*

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2017/02/24 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えない」なんて言説がまかり通っている以上、この手の情報が多いに越したことはあるまい。


 大切なのは「WAVかFLACかではなくきちんとタグを整備するか否か」であり、そして「WAVとFLACはタグを保持したまま相互に変換可能」ということは既に示した。
 ちなみにこれらの記事でFLACが登場しているのは、単に「WAVとFLACではWAVの方が高音質」という不毛な議論によく付き合わされているからであって、特にFLACである必要はない。別にALACでもAIFFでも構わない。要は、「タグが使えると目されている」形式なら何でもいいのである。それでも不毛な議論に興味がある人は魔境へどうぞ。ただし魔境の話題をこちらには持ち込まないで。


 さて、今まではリッピングでも何でも、基本的にFLACを使うということが念頭にあり、「FLACからWAVへ」という方向で検証を行ってきた。
 FLACでリッピングすれば間違いなくタグは付加されますね、とか、FLACでリッピングした音源をWAVに変えてもきちんとタグは保持されてますね、とか。
 となると、「それじゃあWAVでリッピングすればタグはどうなるんだ?」という疑問が出てきてもおかしくはない。現に何度か聞かれたこともある。

 そもそも、WAVでタグは使えるのか?


 ま、検証あるのみである。


 たまにはオーディオっぽいCDに登場してもらおう。
 優秀録音として名高いアルバムのゴールドCDである。今回の検証に音質は無関係なので勿体ないと言えば勿体ないかもしれない。
20150312アイコン

 
 早速リッピング。
20150312(PC)01

 自分ルールで叩き直して……
20150312(PC)02

 まずは、いつものようにFLACでリッピングした。
 dBpoweramp CD Ripperを使っているんだし、「マルチエンコーダーでいいんじゃ……」と思いもしたが、どうせ不毛な検証をしているんだからとことんまで不毛になってやろうと思い、あえてFLACとWAVで2度リッピングする。
20150312(PC)03

 FLACでのリッピングが完了した状態から、コーデックと保存先のみを変更して、再度WAVでリッピング。
 うーん、不毛!
20150312(PC)04
20150312(PC)05


 「The Well」も同様に。
20150312(PC)06

 叩き直して、
20150312(PC)07

 まずはFLAC。
20150312(PC)08

 そしてWAV。
20150312(PC)09
20150312(PC)10

 リッピングが完了した。
 念のために言っておくと、FLACだろうとWAVだろうと、リッピングの手順は違わない。
 リッピングに際して「FLACはタグの編集に時間がかかる」なんてことも、「WAVならば手間がかからない」なんてことも一切ない。見ての通り、同じである。


 音源の中身を確認する。


 The Hunter ― FLAC
20150312(PC)11
20150312(PC)12

 The Hunter ― WAV
20150312(PC)13
20150312(PC)14

 The Well ― FLAC
20150312(PC)15
20150312(PC)16

 The Well ― WAV
20150312(PC)17
20150312(PC)18

 さて、どうだろう。
 なかなか高難度の間違い探しである。


 WAVではタグが使えないって?

 御冗談を。



 ただし、「タグが使えること」と「タグが機能すること」は別物である。

 音源自体には間違いなくタグが付加されているとしても、それが機能するかどうかは再生ソフトやらサーバーソフトやらDAPの内的ソフトウェアやら、使うソフト次第である。

 「WAVではタグが使えない」と言っている人は、この辺をごっちゃにしているだけの気がする。

 それを確認する。


 ここからはFLACのファイルに出番はない。
 「WAVでリッピングした音源」が主役である。


 これがWAVの音源の雄姿。
 純粋にタグの確認のため、「folder.jpg」の類はフォルダから抜いてある。
(※入れても別に害は無いので、基本的には入れておくことをおすすめする)
20150312(PC)31
20150312(PC)32

 まずは、再生ソフトからはどう見えるのか。


・MediaMonkey
20150312(PC)19
20150312(PC)20
20150312(PC)25
20150312(PC)26

 基本的な情報は拾っているが、取りこぼしも多い。
 アルバムアートを拾えないのはつらい。



・foobar2000
20150312(PC)21
20150312(PC)27

 アルバムアートも含めて完璧に情報を拾っているようだ。



・JRiver Media Center
20150312(PC)22
20150312(PC)28

 問題無さげ。



・iTunes
20150312(PC)23
20150312(PC)24
20150312(PC)29
20150312(PC)30

 これは酷い……

 「WAVではタグが使えない」のではない

 正しくは「iTunesではWAVのタグがまともに機能しない」である。



 次。
 サーバーソフト。
 UPnPサーバーにもなる再生ソフトの類は省いて、純サーバーソフトに絞っている。



・Twonky Server
20150312(iPad)01
20150312(iPad)02
20150312(iPad)03
20150312(iPad)04
20150312(iPad)05

 タグベースでもフォルダベースでも全滅。
 残ったのはフォルダ/ファイル名のみ。
 アルバムタイトルも拾わないもんだから、「不明」の中に2枚の音源がまとめて叩き込まれているという有様だ。
 Twonky ServerはNASに入っているサーバーソフトとしてはかなりメジャーなので、上で示したようにiTunesではまともにWAVのタグが機能しないことと併せて、「WAVではタグが使えない」という認識が独り歩きする遠因になったのではなかろうか。



・Asset UPnP
20150312(iPad)06
20150312(iPad)07
20150312(iPad)08
20150312(iPad)12
20150312(iPad)13
20150312(iPad)14

 タグベースでもフォルダベースでも完璧に情報を拾っている。
 アルバムのサムネイルの画像が粗いことに関してはこの記事を参照。



・MinimServer
20150312(iPad)09
20150312(iPad)10
20150312(iPad)11
20150312(iPad)15
20150312(iPad)16

 タグベースでもフォルダベースでも完璧に情報を拾っている。
 アルバムアートの表示もまったく問題なし。



・Kazoo Server
20150312(iPad)17
20150312(iPad)18

 Kazoo Serverは、LINNは、WAVを「音源」として認めていないッッッ!!!

 LINN推奨のdBpoweramp CD Ripperでリッピングしたのに、きちんとタグが付加されているのに、WAVの音源をそもそも認識すらしていない。
 まるでアップルの如き割り切りと切り捨てである。
 さすがLINN。いいぞもっとやれ。



 ざっとこんな感じである。

 繰り返すが、大切なのは「WAVかFLACか」ではない。
 そんな議論は本来どうでもいいのだ。


 大切なのは「タグをきちんと管理・編集・整備すること」である。
 これに尽きる。


 WAVでもタグは使える。それが機能するか否かはソフト次第だが。
 音質を最重要視してWAVを選ぶからといって、タグの存在を無視し、あるいは敵視さえする理由はどこにもないのである。

 フォルダベースでの管理が完璧であることを前提にしたうえで、それでもなおWAVの音源で構築されたライブラリが破綻するとすれば、その理由は「タグが使えないから」ではない。「タグをないがしろにしているから」だと言わざるを得ない。
 結局すべてはユーザーひとりひとりのこだわりと心がけ次第。


 いい加減不毛な対立はやめよう。



続編:WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる?

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答




 ん?


20150312(PC)33
20150312(PC)34

 ここまで突っ込む?


→突っ込みました
WAVにおける日本語のタグの取り扱い


スポンサーリンク


関連記事

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが、Twonky Server自

記事を読む

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第196回『デスペラード』

画質:7 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第102回『ダークナイト』

画質:13 音質:15 映像はVC-1でビットレートの詳細は後述 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 通りすがり より:

    「タグは使えるが、汎用的には使えない。」
    ですな。
    再生ソフトによってタグのために再エンコなんて不毛すぎるので、個人的にwavでタグ管理はかなり微妙だと思います。
    何か絶対的なアドバンテージがない限りは特にwavを選択する理由は見当たらないです。

    • sakakihajime より:

      通りすがりさん

      例えば「WAVとFLACで音は変わるか」ということについては様々な議論があります。変わると言う人もいれば変わらないと言う人もいます。
      私は変わらない(あるいはそこに意味を見出さない)派ですが、「WAVの方がFLACよりも高音質なんだ、だから絶対にWAVを使うんだ」と判断するのは自由ですし、個々人の選択は尊重されて然るべきです。

      しかし、この記事で示したように、WAVを選択することは自身のライブラリの普遍性・汎用性という点で少なからずリスクを抱えているという事実は知っておいてもらいたいと思います。これは音質差云々とは無関係に存在する事実です。
      そして記事でも書いていますが、私が問題にしたいのは「WAVを使うこと」ではなく、「タグを用いた音源管理をないがしろにする姿勢」そのものなのです。

  2. 00Q より:

    MediaMonkyでCDをwavでリッピングして、fooberで再生してみたんですが、fooberではそのwav音源のタグが英語なら問題ないのですが、日本語だと文字化けして表示されます。
    MediaMonkyで再生する場合は、ちゃんと文字化けせずタグ通りに表示されます。

    仕方ないので、fooberでそのwav音源のタイトルのタグを修正したら、今度はMediaMonkyで再生する場合とfooberで再生する場合では、表示されるwav音源のタイトルが違うという問題まで発生してしました。

    つまりwav音源は、再生ソフトAと再生ソフトBではタグ付けが独立しており、各再生ソフトでタグを共有できず、さらに、日本語でタグ付けすると正常に表示されず文字化けするという辛すぎる結果になりました。

    dBpoweramp CD Ripperで日本語でタグ付け、リッピングした場合はどうなるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑