*

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。
 システムはB&WのCMシリーズ2の7chにイクリプスのサブウーファー、廉価なブックシェルフスピーカー4本による7.1.4構成。使用したAVアンプはSR7009。はっきり言って、常識的な範囲で考えれば非常にレベルの高いシステムである。
 こう正確に書くと場所と時間を特定されそうでアレだが、書かないことには始まらない。

 まずDolby Atmosのデモディスクを見る。
 いかにもデモディスクらしい派手な音作り。
 確かによくできた音響だが、これは果たしてDolby Atmosの効果によるものなのか? という疑問も。
 別にDolby Atmosではない従来の音声であっても、CMシリーズの実力ならこのレベルの精密さは余裕で再現できそうなもんだが、というのが率直な印象だった。

 続いて、非アトモス音声を収録した作品を三本、ドルビーサラウンドによる拡張で聴く。
 再生したのは「シャーロック・ホームズ」(ロバート・ダウニー・Jrのアレ)と「ダークナイト ライジング」と「007 スカイフォール」。シャーロック・ホームズはさておき、後の2本はエクストリーム高音質ソフトである。このチョイスは素晴らしい。そういえばスカイフォールのレビュー書いてないな……

 「シャーロック・ホームズ」からは、精肉場で大騒ぎする場面。声の反響と上方向からの機械音が聴きどころらしい。
 「ダークナイト ライジング」からは、ベインとの一回目の対決。やはり上方向の情報が聴きどころらしい。
 「007 スカイフォール」からは、終盤のヘリコプター襲撃。ヘリが上空を旋回する辺りが聴きどころらしい。


 んー………………


 正直言って、「こんなもん?」という感じ。
 決して音が悪いわけではない。むしろ素晴らしい。なんせ、そもそも音の良い作品をCMシリーズのフルセットで鳴らしているのだ、音が悪いわけがない。
 だが、ドルビーサラウンドにしたことで何がどう変わったのかが分からない。そもそもドルビーサラウンドのオンオフを切り替えて聴かせてくれたわけじゃないし……


 気を取り直して続くは「トランスフォーマー ロストエイジ」。
 世界初、正真正銘のDolby Atmos収録ソフトである。
 待ってました。というか最初にコレを流すとばかり思っていたよ。
 再生したのは終盤、色々吸い込んでボトボト落としていく場面。
 吸い上げと落下でDolby Atmosの効果てきめん、とのことだったが……

 ……


 …


 え、こんなもん?


 Dolby Atmosの真価を見極めようと思って、ロストエイジはうちのシステムで散々聴き込んでからこの試聴会に臨んだ。
 申し訳ないが、出てきた音はアトモス非対応のうちのシステムに大きく劣っていた。
 スピーカーやアンプの価格差があるから仕方がない? そんなことは分かっている。
 私が問題にしたいのは上下方向の音の情報量だ。Dolby Atmosの導入により、シアターは上下方向の広がりを得て、文字通り次元の違う音響効果が得られるのだと期待していた。ところが、天井にリアルスピーカーを4本吊り下げたDolby Atmosのシステムは、上下方向の情報量においてさえ、うちのシステムに対する明確なアドバンテージを聴かせてはくれなかった。
 オブジェクトベースによるスムーズな音の移動もDolby Atmosの真価と言うが、この程度の精度なら別にアトモス非対応のシステムでも普通に出せる。
 結局、Dolby Atmosは魔法でも何でもなかった。スピーカーやアンプのグレード、そしてセッティングというホームシアターの基礎基本を覆すような便利な代物ではなかった。


 ものすごく期待していただけに……

 ショックだ。


 繰り返すが、音が悪かったわけではない。
 上位クラスのAVアンプに加えてCMシリーズを使って音が悪いわけがない。


 しかし、Dolby Atmosの効果は……


 うーむ……



【Dolby Atmos導入記】

・スピーカーの配置
・スピーカーの配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
・スピーカーの選択
・AVアンプの選択
・世界初のアトモス収録ソフト「トランスフォーマー ロストエイジ」を“普通に”聴く
・嫌な予感

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Adele / Skyfall – Single

・アーティスト / アルバムタイトル Adele / Skyfall - Single ・購

記事を読む

【BDレビュー】327回『キャビン』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

ヤマハの7年ぶりの単体ネットワークオーディオプレーヤー「NP-S303」

ヤマハ、7年ぶりの単体ネットワークプレーヤー「NP-S303」ー 49,000円 - Phile-w

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第218回『ゴジラ(1954)』 クライテリオン盤

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMモノラルの24bit 画質につい

記事を読む

【CES2016】ESS Technology ES9038PRO SABRE DAC

The ES9038PRO SABRE DAC ESS Technology SABRE PRO

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑