*

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

 オブジェクトオーディオ環境のため、トップスピーカーとして選んだスピーカーである。

 移動感の十全な表現のために4本。
 将来的に部屋を完全に真っ黒にすることも考えて、色は黒一択。
 ちなみに1個ずつ微妙にスタンドと本体の取り付け角度が違う。あくまで単品売りのスピーカーなので、そこんところはユーザー側の調整が前提なのだろうか。
20160906td30704

 黒を目にするのは初めてなのだが、想像していたよりも高級感がある。
 丸っこい形状は、天井にあって音響的な悪さをしないという点でも意味があるはず。
20160906td30705

 背面。やはり微妙に角度が……
 裸線のスピーカーケーブルではなかなか結線が大変そう。
20160906td30701

 台座の裏面。壁/天井取り付けの金具にもなる非常に重要なパーツ。
 四隅にはちょっとしたインシュレーターが付いている。
20160906td30702


 AVアンプも届いていないし、そもそもトップスピーカーとしての用途しか考えていなかったので、工事まで放置しよう……とも思ったが、やはりコレで音楽を聴いてみたくなった。どこまで音量が出せるかを確かめたかったというのもある。

 というわけで、AVアンプがなく手持無沙汰のNmode X-PW1にiPad(のNe PLAYER)とiFI nano iDSDを繋いで即席のシステムを作り、鳴らしてみた。
20160906td30703

 ………


 ……


 …


 正直言って、最初に音が出た瞬間、「これはやっちまったか……?」とおののいた。
 全面的に悪い意味で、今まで聴いたことがないような、どうしようもない音だった。
 聴き慣れた曲を聴いても、まったく違う楽器の演奏をバックに、まったくの別人が歌っているようにしか聴こえない。もはや高音がどうとか低音がどうとか言っている場合ではない、そんな有様だった。

 とりあえずCorrinne May / Beautiful Seedをそれなりの音量でかけっぱなしにしたまま風呂に入って、上がってきたら、あら不思議悪夢は去り、普通に聴けるようになっていた。その後もどんどんと音がほぐれていった。
 そりゃ初音出しの直後は急激な音の変化があるとは言うが、まさかこんなにも変わるとは……
 天井に付ける前に鳴らして/ほぐしておいて本当に良かった。もう1ペアも後でやろう。

 で、肝心の音は、おおむね期待した通りのものが出ている。

 とりあえず下まで伸びないのでスケール感は出ず、上まで伸びないのでどこか詰まった感は否めない。とはいえ、低音については「重さ」は出ずとも「鋭さ」はそれなりに出るので、音源によってはさほど物足りない印象は受けない。用途を見越して映画のサントラを色々と聴いてみたところ、じゅうぶん満足できる再生が得られた。いずれにせよ、低音は同社のサブウーファーが担当することになる。
 期待していた定位感・解像感・音離れの良さはなかなかたいしたものだ。響きの豊かさとは無縁である一方、そのぶん見晴らしの良い空間表現に長けている。
 音色は無色透明……というよりは、淡泊。淡々としてそっけない。そこに美点を求めたわけではないので、別にいい。ボーカルを聴くと清涼感があって良い。
 日頃Sapphireで聴いているのと同じくらいまで音量を上げても、歪んだり割れたり吹き飛んだり爆発したりすることはなかった。かなり無理をしているというかいっぱいいっぱいになっている感はあるが、とにかくよかった。これならば、私の環境でトップスピーカーとして苛烈に鳴らしても問題あるまい。

 サブウーファー共々、これから長い付き合いになりそうだ。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第180回『96時間』

画質:8 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第27回『マリアンヌ / Allied』 英国盤

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 続・音質編

【レビュー】LUMIN A1 LUMIN A1を試す・音質編 【インプレッション】LUMIN S

記事を読む

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2017」/HDR非対応でも楽し

記事を読む

SFORZATO will be Roon Ready!

スフォルツァート ■ 5/5 - 5/8 ドイツ ミュンヘンで行われるHIGH END 201

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑