*

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!
 ソフト出して!

 怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンション上がった次の瞬間、アベンジャーズAoUがただのDTS-HD Master Audio収録と知ってテンションが下がるこの悲しさ!


 BDの黎明期。
 SDからHD、画質の著しい進歩とともに、音声も著しい進歩を遂げた。
 リニアPCM、ドルビーTRUEHD、DTS-HD Master Audio。
 圧縮からロスレスへ。
 つまりクオリティ的に一線を越えて、「器としてこれ以上のものを用意する必要がない」状態となった。事実、UHD BDの音声仕様もBDと変わらない。

 はじめて聴いたリニアPCMのサラウンドはあまりにも素晴らしかった。
 だからこそ、圧縮音声しか入れずにBDを売った初期のワーナーやパラマウントには心の底から激怒した。Hなんとかとの兼ね合いなど知ったこっちゃない。
 しかし、BD全体で見れば、ロスレス音声を収録したソフトが大多数を占めていたのも事実である。最初期こそリニアPCMを収録するソフトも多かったが、やがてドルビーTRUEHDとDTS-HD Master Audioでの収録が支配的となった。ソフトは潤沢にあった。HDMI経由でロスレス音声を聴くために、AVアンプを買い替えた。買うに値する理由が大いにあった。

 それに引き換え、Dolby AtmosやDTS:Xの体たらくは情けないの一言。
 「準備中」ということを発表しただけで盛大な肩透かしを食らわせたDTS:Xはともかく、Dolby Atmos収録のソフトだって一向に増えやしない。もちろん製作サイドからすれば色々な理由があるのだろうが、ユーザーからすれば「待てど暮らせどソフトが増えない」という状況に変わりはない。
 Dolby AtmosやDTS:X対応云々関係なく、純粋にクオリティアップを目指してAVアンプを買い替えるのはいつだって大ありだ。
 これからホームシアターを始める人は幸いだ。はじめからDolby AtmosやDTS:Xのためのスピーカーセットアップを考慮に入れられる。
 ただ、既にマルチチャンネルを組んでいて、しかもそのクオリティに満足している人間が、現時点で「Dolby AtmosやDTS:XのためだけにAVアンプを買い換えるか」と言われれば……

 Dolby Atmosには間違いなく効果がある。
 内容を見て、映画館で実際に体験して、それは確信している。きっとDTS:Xも素晴らしいのだろう。
 だからこそ、映画館で素晴らしいアトモス効果を体感した作品のソフトにイマーシブ・オーディオ(なんかこの呼び方しっくりこない)が収録されないのは悲しい。悲しすぎる。
 期待する作品のソフトの音声仕様でがっかり、こんな悲しみはBDの初期以来だ。

 もしかして、本当にUHD BDにしか収録しないつもりなんだろうか。
 BDとの差別化のために。

 あとDTS:Xは時期も時期だし、実質的にUHD BDとの同時リリースな気がする。
 その時にはせめて収録ソフトが潤沢に供給されることを願う。



【オブジェクトベースシアターへの道】 まとめ


スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

【UHD BDレビュー】総まとめ

 善い画、善い音は映像鑑賞の楽しみを最大化する。  画質と音質にこだわることで、ただでさえ大好きな

記事を読む

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology - Gamesp

記事を読む

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator 2 Prepped for 4

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第63回『メン・イン・ブラック』

画質:7 音質:9 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪】力水、復活!

 記事にするのが遅きに失した感はあるが、こういうのはきちんとフォローし

季刊・オーディオアクセサリー 167号で記事を執筆しました

 本日発売。 ・Cocktail Audio X50D

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

→もっと見る

PAGE TOP ↑