*

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……

 というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを聴くことができた。
20141022-3
 場所はTOHOシネマズ日本橋のスクリーン8。
 見たのは「猿の惑星:新世紀」と「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」の2本。どちらも同じスクリーンでのDolby Atmos上映。
 前日に家庭用アトモスでがっかりした後だったので、少なくとも音に対する期待度はそれほど高くなかった。

 ところが……

 ……

 …

 うおおなんだこれすげえ!


 猿は最高だった。
 家庭用で萎えていたアトモス愛が再び燃え上がるに相応しい凄まじい体験をした。
 というか、物凄く久々に映画館の音で感動を覚えた。地元の映画館がろくすっぽ音量を出せないくせして音割れしまくり&ビビりまくりという酷い有様なので、その格差がよけい感動を増幅したということもあろうが、素晴らしい経験だった。

 まず、上方向の音響情報。
 決して「雰囲気」程度で片付けられない、濃密極まる音を味わった。画面外にも間違いなく伸びている樹木、そこを行き交う猿の移動音、鳴き声、気配。
 目には見えずとも、間違いなく「いる!」という感覚。問答無用の圧倒的説得力。まさしく次元の違う臨場感。
 また、音空間の精度も凄まじいものがあった。
 映画館の音はとにかく迫力だけが売りで、音がでかすぎて空間の精度なんてまったく褒められたもんじゃない……そんな風に思っていた。しかし、どうやらDolby Atmosに関していえばその認識を改める必要があるようだ。
 繰り返すが、凄まじい精度である、よくできたホームシアターでさえなかなか聴けないレベルの精密さを、映画館という広い空間で実現してしまっている。映画館ならではの迫力とダイナミックレンジを保ったまま、音がまったくぶれない。にじまない。膨らまない。それでいて鋭利に動き回る。にわかには信じ難いレベルの音だった。

 家庭用と映画館とではなぜこうも違うのだろうか。
 やはりスピーカーの本数の差だろうか。
 オブジェクトベースのDolby Atmosは原理上、スピーカーの本数が増えれば増えるほど精度が増すはず。これが、どれだけスピーカーが多かろうとチャンネル単位で同一の音を鳴らすしかないチャンネルベースとの大きな違いである。すなわち、Dolby Atmosのおかげで、広い空間に大量のスピーカーを備える映画館がその真価を発揮したということだろう。ここにきて、家庭用のシステムと決定的な差が生じたように思う。
 今回のスクリーンでは、天井スピーカーは8~10ペア程度設置されていた。サラウンド、サラウンドバック用スピーカーの本数を加えれば全体で何十本という数になる。それらのスピーカーすべてが高度に独立した音を鳴らせるようになるとすれば、それはそれは凄まじいことになるということか。Dolby Atmosの真価、いやはや恐れ入った。

 Dolby Atmosはスピーカーの本数が多ければ多いほど真価を発揮するシステムなのかもしれない。
 となると、こんなもん誰が買うんだと思っていたが、俄然欲しくなってきてしまった。いや、買えないけど。

 Dolby Atmosのスピーカー構成は7.1.4が完成形だと思っていたが、ひょっとしたら9.1.6、あるいは12.1.8くらいないと駄目なのかも……?


 ちなみに「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」も素晴らしい音だったが、猿に比べれば普通だった。
 Dolby Atmosの真価は映像との連携において発揮されるので、活きる作品とそうでない作品ははっきりと分かれそうだ。



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感
・家庭用アトモスを聴く

スポンサーリンク


関連記事

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

MELCO Digital Music Library range NEW

MELCO Digital Music Library range NEW  ん?

記事を読む

【BDレビュー】第264回『THE RAID / ザ・レイド』 北米盤

突撃死亡塔 重装開戦 2購入記念。 画質:6 音質:7 映像:AV

記事を読む

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第13回『スパイダーマン2』

怪奇蜘蛛男    VS. 豪力蛸博士 二作目です。MJが金髪になってます。さて、どんな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

UHD BDプレーヤー Panasonic DMP-UB90を買った

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か  UHD BDが先だった。  やはり「既に

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑