*

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2016/02/21 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。

 次はサーバーだ。
 ところでサーバーって何だ?
 NAS?? PC??? ナス?????

 ネットワークオーディオの文脈におけるそれぞれの意味。
 ひとつひとつ見ていこう。


○サーバー
音源の在り処
音源を保存し、プレーヤーに音源を配信する。
ブラウズの際にアプリに表示される音源の情報も、基本的にサーバーから送られてくる。
機器そのものというよりは、「機能」あるいは「役割」という認識が相応しい。
NAS、PC、さらに最近ではスマホもサーバーになる。


○NAS
Network Attached Storage、ネットワークに繋げて使うストレージという製品ジャンル。実質的にはストレージ関係に機能を絞ったPCのようなもの。
ネットワークオーディオにおいて「サーバー」と言われれば、基本的にNASのことを指すと考えていい。それくらい、「NAS=サーバー」というイメージが出来上がっている。
後述のとおりPCをサーバー化すれば、ネットワークオーディオをするうえでNASは必須ではなくなる
しかし、再生時にPCが介在しない形態のネットワークオーディオを実現するためには必須。オーディオ的にこだわったPCを純然たるサーバーとして使うのなら話は別だが。
色々なメーカーから色々な製品が出ている。
なお、全てのNASがサーバー(あくまで音源としての)になるというわけではない。


○PC
ネットワークオーディオの利点として「再生時にPCが介在しない」ことがよく言われるが、それはあくまで「PCで完璧に作り上げた音源がNASに保存されている」ことが前提であって、再生という最後の最後以外でPCは必要になる。
リッピングも、音源の管理も、タグの編集も、基本的にPCがないと何もできない。最近ではリッピングから音源の管理編集までPCレスで可能な「メディアサーバー」も登場しているが、そこにPCのような自由度や効率はない。
なお、サーバーソフトを導入すればPCもサーバーになり、単体サーバーとしてのNASがなくともネットワークオーディオが可能になる。


 ん?

 サーバーソフト?

 そう。サーバーソフトである。


○サーバーソフト
サーバーをサーバーたらしめているソフト。
PCにおけるOSのようなもの。
すなわち、サーバーソフトの入っていないNASはサーバーにはならず(大抵の場合何かしら入っているが)、サーバーソフトが入ればPCもサーバーになる。
実際の運用において、サーバーソフトの違いはハードウェアの違いよりも遥かに重要。まったく別のハードウェア(NASやらPCやら)でも、中で動いているサーバーソフトが同じであれば同じように機能する。逆に、まったく同じハードウェアでも、中で動いているサーバーソフトが異なればまったく違う振る舞いをする。サーバーソフトのバージョンが違えば、また色んな部分が変わってくる。
このように、サーバーにとって非常に重要であるにも関わらず、今の今まで、私の知る限り、ネットワークオーディオ界隈のメディアではほとんど触れられてこなかった。「音源をどのように見せるかはNASによって異なる」とか、そんな無責任なことを言ってどうするんだ。そこんとこをきちんと調べて書くのがメディアの、オーディオ業界の仕事じゃないのか。結局、馬鹿を見るのはいつだってユーザーだ。
さらにたちの悪いことに、NASを売っているメーカーも、「何が入っているのか明記していない」場合が非常に多い。誰も何も言わないけど大問題だぞこれ。


 私はどのようなサーバーソフトがあって、それぞれがどのような挙動をするのかは知っているが、「どのNASにどのサーバーソフトが入っているか」までは把握していない。メーカーがほとんど公表してない現状では、実際に使ってみない限り知りようがない。

 ちなみに、QNAPにはTwonkyが入っている。QPKGとしてMinimServerも入る。実際に使っているからこれはわかる。
 あと、2年ほど前の時点では、バッファローのNASの一部もTwonkyが入って“いた”。これも実際に使ったことがあるからこう言える。といっても、現時点でメーカーとしてTwonkyが入っていると明言しているのは例のオーディオ用NASだけなので、その他のモデルについては不明。


 最近だと「オーディオ用NAS」とか言って、文字通り桁違いの、びっくりするような価格帯の製品も登場している。
 で、その手のオーディオ用NASの評論記事を読んでみれば決まって「素晴らしい高音質でぶったまげた」という言葉が並ぶ。いやそうじゃないだろ。中身はどうなってるんだ中身は。使い勝手はどうなんだ。サーバーソフトは何を使ってるんだ。TwonkyやらAsset UPnPやらMinimServerといった汎用ソフトなのか、それとも独自仕様なのか。特に自宅でネットワークオーディオを実践している(らしい)評論家先生は、自分の使っている環境と比べて何も感じないのか。自分の音源を持ってきて聴いてるんじゃないのか。サーバーソフトを含めた諸々のユーザビリティをろくすっぽ吟味もせずに製品をすすめるのか。信じられない。


 ……収拾がつかなくなるので、この辺りでまとめよう。

 サーバーとは、「音源の保存と配信」という役割であり、サーバーソフトが入ったNASやPCといった機器がそれを担う。

 つまり、

 PCもサーバーとして運用できるので、ネットワークオーディオにおいてNASは絶対に必要というわけではない。

 ただ、

 音楽再生の際にPCなんて使いたくない! と思えば別途NASは必須。

 しかし、

 リッピングやら音源の管理やらタグの編集やらNASにデータを移す時やら、たとえ再生時には不要でも、結局はどこかでPCは必要となる。


 次回、「サーバーに関するありがちな誤解」。
 今回の記事の内容をきちんと把握したうえで読んでほしい。



ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience52

 Audienceシリーズがディスコンになって結構な時間が経った時、あるショップで奇跡的に残っていた

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第22回『王立宇宙軍 オネアミスの翼』

アニメ製作集団“ガイナックス”の最高傑作はこの王立宇宙軍。異論は認める。 真面目に真剣オタク集

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

友人宅にホームシアターが出来上がるという喜び

 私は自分が面白いと思ったことは人に伝えたくて仕方がない性分なので、基本的に年がら年中「オーディオは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑