*

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、その「いつか」が一向に訪れないまま今に至っている。
 相変わらずソフトが増えないこと、特にアベンジャーズしかり、スター・ウォーズしかり、本当にDolby AtmosないしDTS:Xで収録してほしい作品が肩透かしで終わったことも、「いつか」が遠のく大きな原因となっている。最大の原因は単に先立つものがないということだが。サブウーファーとかハブとかに資金が飛んでいってしまって……

 そうこうしているうちに、気付けばUHD BDがいよいよ本格的に立ち上がりつつある。ここで俄然注目に値するのは「UHD BDにはオブジェクトベース音声が収録されている」という事実である。『チャッピー』やら『マン・オブ・スティール』やら『ローン・サバイバー』やら『インデペンデンス・デイ』やら、内容的にも音質的にもぜひ手元に置いておきたい作品が、UHD BDならばDolby AtmosまたはDTS:Xで音声が収録される。しかも『オデッセイ』なんかはエクステンデッド・カットで早くも二度目のUHD BD化、それに伴って音声もDolby Atmos化された。
 Dolby Atmosがローンチされて間もない頃、一向に収録ソフトが増えない状況を見て、「もしやオブジェクトオーディオはBDをスルーしてUHD BDのプレミアム感の醸成に使われるのではないか……?」なんてことを考えもしたが、あながち間違いともいえない状況になってしまった。

 というわけで、どうせ4Kディスプレイも持ってないんだし製品も高いし、UHD BD再生環境はオブジェクトオーディオ対応を果たしてからゆっくり導入しようと考えていたのが、状況は完全に変わった。実にタイミングよく登場したパナソニックのUHD BDプレーヤーが与えた影響も大きい。UHD BD再生環境の方がオブジェクトオーディオ環境よりも安く導入できるようになり、おかげで両者の優先順位は完全に拮抗した。

 そもそも4Kディスプレイを持っていないのに……と思わなくもないが、ソフト、UHD BDへの投資は無駄にならない。プレーヤーさえあれば、画質的には真価を発揮できないとしても、今のプロジェクターでも問題なく見ることはできる。私の場合、思い返せばBDだって最初はフルHDではなくハーフHDのテレビで見ていたわけだし、ソフト側のオーバースペックはこれが初めてではない。どのみち4Kディスプレイは後でいい。

 あるいは、やっぱりオブジェクトオーディオ環境を先に導入して、今までのソフト資産をアップミックスして面白がるのが先か……


 UHD BDか先か、オブジェクトオーディオが先か。

 持たざる者ゆえの悩みは尽きない。



【Dolby Atmos】 オブジェクトベースシアターへの道・まとめ 【DTS:X】

スポンサーリンク


関連記事

Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるようになったよ+α

 Kinskyに続くLINN純正のコントロールアプリ、Linn Kazoo。  長らくiPad

記事を読む

【Roon & RoonReady】Merging NADAC 【Munich HIGH END 2016】

Merging Technologies demo NADAC with Roon Ready, C

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第65回『DAY WATCH』

画質:8 音質:6 映像はAVCでビットレートはそこそこ。 音声はドルビーTRUEHDの

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編  使用中は結構な発熱があ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Larry Coryell, Badi Assad NNN John Abercrombie / 3 Guitars

・アーティスト / アルバムタイトル Larry Coryell, Badi Assad NNN

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第162回『アマデウス』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につ

記事を読む

Roonの「魔法」の正体

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編  RoonのOv

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑