*

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

 オブジェクトオーディオ環境のため、トップスピーカーとして選んだスピーカーである。

 移動感の十全な表現のために4本。
 将来的に部屋を完全に真っ黒にすることも考えて、色は黒一択。
 ちなみに1個ずつ微妙にスタンドと本体の取り付け角度が違う。あくまで単品売りのスピーカーなので、そこんところはユーザー側の調整が前提なのだろうか。
20160906td30704

 黒を目にするのは初めてなのだが、想像していたよりも高級感がある。
 丸っこい形状は、天井にあって音響的な悪さをしないという点でも意味があるはず。
20160906td30705

 背面。やはり微妙に角度が……
 裸線のスピーカーケーブルではなかなか結線が大変そう。
20160906td30701

 台座の裏面。壁/天井取り付けの金具にもなる非常に重要なパーツ。
 四隅にはちょっとしたインシュレーターが付いている。
20160906td30702


 AVアンプも届いていないし、そもそもトップスピーカーとしての用途しか考えていなかったので、工事まで放置しよう……とも思ったが、やはりコレで音楽を聴いてみたくなった。どこまで音量が出せるかを確かめたかったというのもある。

 というわけで、AVアンプがなく手持無沙汰のNmode X-PW1にiPad(のNe PLAYER)とiFI nano iDSDを繋いで即席のシステムを作り、鳴らしてみた。
20160906td30703

 ………


 ……


 …


 正直言って、最初に音が出た瞬間、「これはやっちまったか……?」とおののいた。
 全面的に悪い意味で、今まで聴いたことがないような、どうしようもない音だった。
 聴き慣れた曲を聴いても、まったく違う楽器の演奏をバックに、まったくの別人が歌っているようにしか聴こえない。もはや高音がどうとか低音がどうとか言っている場合ではない、そんな有様だった。

 とりあえずCorrinne May / Beautiful Seedをそれなりの音量でかけっぱなしにしたまま風呂に入って、上がってきたら、あら不思議悪夢は去り、普通に聴けるようになっていた。その後もどんどんと音がほぐれていった。
 そりゃ初音出しの直後は急激な音の変化があるとは言うが、まさかこんなにも変わるとは……
 天井に付ける前に鳴らして/ほぐしておいて本当に良かった。もう1ペアも後でやろう。

 で、肝心の音は、おおむね期待した通りのものが出ている。

 とりあえず下まで伸びないのでスケール感は出ず、上まで伸びないのでどこか詰まった感は否めない。とはいえ、低音については「重さ」は出ずとも「鋭さ」はそれなりに出るので、音源によってはさほど物足りない印象は受けない。用途を見越して映画のサントラを色々と聴いてみたところ、じゅうぶん満足できる再生が得られた。いずれにせよ、低音は同社のサブウーファーが担当することになる。
 期待していた定位感・解像感・音離れの良さはなかなかたいしたものだ。響きの豊かさとは無縁である一方、そのぶん見晴らしの良い空間表現に長けている。
 音色は無色透明……というよりは、淡泊。淡々としてそっけない。そこに美点を求めたわけではないので、別にいい。ボーカルを聴くと清涼感があって良い。
 日頃Sapphireで聴いているのと同じくらいまで音量を上げても、歪んだり割れたり吹き飛んだり爆発したりすることはなかった。かなり無理をしているというかいっぱいいっぱいになっている感はあるが、とにかくよかった。これならば、私の環境でトップスピーカーとして苛烈に鳴らしても問題あるまい。

 サブウーファー共々、これから長い付き合いになりそうだ。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第139回『ウォッチメン』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit。 画質

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 NASをサーバーとして使う/Twonky

 TwonkyはPCでも動く。コレ重要。  さて、Twonkyが入っているNASとして間違いな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】結局サーバーソフトは何がいいんだ?

 という疑問に対する極めて個人的な回答。  単体プレーヤーでシステムを組む場合の参考にしてほしい。

記事を読む

UHD BDのローンチと今後の【BDレビュー】について

 3月1日を迎え、とうとうタイトルが発売されたUHD BD。  既にアメリカから輸入して実際に見た

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPad版

※この記事のデータ等は2012年2月28日時点のものです ●イントロダクション 『e

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑