*

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!
 ソフト出して!

 怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンション上がった次の瞬間、アベンジャーズAoUがただのDTS-HD Master Audio収録と知ってテンションが下がるこの悲しさ!


 BDの黎明期。
 SDからHD、画質の著しい進歩とともに、音声も著しい進歩を遂げた。
 リニアPCM、ドルビーTRUEHD、DTS-HD Master Audio。
 圧縮からロスレスへ。
 つまりクオリティ的に一線を越えて、「器としてこれ以上のものを用意する必要がない」状態となった。事実、UHD BDの音声仕様もBDと変わらない。

 はじめて聴いたリニアPCMのサラウンドはあまりにも素晴らしかった。
 だからこそ、圧縮音声しか入れずにBDを売った初期のワーナーやパラマウントには心の底から激怒した。Hなんとかとの兼ね合いなど知ったこっちゃない。
 しかし、BD全体で見れば、ロスレス音声を収録したソフトが大多数を占めていたのも事実である。最初期こそリニアPCMを収録するソフトも多かったが、やがてドルビーTRUEHDとDTS-HD Master Audioでの収録が支配的となった。ソフトは潤沢にあった。HDMI経由でロスレス音声を聴くために、AVアンプを買い替えた。買うに値する理由が大いにあった。

 それに引き換え、Dolby AtmosやDTS:Xの体たらくは情けないの一言。
 「準備中」ということを発表しただけで盛大な肩透かしを食らわせたDTS:Xはともかく、Dolby Atmos収録のソフトだって一向に増えやしない。もちろん製作サイドからすれば色々な理由があるのだろうが、ユーザーからすれば「待てど暮らせどソフトが増えない」という状況に変わりはない。
 Dolby AtmosやDTS:X対応云々関係なく、純粋にクオリティアップを目指してAVアンプを買い替えるのはいつだって大ありだ。
 これからホームシアターを始める人は幸いだ。はじめからDolby AtmosやDTS:Xのためのスピーカーセットアップを考慮に入れられる。
 ただ、既にマルチチャンネルを組んでいて、しかもそのクオリティに満足している人間が、現時点で「Dolby AtmosやDTS:XのためだけにAVアンプを買い換えるか」と言われれば……

 Dolby Atmosには間違いなく効果がある。
 内容を見て、映画館で実際に体験して、それは確信している。きっとDTS:Xも素晴らしいのだろう。
 だからこそ、映画館で素晴らしいアトモス効果を体感した作品のソフトにイマーシブ・オーディオ(なんかこの呼び方しっくりこない)が収録されないのは悲しい。悲しすぎる。
 期待する作品のソフトの音声仕様でがっかり、こんな悲しみはBDの初期以来だ。

 もしかして、本当にUHD BDにしか収録しないつもりなんだろうか。
 BDとの差別化のために。

 あとDTS:Xは時期も時期だし、実質的にUHD BDとの同時リリースな気がする。
 その時にはせめて収録ソフトが潤沢に供給されることを願う。



【オブジェクトベースシアターへの道】 まとめ


スポンサーリンク


関連記事

Kinsky Version 4.3.21

 iOSに付いていくべく2年以上ぶりのアップデート。  ほんのりとデザインも変わった。

記事を読む

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is delivering master-qualit

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト / アルバムタイトル 大原ゆい子

記事を読む

LUMIN A1が国内でも単品販売

ブライトーン、LUMINのDSDネイティブ再生対応ネットワークプレーヤー単品販売  価格は

記事を読む

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(PDF)  私が

記事を読む

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの SOULNO

記事を読む

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server  日本未上

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 John Mayer / Paradise Valley

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Paradise Valley

記事を読む

【BDレビュー】第292回『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM 5.1ch 16bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑