*

【音源管理の精髄】 『タグ』とは何か? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2013/12/15 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 タグ。
 PCオーディオとネットワークオーディオの両方、特にネットワークオーディオの文脈で語られることの多い単語。
 Webにしろ雑誌にしろ、色々なメディアで色々な形で目にする単語ではある。
 最近発売されたとある雑誌において、タグは要約すると以下のように説明されている。

・データを管理するために設定する曲名・アルバム名・アーティスト名・ジャンルなどの基本的なキーワード

 なるほど。
 ん? 曲名? と思った人は鋭い。その辺はいずれ。

 では、具体的に、タグはどこで見れるのか?
 いったい何がタグなのか?

 ……これこそ、「タグとは何か?」を説明し、理解するうえで、一番の足枷になっているように思われる。
 各所で説明されている通り、タグとはあくまで音源に“内的に”付与されたデータ(それゆえにメタデータとも)であり、意識しなければそもそも目に入らない。あるいは、仮にタグを目にしていたとしても、それがタグなのだと認識できない。
 と、いうわけで、この記事において、「これがタグである」ということを目に叩き込んでもらいたい。
 そうすることにより、間違いなく、世界が開ける。

 あらかじめ言っておこう。

 
 タグを制する者は音源管理を制する。


 これが、今までネットワークオーディオと取っ組み合ってきた私の結論である。
 絶対に避けては通れない、最も大切な要素であると言っていい。


 前置きが長くなった。

 以下、これが『タグ』である。


 ChorusDS 再生中の音源情報画面より
chorusds

 ChorusDS 通常画面より
s_App再生画面 001

 MediaMonkey 操作画面より
WS000003

 MediaMonkey 音源のプロパティより
WS000002


 以上、赤の矢印や四角で示したものは、すべてタグである。


 次に、「タグではないもの」を示す。


WS000004

WS000005

WS000006

WS000007


 以上4枚の画像、よく見る音源フォルダの中に、タグはひとつも表示されていない。


 整理しよう。

・再生ソフトやコントロールアプリに表示される情報のほとんどがタグである
・「曲名」すらタグである
・タグと「ファイル名」は基本的にまったくの別物である
・アルバムアートもタグの一種として音源に登録されている

 つまるところ、タグとは何か。
 「音源に“内的に”付加された情報の総体」である。

 ……こうして言葉にして、言葉だけを見ると結局何なんだ、となるかもしれないが、実際に「何がタグで、何がタグでないか」を見てもらったので、理解してもらえると思う。


 では、

・タグが何も登録されていなかったら?
・タグが滅茶苦茶だったら?

 ということについて、また次回見ていくことにしよう。



 最後に、大事なことなのでもう一度。



 タグを制する者は音源管理を制する。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第108回『ウォンテッド』

まんま映像的に豪華になったシューテムアップ。 監督つながりで“ロシア人”も登場。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。 ○再生/比較環境 LUMIN A1 LUMIN L1(HDD

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

→もっと見る

PAGE TOP ↑