*

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。
 システムはB&WのCMシリーズ2の7chにイクリプスのサブウーファー、廉価なブックシェルフスピーカー4本による7.1.4構成。使用したAVアンプはSR7009。はっきり言って、常識的な範囲で考えれば非常にレベルの高いシステムである。
 こう正確に書くと場所と時間を特定されそうでアレだが、書かないことには始まらない。

 まずDolby Atmosのデモディスクを見る。
 いかにもデモディスクらしい派手な音作り。
 確かによくできた音響だが、これは果たしてDolby Atmosの効果によるものなのか? という疑問も。
 別にDolby Atmosではない従来の音声であっても、CMシリーズの実力ならこのレベルの精密さは余裕で再現できそうなもんだが、というのが率直な印象だった。

 続いて、非アトモス音声を収録した作品を三本、ドルビーサラウンドによる拡張で聴く。
 再生したのは「シャーロック・ホームズ」(ロバート・ダウニー・Jrのアレ)と「ダークナイト ライジング」と「007 スカイフォール」。シャーロック・ホームズはさておき、後の2本はエクストリーム高音質ソフトである。このチョイスは素晴らしい。そういえばスカイフォールのレビュー書いてないな……

 「シャーロック・ホームズ」からは、精肉場で大騒ぎする場面。声の反響と上方向からの機械音が聴きどころらしい。
 「ダークナイト ライジング」からは、ベインとの一回目の対決。やはり上方向の情報が聴きどころらしい。
 「007 スカイフォール」からは、終盤のヘリコプター襲撃。ヘリが上空を旋回する辺りが聴きどころらしい。


 んー………………


 正直言って、「こんなもん?」という感じ。
 決して音が悪いわけではない。むしろ素晴らしい。なんせ、そもそも音の良い作品をCMシリーズのフルセットで鳴らしているのだ、音が悪いわけがない。
 だが、ドルビーサラウンドにしたことで何がどう変わったのかが分からない。そもそもドルビーサラウンドのオンオフを切り替えて聴かせてくれたわけじゃないし……


 気を取り直して続くは「トランスフォーマー ロストエイジ」。
 世界初、正真正銘のDolby Atmos収録ソフトである。
 待ってました。というか最初にコレを流すとばかり思っていたよ。
 再生したのは終盤、色々吸い込んでボトボト落としていく場面。
 吸い上げと落下でDolby Atmosの効果てきめん、とのことだったが……

 ……


 …


 え、こんなもん?


 Dolby Atmosの真価を見極めようと思って、ロストエイジはうちのシステムで散々聴き込んでからこの試聴会に臨んだ。
 申し訳ないが、出てきた音はアトモス非対応のうちのシステムに大きく劣っていた。
 スピーカーやアンプの価格差があるから仕方がない? そんなことは分かっている。
 私が問題にしたいのは上下方向の音の情報量だ。Dolby Atmosの導入により、シアターは上下方向の広がりを得て、文字通り次元の違う音響効果が得られるのだと期待していた。ところが、天井にリアルスピーカーを4本吊り下げたDolby Atmosのシステムは、上下方向の情報量においてさえ、うちのシステムに対する明確なアドバンテージを聴かせてはくれなかった。
 オブジェクトベースによるスムーズな音の移動もDolby Atmosの真価と言うが、この程度の精度なら別にアトモス非対応のシステムでも普通に出せる。
 結局、Dolby Atmosは魔法でも何でもなかった。スピーカーやアンプのグレード、そしてセッティングというホームシアターの基礎基本を覆すような便利な代物ではなかった。


 ものすごく期待していただけに……

 ショックだ。


 繰り返すが、音が悪かったわけではない。
 上位クラスのAVアンプに加えてCMシリーズを使って音が悪いわけがない。


 しかし、Dolby Atmosの効果は……


 うーむ……



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

ネットワークオーディオの本質

 2013/12/22初出の記事を、核心はそのままに、今までの蓄積と現状を踏まえて更新。

記事を読む

続・サーバーソフトで音は変わるか?

ネットワークオーディオの魔境を往く - サーバーで音は変わるか? ハード編 ネットワークオーディオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第40回『スチームボーイ』

絵を見もしない人間がガタガタ抜かすな。 これはアニメだ。 動く絵だ。 画質:1

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画質:IX 音質:XIII

記事を読む

【音源管理の精髄】 foobar2000でネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、foobar2000を取扱う記事は枚挙に暇がない。  foobar200

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1 ― 清冽な源流

 NASの中ではQNAPのTS-119がいいとか、TS-119にアナログ電源を付けるともっといいとか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第62回『トロイ』

画質:9 音質:10 映像はVC-1、驚異の低ビットレート。詳細は後述。 音声はドルビー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑