*

DTS Neural:Xを試す

 SC-LX59のアップデートの結果、DTS:Xが再生可能になったのはいいが、ドルビー系の音声にはDolby Surround/ドルビーサラウンドしかかけられなくなり、DTS系の音声にはDTS Neural:Xしかかけられなくなった。
 それどころか、ストレートデコード(素の状態での再生)が出来くなり、常にDolby SurroundもしくはDTS Neural:Xがかかった状態になった。

 というわけで、DTS Neural:Xの実力を図るべく、今ではすっかり珍しくなったリニアPCM収録のタイトルを用意した。
 ちなみにリニアPCMに対してなら、素の再生・Dolby Surround・DTS Neural:Xのいずれかを選択できる。
201610200108



『ステルス』

効果:大

 BD最初期の超優秀音質盤。
 期待通り戦闘機の空間表現が大幅に強化されただけでなく、劇伴も積極的にトップスピーカーが活用される。全方位的に効く。



『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

効果:中

 トップスピーカーのおかげで音が空間に充満するイメージが強まり、全体的に生気が増す。いまいち盛り上がらない本作の音を底上げするにはじゅうぶんな効果と言える。


『オペラ座の怪人』

効果:小

 数々の劇伴はきちんとトップスピーカーに割り振られ、確かに包囲感の向上が得られるが、そもそもチャンネルベースの時点で完成されていた音響であり伸びしろは小さい。



 一応、『ガールズ&パンツァー 劇場版』も見てみた。
 Dolby Surroundをかけるとかなりの効果があったが、DTS Neural:Xではどうか。

 ……DTS Neural:XでもDolby Atmosをかけた時と遜色のない効果が得られている。

 ガルパンに限らず、空間表現の緻密化を狙ったDolby Atmosに比べてDTS Neural:Xはエネルギー感の充実を志向しているように感じる。トップスピーカーの音量もDolby Atmosに比べて大きいようだ。
 とにかくどちらのアップミックスでもある程度の包囲感や移動感の向上が得られ、せっかく取り付けたトップスピーカーが無駄にならずに済む。それでいい。


 「ドルビーアトモスが楽しみでしかたない」と書いてから2年以上、とうとうオブジェクトベースシアターの完成を見た。
 あとは、今までもそうだったように、地道に磨き上げていくだけである。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

【レビュー】逢瀬 WATERFALL Power 400 外観編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  DACと一緒にパワーアンプもお借りした。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

iPad Air諸々

iPad 5ではなく。 とりあえずiPad 3どれくらい早くなってるか、それしか興味なし。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Miller / Afrodeez

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑