*

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:X!!!

 やっぱりというか案の定というか想像通りというか、CES2015においてDTSからもオブジェクトベースの音声規格であるDTS:Xが登場した。
 DTS-UHDがそのまんま来るのかな、いつ来るのかなと思っていたら、名前を変えての登場となったようだ。


【CES】DTS、家庭用オブジェクト音声規格「DTS:X」発表 - ’15年に13社以上が対応AVアンプ発売 – Phile-web

このDTS:Xは家庭用にも展開され、DTS:XをデコードできるAVアンプを、2015年中にAnthem、デノン、Integra、Krell,、マランツ、McIntosh、オンキヨー、Outlaw Audio,、パイオニア、Steinway Lyngdorf、Theta Digital、Trinnov Audio、ヤマハが発売する予定。

再生自体はどのようなBDプレーヤーでも可能だが、オブジェクトベースの再生を行うためには対応したAVアンプが必要になるという(非対応AVアンプではDTS-HDマスターオーディオとして再生されるとのこと)。


 2014年に発売された“Dolby Atmos対応”AVアンプは、はたしてアップデート等によってDTS:Xにも対応するのだろうか?
 もし対応しないとすれば、“Dolby Atmosにしか対応しない”AVアンプを買ってしまった人はいったい……

 Dolby Atmos登場以降も頑なにDTS-HD Master Audioを採用してきた20世紀FOXとディズニーは、きっとこの時を待っていたのだろう。今後、彼らの巨大なソフト資産が猛烈な勢いでDTS:X収録版として再発されることは想像に難くない。
 さらにDTSの攻勢に刺激される形で、「アトモス収録ソフトが全然出ないぞ! どうにかしろ!」という状況も一気に改善されそうな気がする。
 楽しみすぎて弾け飛びそうだ。

 ただ、そうなった時、AVアンプが“Dolby Atmosにしか対応していない”とすれば片手落ちもいい所だ。悲惨すぎる。BD黎明期の悪夢の再来だ。
 何だかんだ言って未だに導入できていない私が言うのもアレだが、オブジェクトベースの音声に大きな可能性を見出し、積極的な投資を行ったユーザーが不利益を被るような展開はあってほしくない。彼らの情熱が最良の形で報われることを願う。



【Dolby Atmos】 オブジェクトベースシアターへの道・まとめ 【DTS:X】

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

画質:13 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:15 (評価の詳細

記事を読む

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】「On-Device Playlist」(オンデバイス・プレイリスト)について

ネットワークオーディオにおけるプレーヤーの役割  On-Device Playlist。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第233回『天元突破グレンラガン 劇場版 紅蓮編&螺厳編』

BDBOXの大きさまで天元突破しなくても…… 尺の都合上仕方がないとはいえ、テッペリン攻略戦&ロー

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ②

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第218回『ゴジラ(1954)』 クライテリオン盤

画質:6 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMモノラルの24bit 画質につい

記事を読む

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第138回『続・夕陽のガンマン』

あうあうあー ほわーんほわーんほわーん 画質:7 音質:10☆ 映像はAVC、

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

→もっと見る

PAGE TOP ↑