*

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……

 というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを聴くことができた。
20141022-3
 場所はTOHOシネマズ日本橋のスクリーン8。
 見たのは「猿の惑星:新世紀」と「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」の2本。どちらも同じスクリーンでのDolby Atmos上映。
 前日に家庭用アトモスでがっかりした後だったので、少なくとも音に対する期待度はそれほど高くなかった。

 ところが……

 ……

 …

 うおおなんだこれすげえ!


 猿は最高だった。
 家庭用で萎えていたアトモス愛が再び燃え上がるに相応しい凄まじい体験をした。
 というか、物凄く久々に映画館の音で感動を覚えた。地元の映画館がろくすっぽ音量を出せないくせして音割れしまくり&ビビりまくりという酷い有様なので、その格差がよけい感動を増幅したということもあろうが、素晴らしい経験だった。

 まず、上方向の音響情報。
 決して「雰囲気」程度で片付けられない、濃密極まる音を味わった。画面外にも間違いなく伸びている樹木、そこを行き交う猿の移動音、鳴き声、気配。
 目には見えずとも、間違いなく「いる!」という感覚。問答無用の圧倒的説得力。まさしく次元の違う臨場感。
 また、音空間の精度も凄まじいものがあった。
 映画館の音はとにかく迫力だけが売りで、音がでかすぎて空間の精度なんてまったく褒められたもんじゃない……そんな風に思っていた。しかし、どうやらDolby Atmosに関していえばその認識を改める必要があるようだ。
 繰り返すが、凄まじい精度である、よくできたホームシアターでさえなかなか聴けないレベルの精密さを、映画館という広い空間で実現してしまっている。映画館ならではの迫力とダイナミックレンジを保ったまま、音がまったくぶれない。にじまない。膨らまない。それでいて鋭利に動き回る。にわかには信じ難いレベルの音だった。

 家庭用と映画館とではなぜこうも違うのだろうか。
 やはりスピーカーの本数の差だろうか。
 オブジェクトベースのDolby Atmosは原理上、スピーカーの本数が増えれば増えるほど精度が増すはず。これが、どれだけスピーカーが多かろうとチャンネル単位で同一の音を鳴らすしかないチャンネルベースとの大きな違いである。すなわち、Dolby Atmosのおかげで、広い空間に大量のスピーカーを備える映画館がその真価を発揮したということだろう。ここにきて、家庭用のシステムと決定的な差が生じたように思う。
 今回のスクリーンでは、天井スピーカーは8~10ペア程度設置されていた。サラウンド、サラウンドバック用スピーカーの本数を加えれば全体で何十本という数になる。それらのスピーカーすべてが高度に独立した音を鳴らせるようになるとすれば、それはそれは凄まじいことになるということか。Dolby Atmosの真価、いやはや恐れ入った。

 Dolby Atmosはスピーカーの本数が多ければ多いほど真価を発揮するシステムなのかもしれない。
 となると、こんなもん誰が買うんだと思っていたが、俄然欲しくなってきてしまった。いや、買えないけど。

 Dolby Atmosのスピーカー構成は7.1.4が完成形だと思っていたが、ひょっとしたら9.1.6、あるいは12.1.8くらいないと駄目なのかも……?


 ちなみに「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」も素晴らしい音だったが、猿に比べれば普通だった。
 Dolby Atmosの真価は映像との連携において発揮されるので、活きる作品とそうでない作品ははっきりと分かれそうだ。



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感
・家庭用アトモスを聴く

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。 11 Years of US CD Sales - stereop

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第140回『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 ちなみにこ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第44回『サンシャイン2057』

私の琴線を終始掻き鳴らしっぱなしの素晴らしいSF映画でした。 画質:13 音質:12→13

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑