*

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。
 ということを考える前に、まずはこの記事。さらっと重要なことが書かれている。


なお、天井スピーカーでは、100Hz以下の低域はカットしており、通常のスピーカーやサブウーファに割り当てる。天井からの反射音を使う、ドルビーイネーブルドスピーカーの場合は180Hzでカットしているとのこと。



 とりあえず、でかいスピーカーを無理して選択する必要はないようだ。
 ありがたい。


 というわけで、Dolby Atmos用のスピーカーとして候補になるのは概ね以下の三つだろう。


・埋め込みスピーカー
・小型スピーカー
・薄型スピーカー


 それぞれの特徴を考えてみる。


・埋め込みスピーカー
 色々なメーカーから色々な製品が出ている。
 天井から床に直接向けるという意味でも、見た目の収まりという意味でも、Dolby Atmosを実践するうえで非常に適している。
 しかしそのぶん、導入のハードルも最も高い。
 また、実際に埋め込んでみないとどんな音がするのかわからないというのも、製品選びをするうえでネックになると思われる。

・小型スピーカー
 いわゆるブックシェルフよりもさらに小型の、マイクロやらサテライトやらとも呼ばれるスピーカー。
 壁/天井への取り付け金具が用意されていることも多く、設置のハードルはそれほど高くない。
 純粋にスピーカーとして音質を確認できるのも強み。
 ただ、壁に付けるにせよ天井から吊るにせよ、埋め込みスピーカーに比べればだいぶ出っ張る。そして、それが部屋の音響にどのような影響を与えるかがわからない。少なくとも良い影響ではなさそうだが。

・薄型スピーカー
 私がイメージしているのはB&WのFPMシリーズやMonitor AudioのShadowシリーズやKEFのTシリーズなど。
 本来の使い方からは離れる気がしないでもないが、埋め込む必要がないうえに小型スピーカーに比べると圧倒的に薄く、両者のいいとこどりのようにも思える。
 問題があるとすれば、実機をまったく見かけないということと、どんな音がするのかさっぱりわからないということだろうか。



 私の場合は部屋の構造上、天井に埋め込みスピーカーを設置するのは難しい。
 となると、選択肢は小型スピーカーか薄型スピーカーしかない。
 しかし、ここでひとつ困ったことがある。


 私はDynaudioに惚れ込んでいて、全チャンネルDynaudioで揃えている。しかし、Dynaudioは埋め込みスピーカーはラインナップしているものの、小型と言えるようなサイズのスピーカーは出していない。Audience122を買って以来、すべてのスピーカーをDynaudioで統一することにある種の情熱を燃やしてきた私だが、ついにその構成が破れる日が来るのかもしれない。幸いにして、小型で軽くて音も良くて壁/天井設置も可能なスピーカーはいくつか存在するので、それほど気にしなくてもいいのかもしれないが。

 ん?
 コレを使う?


 高すぎる!!



→というわけで



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】dBpoweramp CD Ripperでリッピング

 38ドルくらい投資しよう。  買いましたね?  インストールしましたね?  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

ネットワークオーディオのユーザビリティの行き着く先

 ネットワークオーディオでは、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」の三要素が独立している。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第119回『羊たちの沈黙』

すげー久々に見たFOXのクソ手抜きやっつけ仕事 たまげたなぁ 画質:5 音質:5

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑