*

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

公開日: : 最終更新日:2016/09/04 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。
 ということを考える前に、まずはこの記事。さらっと重要なことが書かれている。


なお、天井スピーカーでは、100Hz以下の低域はカットしており、通常のスピーカーやサブウーファに割り当てる。天井からの反射音を使う、ドルビーイネーブルドスピーカーの場合は180Hzでカットしているとのこと。



 とりあえず、でかいスピーカーを無理して選択する必要はないようだ。
 ありがたい。


 というわけで、Dolby Atmos用のスピーカーとして候補になるのは概ね以下の三つだろう。


・埋め込みスピーカー
・小型スピーカー
・薄型スピーカー


 それぞれの特徴を考えてみる。


・埋め込みスピーカー
 色々なメーカーから色々な製品が出ている。
 天井から床に直接向けるという意味でも、見た目の収まりという意味でも、Dolby Atmosを実践するうえで非常に適している。
 しかしそのぶん、導入のハードルも最も高い。
 また、実際に埋め込んでみないとどんな音がするのかわからないというのも、製品選びをするうえでネックになると思われる。

・小型スピーカー
 いわゆるブックシェルフよりもさらに小型の、マイクロやらサテライトやらとも呼ばれるスピーカー。
 壁/天井への取り付け金具が用意されていることも多く、設置のハードルはそれほど高くない。
 純粋にスピーカーとして音質を確認できるのも強み。
 ただ、壁に付けるにせよ天井から吊るにせよ、埋め込みスピーカーに比べればだいぶ出っ張る。そして、それが部屋の音響にどのような影響を与えるかがわからない。少なくとも良い影響ではなさそうだが。

・薄型スピーカー
 私がイメージしているのはB&WのFPMシリーズやMonitor AudioのShadowシリーズやKEFのTシリーズなど。
 本来の使い方からは離れる気がしないでもないが、埋め込む必要がないうえに小型スピーカーに比べると圧倒的に薄く、両者のいいとこどりのようにも思える。
 問題があるとすれば、実機をまったく見かけないということと、どんな音がするのかさっぱりわからないということだろうか。



 私の場合は部屋の構造上、天井に埋め込みスピーカーを設置するのは難しい。
 となると、選択肢は小型スピーカーか薄型スピーカーしかない。
 しかし、ここでひとつ困ったことがある。


 私はDynaudioに惚れ込んでいて、全チャンネルDynaudioで揃えている。しかし、Dynaudioは埋め込みスピーカーはラインナップしているものの、小型と言えるようなサイズのスピーカーは出していない。Audience122を買って以来、すべてのスピーカーをDynaudioで統一することにある種の情熱を燃やしてきた私だが、ついにその構成が破れる日が来るのかもしれない。幸いにして、小型で軽くて音も良くて壁/天井設置も可能なスピーカーはいくつか存在するので、それほど気にしなくてもいいのかもしれないが。

 ん?
 コレを使う?


 高すぎる!!



→というわけで



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクベースの時代、アルバムの曲順が狂う余地などなかった。  アルバムの曲順はCDというメディ

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

【BDレビュー】第278回『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』

ライジングに向けて一括購入。 画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:D

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第222回『となりのトトロ』

あらためて見るとなんだこの神作画のオンパレードは……たまげたなぁ…… 画質:10 音質:1

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

【BDレビュー】第300回『ぼくのエリ 200歳の少女』

 足かけ8年以上、とうとう300回到達。  今までにいったい何千枚のBDを見てきたかわからないが、

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑