*

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……

 というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを聴くことができた。
20141022-3
 場所はTOHOシネマズ日本橋のスクリーン8。
 見たのは「猿の惑星:新世紀」と「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」の2本。どちらも同じスクリーンでのDolby Atmos上映。
 前日に家庭用アトモスでがっかりした後だったので、少なくとも音に対する期待度はそれほど高くなかった。

 ところが……

 ……

 …

 うおおなんだこれすげえ!


 猿は最高だった。
 家庭用で萎えていたアトモス愛が再び燃え上がるに相応しい凄まじい体験をした。
 というか、物凄く久々に映画館の音で感動を覚えた。地元の映画館がろくすっぽ音量を出せないくせして音割れしまくり&ビビりまくりという酷い有様なので、その格差がよけい感動を増幅したということもあろうが、素晴らしい経験だった。

 まず、上方向の音響情報。
 決して「雰囲気」程度で片付けられない、濃密極まる音を味わった。画面外にも間違いなく伸びている樹木、そこを行き交う猿の移動音、鳴き声、気配。
 目には見えずとも、間違いなく「いる!」という感覚。問答無用の圧倒的説得力。まさしく次元の違う臨場感。
 また、音空間の精度も凄まじいものがあった。
 映画館の音はとにかく迫力だけが売りで、音がでかすぎて空間の精度なんてまったく褒められたもんじゃない……そんな風に思っていた。しかし、どうやらDolby Atmosに関していえばその認識を改める必要があるようだ。
 繰り返すが、凄まじい精度である、よくできたホームシアターでさえなかなか聴けないレベルの精密さを、映画館という広い空間で実現してしまっている。映画館ならではの迫力とダイナミックレンジを保ったまま、音がまったくぶれない。にじまない。膨らまない。それでいて鋭利に動き回る。にわかには信じ難いレベルの音だった。

 家庭用と映画館とではなぜこうも違うのだろうか。
 やはりスピーカーの本数の差だろうか。
 オブジェクトベースのDolby Atmosは原理上、スピーカーの本数が増えれば増えるほど精度が増すはず。これが、どれだけスピーカーが多かろうとチャンネル単位で同一の音を鳴らすしかないチャンネルベースとの大きな違いである。すなわち、Dolby Atmosのおかげで、広い空間に大量のスピーカーを備える映画館がその真価を発揮したということだろう。ここにきて、家庭用のシステムと決定的な差が生じたように思う。
 今回のスクリーンでは、天井スピーカーは8~10ペア程度設置されていた。サラウンド、サラウンドバック用スピーカーの本数を加えれば全体で何十本という数になる。それらのスピーカーすべてが高度に独立した音を鳴らせるようになるとすれば、それはそれは凄まじいことになるということか。Dolby Atmosの真価、いやはや恐れ入った。

 Dolby Atmosはスピーカーの本数が多ければ多いほど真価を発揮するシステムなのかもしれない。
 となると、こんなもん誰が買うんだと思っていたが、俄然欲しくなってきてしまった。いや、買えないけど。

 Dolby Atmosのスピーカー構成は7.1.4が完成形だと思っていたが、ひょっとしたら9.1.6、あるいは12.1.8くらいないと駄目なのかも……?


 ちなみに「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」も素晴らしい音だったが、猿に比べれば普通だった。
 Dolby Atmosの真価は映像との連携において発揮されるので、活きる作品とそうでない作品ははっきりと分かれそうだ。



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感
・家庭用アトモスを聴く

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

【イベントレポート】オーディオラボオガワ KITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーディオ講座

 去る3月14日、山形のオーディオラボオガワでKITHIT・LUMIN試聴会 & ネットワークオーデ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングするとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 正直「何を今更」というか、物凄く不毛なことをしている気がするのだが、未だに「WAVではタグが使えな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑