*

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/08/08 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめたものであって、詳細な技術解説をするものではない。
 「こんなもんだ」程度に捉えてもらえるとありがたい。

UPnPとは?
 UPnPとは、Universal Plug and Playの頭文字をとったもので、機器を接続しただけでコンピュータネットワークに参加することを可能にするプロトコルである。
 ……いまいち要領を得ないが、技術的意味合いの強い単語である。
 あまり国産の機器で目にすることはない。

DLNAとは?
 DLNAとは、Digital Living Network Allianceの頭文字をとったもので、家電、モバイル、およびパーソナルコンピュータ産業における異メーカー間の機器の相互接続を容易にするために結成された業界団体であり、そこで作られたガイドラインである。
 あくまでガイドラインであり、規格というわけではない
 国産の機器で多く目にするのはこっち。
 要は、DLNA対応・準拠・互換の機器同士であれば、同一ネットワークに接続した際にアレコレと設定する必要なく勝手に繋がって使えるようになる、というもの。
 前述のとおり、DLNAは厳密には規格ではないのだが、ま、規格みたいなもんだと思って差し支えあるまい。あるいはもっと広く、ネットワーク対応機器の「プラットフォーム」だと捉えればわかりやすいかもしれない。

UPnPとDLNAの関係
 個人的な理解で恐縮だが、DLNAは「UPnPの中でも特にAVに関する部分をベースにした(UPnPをプロトコルに用いた)、主にデジタル家電の相互接続を容易にするためのガイドライン」という風に捉えればいい。
 基本的にUPnP≒DLNAという認識で問題ないと思われる。様々な機器における「UPnP対応」は「DLNA対応」とほぼ同義に扱われる。

 とはいえ、両者は完全に同じものというわけではない。あくまでもUPnPはDLNAの技術的なベースになっているもの、という関係である。

 たとえば、LINN DSは製品説明においてUPnPという単語しか登場しない。一方で、国産のネットワークオーディオプレーヤーは大抵がDLNA対応という文句を使っている。
 知っての通り、LINN DSの方が遥かに優れたユーザビリティを実現しているのだが、これはLINNがUPnPを独自に拡張して、様々な機能を実装しているからだ。
(なお、このUPnPの独自拡張の部分は後に「OpenHome」という新たなプラットフォームとして独立している)

 「様々な機能拡張の可能性があるUPnP」と、「とりあえずガイドラインの通りに作ればきちんと機能するがそれゆえに制限のあるDLNA」、というイメージ。
 しかし現実的に、UPnPの独自拡張を目指す動きはOpenHomeとして収束・独立した感があり、今となっては事実上UPnP=DLNAという状況になっている。
 

 さいわい、ユーザーは特にUPnPだのDLNAだのを気にする必要はない。
 今どきのNASはたいていの場合DLNA対応のサーバーソフトが入っているし、オーディオ市場で売られているネットワークオーディオプレーヤーはまず間違いなくDLNA対応だし、それらのコントロールアプリも最初からUPnP/DLNAを前提に作られているため、結線さえ問題なければ「繋がらない!!」という事態はまず起こらない。

 ただ、特にDLNAの内容を理解することは、ネットワークオーディオの仕組みを理解するうえで非常に有用である。
 「サーバー」・「コントロール」・「プレーヤー」という三つのキーワードが実にわかりやすい形で説明されているからだ。

 長くなってしまったので、続きは次回。


次回:DLNAにおけるデバイスクラスについて



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第154回『HALO LEGENDS』

画質:8 音質:6 映像はVC-1、音声はドルビーデジタルのみ 画質について。 フ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第226回『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』

このスタッフが後に真ゲッターを作り、マジンカイザーを作り、鴉-KARAS-を作ると思うと感動もひとし

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】芸能山城組 / 交響組曲 AKIRA

AKIRAのハイレゾ ・アーティスト / アルバムタイトル 芸能山城組 / 交響組曲

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

【BDレビュー】第322回『ブラック・スキャンダル』

画質:7 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑