*

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

 まずはSC-LX85と比べたSC-LX59の音を把握すべく、トップスピーカーから音が出ていないことを確認しながら、ストレートデコードでリファレンスBDを聴く。

 SC-LX85の芸達者かつエンタメ路線とは打って変わった、硬質かつすっきりした音。これがSC-LX59の第一印象。
 効果音や劇伴の膨らみが抑えられた結果解像感は向上し、空間の見通しも良くなった。一方でSC-LX85が得意とした厚みや力感といったものは減退し、あくまで冷静かつ克明な音響を描くようになったようだ。その昔使っていたSony TA-DA3200ESの音をなんとなく思い出す。これはこれで良い。
 ともすれば淡々としてそっけないだけの音にもなりそうだが、そこんところはサブウーファーのおかげで踏ん張りと外連味が利いている。やはりアトモス云々の前にサブウーファーを導入して正解だった。

 というわけで、Dolby Atmosを聴く。
 DTS:Xは今月下旬にアップデートらしいのでまだ聴けない。

 記念すべき初の家庭版アトモスは、かねてからの予定通り『アメリカン・スナイパー』


 ……


 …


 あまり変わらんぞ


 【BDレビュー】ではドルビーTRUEHD 7.1chで音質評価12+αを付けたが、アトモス分のプラスアルファをしたところで13にはならないレベル。

 たしかに、頭上をヘリコプターが飛んでいくとか猛烈な砂嵐が吹き荒れるとか、ドルビーTRUEHD 7.1chの時よりも高い空間性を感じられるシーンもあった。とはいえ、ある意味そのような変化は想定内過ぎるうえに、アトモスすげー! などと騒ぎ立てるほどの新鮮な驚きがあるわけでもない。元が良すぎたのか?

 結局、AVアンプのスピーカー設定やら何やらを繰り返し調整しつつ視聴を重ねても、「うーん、まぁ、効いてはいるかな……」程度の印象からは抜け出せなかった。

 2年ほど前、はじめて家庭用アトモスを聴いた時「え、こんなもん?」といういや~な記憶が蘇る。もう天井に板まで貼り付けちまったと言うのに。


 はてさて……



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】 第247回『オブリビオン』

 想像以上に面白かった映画。そして何より…… 画質:14 音質:11 映像:A

記事を読む

UHD BDとNetflixと映像鑑賞の未来

 今となっては遠い昔……  BDの登場前後はユーザーもメーカーも業界も全部ひっくるめて、と

記事を読む

ヱヴァのハイレゾ音源を聴きました

エヴァのハイレゾ音源を聴きました 序 破 Q 再生環境  こんな感じに。

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 導入編

0.1の壁  23キロの黒い箱。  設置はブビンガ・ラックのベースをボードとして

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

canarino Fils 単体サーバー編 その2

その1  懸案だったアナログ電源を手に入れて状況が整ったので

→もっと見る

PAGE TOP ↑