*

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 タグ。
 PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られることの多い単語。
 Webにしろ雑誌にしろ、色々なメディアで色々な形で目にする単語ではある。
 最近発売されたとある雑誌において、タグは要約すると以下のように説明されている。

・データを管理するために設定する曲名・アルバム名・アーティスト名・ジャンルなどの基本的なキーワード

 なるほど。
 ん? 曲名? と思った人は鋭い。その辺はいずれ。

 では、具体的に、タグはどこで見れるのか?
 いったい何がタグなのか?

 ……これこそ、「タグとは何か?」を説明し、理解するうえで、一番の足枷になっているように思われる。
 各所で説明されている通り、タグとはあくまで音源に“内的に”付与されたデータ(それゆえにメタデータとも)であり、意識しなければそもそも目に入らない。あるいは、仮にタグを目にしていたとしても、それがタグなのだと認識できない。
 と、いうわけで、この記事において、「これがタグである」ということを目に叩き込んでもらいたい。
 そうすることにより、間違いなく、世界が開ける。

 あらかじめ言っておこう。

 
 タグを制する者は音源管理を制する。


 これが、今までネットワークオーディオと取っ組み合ってきた私の結論である。
 絶対に避けては通れない、最も大切な要素であると言っていい。


 前置きが長くなった。

 以下、これが『タグ』である。


 ChorusDS 再生中の音源情報画面より
chorusds

 ChorusDS 通常画面より
s_App再生画面 001

 MediaMonkey 操作画面より
WS000003

 MediaMonkey 音源のプロパティより
WS000002


 以上、赤の矢印や四角で示したものは、すべてタグである。


 次に、「タグではないもの」を示す。


WS000004

WS000005

WS000006

WS000007


 以上4枚の画像、よく見る音源フォルダの中に、タグはひとつも表示されていない。


 整理しよう。

・再生ソフトやコントロールアプリに表示される情報のほとんどがタグである
・「曲名」すらタグである
・タグと「ファイル名」は基本的にまったくの別物である
・アルバムアートもタグの一種として音源に登録されている

 つまるところ、タグとは何か。
 「音源に“内的に”付加された情報の総体」である。

 ……こうして言葉にして、言葉だけを見ると結局何なんだ、となるかもしれないが、実際に「何がタグで、何がタグでないか」を見てもらったので、理解してもらえると思う。


 では、

・タグが何も登録されていなかったら?
・タグが滅茶苦茶だったら?

 ということについて、また次回見ていくことにしよう。



 最後に、大事なことなのでもう一度。



 タグを制する者は音源管理を制する。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【BDレビュー】第281回『All You Need Is Kill』

画質:9 音質:10→14 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AV

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

LINN - SOFTWARE Available for Windows and Mac ope

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑