*

【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない

公開日: : 最終更新日:2016/10/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 この記事で言う「単体プレーヤー」とは、「オーディオ機器として売られているネットワークオーディオプレーヤー」を指す。


 さて、ネットワークオーディオの本質はコントロールである。
 プレーヤー、すなわち再生機器に何を使うかは大きな問題ではない。
 さらに言えば、仮に単体プレーヤーを使っていても、本当の意味でネットワークオーディオを実践しているとは限らない。プレーヤーが高価なオーディオ機器であることは、ネットワークオーディオを実践することと何の関係もない。

ネットワークオーディオの本質


 ただし、感覚的に最も分かりやすいネットワークオーディオのシステムが、単体プレーヤーを含む機器の組み合わせであることも確かである。

 あらためて整理しよう。
 これがネットワークオーディオの三要素とそれぞれの役割。
%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%81%ae%e4%b8%89%e8%a6%81%e7%b4%a0%e3%80%8020161014%e6%9b%b4%e6%96%b0

 単体プレーヤーを使うということは、要するに「一つの要素に一つの機器を割り当てる」ということ。
 「サーバー」には「NASまたはPC」。最近では純オーディオ用の製品も増えた。
 「プレーヤー」には「単体プレーヤー=オーディオ機器」。
 「コントロール」には「スマホ/タブレット&アプリ」。
 そしてそれぞれの機器はネットワーク――LANで接続する。
 多くの場合システムの背後にはUPnP/DLNAの仕組みがあり、機器は難なく繋がる。
 ちなみに、DELAをはじめとする「サーバー一体型プレーヤー」もまた存在する。

DLNAにおけるデバイスクラスについて

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

 黎明期から今に到るまで、ネットワークオーディオと言えばDLNA/UPnP、そして「オーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーを使うシステムがネットワークオーディオである」というイメージが支配的だった。

 しかし、そんなことはない

 ネットワークオーディオの本質はコントロールである。
 ネットワーク越しに、空間的に独立した端末から音楽再生のコントロールを行うシステム。これこそがネットワークオーディオのシステムである。

 椅子に背を預けたまま、手元の端末を使って曲を選び、再生する。
 音楽が流れ出す。堪能する。
 これぞネットワークオーディオの実践である。
 この時、「再生機器に何を使っているか」が意識されることはない。
 意識されるのはあくまで実際に触れているアプリであって、プレーヤーではない。
 再生機器が単体プレーヤーだろうが、PCと再生ソフトの組み合わせだろうが、ネットワークオーディオを実践していることに変わりはないのだ。


 PCと再生ソフト。ついでにUSB DAC。
 これらはいわゆるPCオーディオとして一括りにされるが、昨今の再生ソフトには、大抵UPnP/DLNAに依存しない専用のコントロールアプリが用意されている。
 そのおかげで、再生機器にPCを使うからと言って、もはやモニタにかじりついてマウスをカチカチする必要などない。
 すなわち、PCと再生ソフトの組み合わせを再生機器として使いつつ、ネットワークオーディオを実践することは可能なのである。

PCオーディオはもっと自由になれる

全体の流れ――音源の管理運用からシステムの構築まで

 「単体ネットワークオーディオプレーヤーを使うからこそ快適な音楽再生が可能になる」なんて幻想はそろそろ役目を終えてもいい。
 ユーザビリティの完成度はあくまで個別の機器・ソフト・アプリの出来次第である。例えばUPnP/DLNAの仕組みを用いることは高品位なユーザビリティを実現するための手段の一つであって、それ自体が目的ではない。


 PCを再生機器に用いるシステムは、『サーバー』と『プレーヤー』の二つを『再生ソフト』が担うと考えればいい。

pc%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%aa

 自分自身に音源を取り込んでいる、ライブラリ統合型の再生ソフトならではのシステムである。「配信」という単語を厳密に捉えると少々アレだが、音源が保存場所とプレーヤー間でやり取りされているという意味では同じ。
 そして何より、「コントロールが空間的に独立している」という点において、このシステムはネットワークオーディオに他ならない。存分にその恩恵を享受することができる。
 さらに詳しくはこの記事を参照。

 居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで得られる、音楽再生における筆舌に尽くしがたい快適さ

 ネットワークオーディオが実現する真のメリットとは、再生機器に何を使うかに依存するものではないのだ。


 念のため言っておくと、単体プレーヤーの価値を否定しているわけではない。
 オーディオ機器としての完成度の高さは揺るぎない強みであり、また「PCそのもの」という音質上のボトルネックが存在しないため、何より音にこだわるオーディオファンにとってはベストの選択だろう。
 それに、ユーザビリティの究極的な完成度においても未だ一日の長がある。

 もちろん、PCと再生ソフトの組み合わせを使ってもいい。
 出来のいいコントロールアプリには不自由しないし、JPLAYStreamerなんかを使えばさらに可能性が広がる。例えばJRiver&JRemoteを使うかJPLAYStreamer&BubbleUPnPを使うかという幸せな悩みが待っている。foobar2000&MonkeyMote 4 foobar2000だって負けていない。
 USB DACの製品層の分厚さも間違いなく大きな魅力と言える。

 もちろん、MPDやそれに類するプレーヤーを使うのもいい。
 これはPCオーディオかネットワークオーディオか、なんてことを気にする必要もない。

 自分にとって一番音が良く、一番使いやすいものを選べばいい。
 それが単体プレーヤーだったという可能性もあるし、PCの再生ソフトとUSB DACという可能性もある。
 姿形に多少の違いはあれど、行き着くところは同じ。


 音楽大好き!

 もっと快適に音楽を聴きたい!



 この夢を叶えるためにこそ、ネットワークオーディオはある。



『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Dynaudio Audience52

 Audienceシリーズがディスコンになって結構な時間が経った時、あるショップで奇跡的に残っていた

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS PC Audio NH100

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. […] た端末から音楽再生のコントロールを行うシステム。 [紹介元] 【ネットワークオーディオTips】ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要ではない | 言の葉の穴 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑