*

DTS Neural:Xを試す

 SC-LX59のアップデートの結果、DTS:Xが再生可能になったのはいいが、ドルビー系の音声にはDolby Surround/ドルビーサラウンドしかかけられなくなり、DTS系の音声にはDTS Neural:Xしかかけられなくなった。
 それどころか、ストレートデコード(素の状態での再生)が出来くなり、常にDolby SurroundもしくはDTS Neural:Xがかかった状態になった。

 というわけで、DTS Neural:Xの実力を図るべく、今ではすっかり珍しくなったリニアPCM収録のタイトルを用意した。
 ちなみにリニアPCMに対してなら、素の再生・Dolby Surround・DTS Neural:Xのいずれかを選択できる。
201610200108



『ステルス』

効果:大

 BD最初期の超優秀音質盤。
 期待通り戦闘機の空間表現が大幅に強化されただけでなく、劇伴も積極的にトップスピーカーが活用される。全方位的に効く。



『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

効果:中

 トップスピーカーのおかげで音が空間に充満するイメージが強まり、全体的に生気が増す。いまいち盛り上がらない本作の音を底上げするにはじゅうぶんな効果と言える。


『オペラ座の怪人』

効果:小

 数々の劇伴はきちんとトップスピーカーに割り振られ、確かに包囲感の向上が得られるが、そもそもチャンネルベースの時点で完成されていた音響であり伸びしろは小さい。



 一応、『ガールズ&パンツァー 劇場版』も見てみた。
 Dolby Surroundをかけるとかなりの効果があったが、DTS Neural:Xではどうか。

 ……DTS Neural:XでもDolby Atmosをかけた時と遜色のない効果が得られている。

 ガルパンに限らず、空間表現の緻密化を狙ったDolby Atmosに比べてDTS Neural:Xはエネルギー感の充実を志向しているように感じる。トップスピーカーの音量もDolby Atmosに比べて大きいようだ。
 とにかくどちらのアップミックスでもある程度の包囲感や移動感の向上が得られ、せっかく取り付けたトップスピーカーが無駄にならずに済む。それでいい。


 「ドルビーアトモスが楽しみでしかたない」と書いてから2年以上、とうとうオブジェクトベースシアターの完成を見た。
 あとは、今までもそうだったように、地道に磨き上げていくだけである。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNTIT

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法 ※要注意

【2017/02/01追記】  OpenHomeに対応したプレーヤーでも、Kazooでは操作で

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第101回『ルパン三世 カリオストロの城』

画質:6 音質:8 映像はAVCでビットレートは常時30台後半を維持。 音声はリニアPC

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第112回『許されざる者』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは高くて20Mbps程度。旧きワーナー仕様

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・Labo(ヨシオカ電化センター)

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月6

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】宇多田ヒカル / Fantôme

・アーティスト / アルバムタイトル 宇多田ヒカル / Fantôme ・購入元

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

【BDレビュー】第336回『クロニクル』

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑