*

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。
 システムはB&WのCMシリーズ2の7chにイクリプスのサブウーファー、廉価なブックシェルフスピーカー4本による7.1.4構成。使用したAVアンプはSR7009。はっきり言って、常識的な範囲で考えれば非常にレベルの高いシステムである。
 こう正確に書くと場所と時間を特定されそうでアレだが、書かないことには始まらない。

 まずDolby Atmosのデモディスクを見る。
 いかにもデモディスクらしい派手な音作り。
 確かによくできた音響だが、これは果たしてDolby Atmosの効果によるものなのか? という疑問も。
 別にDolby Atmosではない従来の音声であっても、CMシリーズの実力ならこのレベルの精密さは余裕で再現できそうなもんだが、というのが率直な印象だった。

 続いて、非アトモス音声を収録した作品を三本、ドルビーサラウンドによる拡張で聴く。
 再生したのは「シャーロック・ホームズ」(ロバート・ダウニー・Jrのアレ)と「ダークナイト ライジング」と「007 スカイフォール」。シャーロック・ホームズはさておき、後の2本はエクストリーム高音質ソフトである。このチョイスは素晴らしい。そういえばスカイフォールのレビュー書いてないな……

 「シャーロック・ホームズ」からは、精肉場で大騒ぎする場面。声の反響と上方向からの機械音が聴きどころらしい。
 「ダークナイト ライジング」からは、ベインとの一回目の対決。やはり上方向の情報が聴きどころらしい。
 「007 スカイフォール」からは、終盤のヘリコプター襲撃。ヘリが上空を旋回する辺りが聴きどころらしい。


 んー………………


 正直言って、「こんなもん?」という感じ。
 決して音が悪いわけではない。むしろ素晴らしい。なんせ、そもそも音の良い作品をCMシリーズのフルセットで鳴らしているのだ、音が悪いわけがない。
 だが、ドルビーサラウンドにしたことで何がどう変わったのかが分からない。そもそもドルビーサラウンドのオンオフを切り替えて聴かせてくれたわけじゃないし……


 気を取り直して続くは「トランスフォーマー ロストエイジ」。
 世界初、正真正銘のDolby Atmos収録ソフトである。
 待ってました。というか最初にコレを流すとばかり思っていたよ。
 再生したのは終盤、色々吸い込んでボトボト落としていく場面。
 吸い上げと落下でDolby Atmosの効果てきめん、とのことだったが……

 ……


 …


 え、こんなもん?


 Dolby Atmosの真価を見極めようと思って、ロストエイジはうちのシステムで散々聴き込んでからこの試聴会に臨んだ。
 申し訳ないが、出てきた音はアトモス非対応のうちのシステムに大きく劣っていた。
 スピーカーやアンプの価格差があるから仕方がない? そんなことは分かっている。
 私が問題にしたいのは上下方向の音の情報量だ。Dolby Atmosの導入により、シアターは上下方向の広がりを得て、文字通り次元の違う音響効果が得られるのだと期待していた。ところが、天井にリアルスピーカーを4本吊り下げたDolby Atmosのシステムは、上下方向の情報量においてさえ、うちのシステムに対する明確なアドバンテージを聴かせてはくれなかった。
 オブジェクトベースによるスムーズな音の移動もDolby Atmosの真価と言うが、この程度の精度なら別にアトモス非対応のシステムでも普通に出せる。
 結局、Dolby Atmosは魔法でも何でもなかった。スピーカーやアンプのグレード、そしてセッティングというホームシアターの基礎基本を覆すような便利な代物ではなかった。


 ものすごく期待していただけに……

 ショックだ。


 繰り返すが、音が悪かったわけではない。
 上位クラスのAVアンプに加えてCMシリーズを使って音が悪いわけがない。


 しかし、Dolby Atmosの効果は……


 うーむ……



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】Asset UPnP 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』   ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第68回『魔法にかけられて』

画質・実写部:9 アニメーション部:14  音質:12 映像はAVCでビットレートは高め。

記事を読む

【BDレビュー】第300回『ぼくのエリ 200歳の少女』

 足かけ8年以上、とうとう300回到達。  今までにいったい何千枚のBDを見てきたかわからないが、

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑