基本的にサーバー側から提供されたもの。

 サーバーソフトは取り込んだ音源ファイルについて、タグやファイル名に基づいてデータベース化を行い、視覚的なライブラリとして機能させる。ユーザー自身による「音源管理とライブラリの構築」は、まさにここで生きた形を得る。
 データベース化の際にどのタグを参照し、どのように音源/ライブラリを提示するかは使用するサーバーソフトに依存する。この『ブラウズ/選曲の際の階層構造』のことを、特に『ナビゲーションツリー』と呼んでいる。ナビゲーションツリーはサーバーソフトの使い勝手に直結する非常に大切な要素である。
 もちろん、サーバーソフトの側でタグに基づくデータベース化を行わず、音源フォルダの構造そのままに提示することもできる。この場合、サーバーソフトが提供するナビゲーションツリーの中に「フォルダ」的な名称で用意されていることが多い。



『プレーヤー』とは何か。

 サーバーから配信された音源/データを処理・再生するもの。
 たいていの単体ネットワークオーディオプレーヤーはコントロール機能を持つ(機器自体でも操作可能)が、その有無は問題ではない。
 つまり、再生(スタート)とかスキップとか停止といったコントロールとは別の、音源の再生機能そのものを指す。DACの有無は関係なく、あくまで「データ処理としての再生」を担うものがプレーヤーである。
 プレーヤーもまた「機能」あるいは「役割」と言える。よって単体プレーヤーだけでなく、PCの再生ソフトもプレーヤーになり得る。

 レンダラーやらストリーマーやらミュージックサーバーやらネットワークブリッジやら、機器によって色々な呼ばれ方をされるが、「音源の再生機能」を持つ以上、これらはみな「プレーヤー」である。
 なお、プレーヤーからの音声出力はアナログかデジタルかを問わない。デジタル出力を行う機器はオーディオの伝統に則れば「トランスポート」と呼ばれるが、機能としては紛れもなく「プレーヤー」である。



『コントロール』とは何か。

 サーバーが提供する音源/ライブラリの情報を参照し、曲を選び、プレイリストを作り、再生する・停止する・スキップする・シークするといった、実際に音楽を再生する際の操作、あるいは音楽再生という行為そのもの。また、そのためのインターフェースも含む。
 コントロールもまた、機器そのものではなく「機能」あるいは「役割」と言える。
 スマホやタブレットはコントロールアプリを入れることで、『コントロール』の役目を担うことが出来る。すなわち『コントローラー』とは、「コントロールアプリをインストールした端末」のことである。
 サーバーを広義の音源、プレーヤーを広義の再生機器と捉えれば、ネットワークを活用したコントロールこそ他の方法論と決定的に異なる要素であり、ネットワークオーディオの本質だと言っていい。

 一応言っておくと、アプリにおいて「プレーヤー」と「コントロール」の混同がよく見られるので、その辺は要注意。
 例えばLinn Kazooはあくまでコントロールアプリであって、プレーヤーアプリでない



 普遍を目指して考え出したこの「サーバー・プレーヤー・コントロール」モデルは、従来のUPnP/DLNAベースのシステムだけでなく、PCの再生ソフトを使う場合や、オールインワンのミュージックサーバー、そしてRoonにだって適用できる。
 ネットワークオーディオを全体として理解するために、覚えておいて損はない。


 『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』の関係を端的な図に示すとこうなる。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%80%8020161014%e6%9b%b4%e6%96%b0

 これらがネットワークオーディオの三要素と、それぞれの役割である。



 例えば単体サーバーと単体ネットワークオーディオプレーヤーを使う最も基本的なシステムの場合、実際に各要素を担う機器はネットワーク――LANで接続されている。
 基本的にサーバーとプレーヤーはLANケーブルで、コントロール端末は無線で繋ぐ。
 無線LANルーターとの接続関係を上の図に入れ込むとこうなる。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e7%84%a1%e7%b7%9alan%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc


 ミュージックサーバー、プレーヤーに直結できるLANポートを持つサーバー、あるいはPCを使うシステムの場合など、さらに詳しくはこの記事を参照。
 


 ネットワークオーディオとは『音楽再生におけるコントロールの方法論』である。
 ネットワーク越しに再生機器からコントロールが独立し、それにより実現される快適な音楽再生こそ、ネットワークオーディオの本懐に他ならない。


 大切なのは快適に音楽が聴けること。

 それに尽きる。



全体の流れ――音源の管理運用からシステムの構築まで


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第54回『ディープ・ブルー』

画質:1 音質:2 映像はMPEG-2でビットレートは不定。 音声はDTS。ロッシーの。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第150回『ブレイブハート』

画質:12 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  上の記事ではいささかプロジェクターの将来に

記事を読む

LUMIN L1 ハード編

 デザイン、“モノ”としてのクオリティはオーディオ機器の重要な要素である。  NAS/サーバーも“

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第172回『トレマーズ』

“いきもの”、エイリアン、プレデターに並ぶ偉大なモンスター、グラボイズ!!!!!!!!!!

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑