*

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。
 システムはB&WのCMシリーズ2の7chにイクリプスのサブウーファー、廉価なブックシェルフスピーカー4本による7.1.4構成。使用したAVアンプはSR7009。はっきり言って、常識的な範囲で考えれば非常にレベルの高いシステムである。
 こう正確に書くと場所と時間を特定されそうでアレだが、書かないことには始まらない。

 まずDolby Atmosのデモディスクを見る。
 いかにもデモディスクらしい派手な音作り。
 確かによくできた音響だが、これは果たしてDolby Atmosの効果によるものなのか? という疑問も。
 別にDolby Atmosではない従来の音声であっても、CMシリーズの実力ならこのレベルの精密さは余裕で再現できそうなもんだが、というのが率直な印象だった。

 続いて、非アトモス音声を収録した作品を三本、ドルビーサラウンドによる拡張で聴く。
 再生したのは「シャーロック・ホームズ」(ロバート・ダウニー・Jrのアレ)と「ダークナイト ライジング」と「007 スカイフォール」。シャーロック・ホームズはさておき、後の2本はエクストリーム高音質ソフトである。このチョイスは素晴らしい。そういえばスカイフォールのレビュー書いてないな……

 「シャーロック・ホームズ」からは、精肉場で大騒ぎする場面。声の反響と上方向からの機械音が聴きどころらしい。
 「ダークナイト ライジング」からは、ベインとの一回目の対決。やはり上方向の情報が聴きどころらしい。
 「007 スカイフォール」からは、終盤のヘリコプター襲撃。ヘリが上空を旋回する辺りが聴きどころらしい。


 んー………………


 正直言って、「こんなもん?」という感じ。
 決して音が悪いわけではない。むしろ素晴らしい。なんせ、そもそも音の良い作品をCMシリーズのフルセットで鳴らしているのだ、音が悪いわけがない。
 だが、ドルビーサラウンドにしたことで何がどう変わったのかが分からない。そもそもドルビーサラウンドのオンオフを切り替えて聴かせてくれたわけじゃないし……


 気を取り直して続くは「トランスフォーマー ロストエイジ」。
 世界初、正真正銘のDolby Atmos収録ソフトである。
 待ってました。というか最初にコレを流すとばかり思っていたよ。
 再生したのは終盤、色々吸い込んでボトボト落としていく場面。
 吸い上げと落下でDolby Atmosの効果てきめん、とのことだったが……

 ……


 …


 え、こんなもん?


 Dolby Atmosの真価を見極めようと思って、ロストエイジはうちのシステムで散々聴き込んでからこの試聴会に臨んだ。
 申し訳ないが、出てきた音はアトモス非対応のうちのシステムに大きく劣っていた。
 スピーカーやアンプの価格差があるから仕方がない? そんなことは分かっている。
 私が問題にしたいのは上下方向の音の情報量だ。Dolby Atmosの導入により、シアターは上下方向の広がりを得て、文字通り次元の違う音響効果が得られるのだと期待していた。ところが、天井にリアルスピーカーを4本吊り下げたDolby Atmosのシステムは、上下方向の情報量においてさえ、うちのシステムに対する明確なアドバンテージを聴かせてはくれなかった。
 オブジェクトベースによるスムーズな音の移動もDolby Atmosの真価と言うが、この程度の精度なら別にアトモス非対応のシステムでも普通に出せる。
 結局、Dolby Atmosは魔法でも何でもなかった。スピーカーやアンプのグレード、そしてセッティングというホームシアターの基礎基本を覆すような便利な代物ではなかった。


 ものすごく期待していただけに……

 ショックだ。


 繰り返すが、音が悪かったわけではない。
 上位クラスのAVアンプに加えてCMシリーズを使って音が悪いわけがない。


 しかし、Dolby Atmosの効果は……


 うーむ……



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第290回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

 ケビン・ベーコン繋がりで『トレマーズ』も見よう! 画質:10 音質:11 映

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

iFI nano iDSD 導入

 実際に聴きたいDSDの音源があるかどうかはさておいて、聴ける環境くらい作っておかないとまずいなあと

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー オーディオユニオン・御茶の水 ハイエンド館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  11月14

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第103回『ランボー 最後の戦場』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Natalie Merchant / Natalie Merchant

・アーティスト / アルバムタイトル Natalie Merchant / Natal

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

続・別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……  NetAudio vol.24を読んでいると、と

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑