*

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/08/08 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめたものであって、詳細な技術解説をするものではない。
 「こんなもんだ」程度に捉えてもらえるとありがたい。

UPnPとは?
 UPnPとは、Universal Plug and Playの頭文字をとったもので、機器を接続しただけでコンピュータネットワークに参加することを可能にするプロトコルである。
 ……いまいち要領を得ないが、技術的意味合いの強い単語である。
 あまり国産の機器で目にすることはない。

DLNAとは?
 DLNAとは、Digital Living Network Allianceの頭文字をとったもので、家電、モバイル、およびパーソナルコンピュータ産業における異メーカー間の機器の相互接続を容易にするために結成された業界団体であり、そこで作られたガイドラインである。
 あくまでガイドラインであり、規格というわけではない
 国産の機器で多く目にするのはこっち。
 要は、DLNA対応・準拠・互換の機器同士であれば、同一ネットワークに接続した際にアレコレと設定する必要なく勝手に繋がって使えるようになる、というもの。
 前述のとおり、DLNAは厳密には規格ではないのだが、ま、規格みたいなもんだと思って差し支えあるまい。あるいはもっと広く、ネットワーク対応機器の「プラットフォーム」だと捉えればわかりやすいかもしれない。

UPnPとDLNAの関係
 個人的な理解で恐縮だが、DLNAは「UPnPの中でも特にAVに関する部分をベースにした(UPnPをプロトコルに用いた)、主にデジタル家電の相互接続を容易にするためのガイドライン」という風に捉えればいい。
 基本的にUPnP≒DLNAという認識で問題ないと思われる。様々な機器における「UPnP対応」は「DLNA対応」とほぼ同義に扱われる。

 とはいえ、両者は完全に同じものというわけではない。あくまでもUPnPはDLNAの技術的なベースになっているもの、という関係である。

 たとえば、LINN DSは製品説明においてUPnPという単語しか登場しない。一方で、国産のネットワークオーディオプレーヤーは大抵がDLNA対応という文句を使っている。
 知っての通り、LINN DSの方が遥かに優れたユーザビリティを実現しているのだが、これはLINNがUPnPを独自に拡張して、様々な機能を実装しているからだ。
(なお、このUPnPの独自拡張の部分は後に「OpenHome」という新たなプラットフォームとして独立している)

 「様々な機能拡張の可能性があるUPnP」と、「とりあえずガイドラインの通りに作ればきちんと機能するがそれゆえに制限のあるDLNA」、というイメージ。
 しかし現実的に、UPnPの独自拡張を目指す動きはOpenHomeとして収束・独立した感があり、今となっては事実上UPnP=DLNAという状況になっている。
 

 さいわい、ユーザーは特にUPnPだのDLNAだのを気にする必要はない。
 今どきのNASはたいていの場合DLNA対応のサーバーソフトが入っているし、オーディオ市場で売られているネットワークオーディオプレーヤーはまず間違いなくDLNA対応だし、それらのコントロールアプリも最初からUPnP/DLNAを前提に作られているため、結線さえ問題なければ「繋がらない!!」という事態はまず起こらない。

 ただ、特にDLNAの内容を理解することは、ネットワークオーディオの仕組みを理解するうえで非常に有用である。
 「サーバー」・「コントロール」・「プレーヤー」という三つのキーワードが実にわかりやすい形で説明されているからだ。

 長くなってしまったので、続きは次回。


次回:DLNAにおけるデバイスクラスについて



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos導入記】ヘラクレス堕つ

ドルビーアトモス第2弾 ! 『ヘラクレス』 (3D/2D Blu-Ray with Dolby At

記事を読む

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないこと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第196回『デスペラード』

画質:7 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

【祝】『スターシップ・トゥルーパーズ』がUHD BD化

凶悪4Kバグ襲来 『スターシップ・トゥルーパーズ』 (4K UHD B

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑