*

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えない」なんて言説がまかり通っている以上、この手の情報が多いに越したことはあるまい。


 大切なのは「WAVかFLACかではなくきちんとタグを整備するか否か」であり、そして「WAVとFLACはタグを保持したまま相互に変換可能」ということは既に示した。
 ちなみにこれらの記事でFLACが登場しているのは、単に「WAVとFLACではWAVの方が高音質」という不毛な議論によく付き合わされているからであって、特にFLACである必要はない。別にALACでもAIFFでも構わない。要は、「タグが使えると目されている」形式なら何でもいいのである。それでも不毛な議論に興味がある人は魔境へどうぞ。ただし魔境の話題をこちらには持ち込まないで。


 さて、今まではリッピングでも何でも、基本的にFLACを使うということが念頭にあり、「FLACからWAVへ」という方向で検証を行ってきた。
 FLACでリッピングすれば間違いなくタグは付加されますね、とか、FLACでリッピングした音源をWAVに変えてもきちんとタグは保持されてますね、とか。
 となると、「それじゃあWAVでリッピングすればタグはどうなるんだ?」という疑問が出てきてもおかしくはない。現に何度か聞かれたこともある。

 そもそも、WAVでタグは使えるのか?


 ま、検証あるのみである。


 たまにはオーディオっぽいCDに登場してもらおう。
 優秀録音として名高いアルバムのゴールドCDである。今回の検証に音質は無関係なので勿体ないと言えば勿体ないかもしれない。
20150312アイコン

 
 早速リッピング。
20150312(PC)01

 自分ルールで叩き直して……
20150312(PC)02

 まずは、いつものようにFLACでリッピングした。
 dBpoweramp CD Ripperを使っているんだし、「マルチエンコーダーでいいんじゃ……」と思いもしたが、どうせ不毛な検証をしているんだからとことんまで不毛になってやろうと思い、あえてFLACとWAVで2度リッピングする。
20150312(PC)03

 FLACでのリッピングが完了した状態から、コーデックと保存先のみを変更して、再度WAVでリッピング。
 うーん、不毛!
20150312(PC)04
20150312(PC)05


 「The Well」も同様に。
20150312(PC)06

 叩き直して、
20150312(PC)07

 まずはFLAC。
20150312(PC)08

 そしてWAV。
20150312(PC)09
20150312(PC)10

 リッピングが完了した。
 念のために言っておくと、FLACだろうとWAVだろうと、リッピングの手順は違わない。
 リッピングに際して「FLACはタグの編集に時間がかかる」なんてことも、「WAVならば手間がかからない」なんてことも一切ない。見ての通り、同じである。


 音源の中身を確認する。


 The Hunter ― FLAC
20150312(PC)11
20150312(PC)12

 The Hunter ― WAV
20150312(PC)13
20150312(PC)14

 The Well ― FLAC
20150312(PC)15
20150312(PC)16

 The Well ― WAV
20150312(PC)17
20150312(PC)18

 さて、どうだろう。
 なかなか高難度の間違い探しである。


 WAVではタグが使えないって?

 御冗談を。



 ただし、「タグが使えること」と「タグが機能すること」は別物である。

 音源自体には間違いなくタグが付加されているとしても、それが機能するかどうかは再生ソフトやらサーバーソフトやらDAPの内的ソフトウェアやら、使うソフト次第である。

 「WAVではタグが使えない」と言っている人は、この辺をごっちゃにしているだけの気がする。

 それを確認する。


 ここからはFLACのファイルに出番はない。
 「WAVでリッピングした音源」が主役である。


 これがWAVの音源の雄姿。
 純粋にタグの確認のため、「folder.jpg」の類はフォルダから抜いてある。
(※入れても別に害は無いので、基本的には入れておくことをおすすめする)
20150312(PC)31
20150312(PC)32

 まずは、再生ソフトからはどう見えるのか。


・MediaMonkey
20150312(PC)19
20150312(PC)20
20150312(PC)25
20150312(PC)26

 基本的な情報は拾っているが、取りこぼしも多い。
 アルバムアートを拾えないのはつらい。



・foobar2000
20150312(PC)21
20150312(PC)27

 アルバムアートも含めて完璧に情報を拾っているようだ。



・JRiver Media Center
20150312(PC)22
20150312(PC)28

 問題無さげ。



・iTunes
20150312(PC)23
20150312(PC)24
20150312(PC)29
20150312(PC)30

 これは酷い……

 「WAVではタグが使えない」のではない

 正しくは「iTunesではWAVのタグがまともに機能しない」である。



 次。
 サーバーソフト。
 UPnPサーバーにもなる再生ソフトの類は省いて、純サーバーソフトに絞っている。



・Twonky Server
20150312(iPad)01
20150312(iPad)02
20150312(iPad)03
20150312(iPad)04
20150312(iPad)05

 タグベースでもフォルダベースでも全滅。
 残ったのはフォルダ/ファイル名のみ。
 アルバムタイトルも拾わないもんだから、「不明」の中に2枚の音源がまとめて叩き込まれているという有様だ。
 Twonky ServerはNASに入っているサーバーソフトとしてはかなりメジャーなので、上で示したようにiTunesではまともにWAVのタグが機能しないことと併せて、「WAVではタグが使えない」という認識が独り歩きする遠因になったのではなかろうか。



・Asset UPnP
20150312(iPad)06
20150312(iPad)07
20150312(iPad)08
20150312(iPad)12
20150312(iPad)13
20150312(iPad)14

 タグベースでもフォルダベースでも完璧に情報を拾っている。
 アルバムのサムネイルの画像が粗いことに関してはこの記事を参照。



・MinimServer
20150312(iPad)09
20150312(iPad)10
20150312(iPad)11
20150312(iPad)15
20150312(iPad)16

 タグベースでもフォルダベースでも完璧に情報を拾っている。
 アルバムアートの表示もまったく問題なし。



・Kazoo Server
20150312(iPad)17
20150312(iPad)18

 Kazoo Serverは、LINNは、WAVを「音源」として認めていないッッッ!!!

 LINN推奨のdBpoweramp CD Ripperでリッピングしたのに、きちんとタグが付加されているのに、WAVの音源をそもそも認識すらしていない。
 まるでアップルの如き割り切りと切り捨てである。
 さすがLINN。いいぞもっとやれ。



 ざっとこんな感じである。

 繰り返すが、大切なのは「WAVかFLACか」ではない。
 そんな議論は本来どうでもいいのだ。


 大切なのは「タグをきちんと管理・編集・整備すること」である。
 これに尽きる。


 WAVでもタグは使える。それが機能するか否かはソフト次第だが。
 音質を最重要視してWAVを選ぶからといって、タグの存在を無視し、あるいは敵視さえする理由はどこにもないのである。

 フォルダベースでの管理が完璧であることを前提にしたうえで、それでもなおWAVの音源で構築されたライブラリが破綻するとすれば、その理由は「タグが使えないから」ではない。「タグをないがしろにしているから」だと言わざるを得ない。
 結局すべてはユーザーひとりひとりのこだわりと心がけ次第。


 いい加減不毛な対立はやめよう。



続編:WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる?

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答




 ん?


20150312(PC)33
20150312(PC)34

 ここまで突っ込む?


→突っ込みました
WAVにおける日本語のタグの取り扱い


スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第35回『沈黙の戦艦』

画質:7 音質:7 映像はVC-1でビットレートは20台前半。 音声はドルビーデジタルの

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがり より:

    「タグは使えるが、汎用的には使えない。」
    ですな。
    再生ソフトによってタグのために再エンコなんて不毛すぎるので、個人的にwavでタグ管理はかなり微妙だと思います。
    何か絶対的なアドバンテージがない限りは特にwavを選択する理由は見当たらないです。

    • sakakihajime より:

      通りすがりさん

      例えば「WAVとFLACで音は変わるか」ということについては様々な議論があります。変わると言う人もいれば変わらないと言う人もいます。
      私は変わらない(あるいはそこに意味を見出さない)派ですが、「WAVの方がFLACよりも高音質なんだ、だから絶対にWAVを使うんだ」と判断するのは自由ですし、個々人の選択は尊重されて然るべきです。

      しかし、この記事で示したように、WAVを選択することは自身のライブラリの普遍性・汎用性という点で少なからずリスクを抱えているという事実は知っておいてもらいたいと思います。これは音質差云々とは無関係に存在する事実です。
      そして記事でも書いていますが、私が問題にしたいのは「WAVを使うこと」ではなく、「タグを用いた音源管理をないがしろにする姿勢」そのものなのです。

  2. 00Q より:

    MediaMonkyでCDをwavでリッピングして、fooberで再生してみたんですが、fooberではそのwav音源のタグが英語なら問題ないのですが、日本語だと文字化けして表示されます。
    MediaMonkyで再生する場合は、ちゃんと文字化けせずタグ通りに表示されます。

    仕方ないので、fooberでそのwav音源のタイトルのタグを修正したら、今度はMediaMonkyで再生する場合とfooberで再生する場合では、表示されるwav音源のタイトルが違うという問題まで発生してしました。

    つまりwav音源は、再生ソフトAと再生ソフトBではタグ付けが独立しており、各再生ソフトでタグを共有できず、さらに、日本語でタグ付けすると正常に表示されず文字化けするという辛すぎる結果になりました。

    dBpoweramp CD Ripperで日本語でタグ付け、リッピングした場合はどうなるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】9/2(土)にオーディオユニオン新宿店でSOULNOTE D-1の試聴会が開催されます

SOULNOTE D-1 試聴会開催! - オーディオユニオン新宿店

【UHD BDレビュー】第21回『スーサイド・スクワッド』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/23初出の記事を更新・

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した  純

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・

【レビューのような何か】ACOUSTIC REVIVE LANアイソレーター RLI-1GB-TripleC

 JS PC Audio NH100を入れて、既に「ハブから後」は気に

【UHD BDレビュー】第16回『ハドソン川の奇跡』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/01/30初出の記事を更新・

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2

【UHD BDレビュー】第15回『レヴェナント: 蘇えりし者』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/30初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

→もっと見る

PAGE TOP ↑