*

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないことを確認しながら、ストレートデコードでリファレンスBDを聴く。

 SC-LX85の芸達者かつエンタメ路線とは打って変わった、硬質かつすっきりした音。これがSC-LX59の第一印象。
 効果音や劇伴の膨らみが抑えられた結果解像感は向上し、空間の見通しも良くなった。一方でSC-LX85が得意とした厚みや力感といったものは減退し、あくまで冷静かつ克明な音響を描くようになったようだ。その昔使っていたSony TA-DA3200ESの音をなんとなく思い出す。これはこれで良い。
 ともすれば淡々としてそっけないだけの音にもなりそうだが、そこんところはサブウーファーのおかげで踏ん張りと外連味が利いている。やはりアトモス云々の前にサブウーファーを導入して正解だった。

 というわけで、Dolby Atmosを聴く。
 DTS:Xは今月下旬にアップデートらしいのでまだ聴けない。

 記念すべき初の家庭版アトモスは、かねてからの予定通り『アメリカン・スナイパー』


 ……


 …


 あまり変わらんぞ


 【BDレビュー】ではドルビーTRUEHD 7.1chで音質評価12+αを付けたが、アトモス分のプラスアルファをしたところで13にはならないレベル。

 たしかに、頭上をヘリコプターが飛んでいくとか猛烈な砂嵐が吹き荒れるとか、ドルビーTRUEHD 7.1chの時よりも高い空間性を感じられるシーンもあった。とはいえ、ある意味そのような変化は想定内過ぎるうえに、アトモスすげー! などと騒ぎ立てるほどの新鮮な驚きがあるわけでもない。元が良すぎたのか?

 結局、AVアンプのスピーカー設定やら何やらを繰り返し調整しつつ視聴を重ねても、「うーん、まぁ、効いてはいるかな……」程度の印象からは抜け出せなかった。

 2年ほど前、はじめて家庭用アトモスを聴いた時「え、こんなもん?」といういや~な記憶が蘇る。もう天井に板まで貼り付けちまったと言うのに。


 はてさて……



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 北米盤 【Dolby Atmos】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。 画質:11 (画質はHD環境・BDと同じ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第2回『キングダム・オブ・ヘブン』

やる気のある内に第二回。今後も期待の新作が次々に発売になるので、早いうちにお気に入りのソフトの評価を

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / The Future is Now EP

・アーティスト / アルバムタイトル toe / The Future is Now EP

記事を読む

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定生産 - ギャガ  

記事を読む

【音源管理の精髄】 LUMIN Appでもっとアルバムアートを堪能する 【ネットワークオーディオTips】

 LUMIN A1を導入するまで、私はずっとMAJIK DS-Iを使っていた。  となれば当然、使

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

【一周年】これまでのPV上位10記事

 この一年間の集計。  データはGoogle Analyticsより。  ちなみにトップページは

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑