*

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 – Phile-web


>今回のものには新たにDolby Atmos TrueHD 7.1.4音声(英語)を収録


 Dolby Atmos TrueHD 7.1.4……?
 なにソレ? と思って公式ページを見てみたらやっぱり『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』とある。
20141223-1


Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com


 日本での発売が先というのが気になるが、映像・音声の中身は北米のアトモス盤と同じだろうか?
 『ダークシティ』事件の際に電話で聞いたところでは、ワーナーはワーナーでも北米と日本じゃ会社もソフトも完全に別物ということだったが……


 それにしても、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なんて記載は初めて見たぞ。
 そもそもDolby Atmosって、


・従来の5.1chや7.1chといったチャンネルベースの音声ではなく、使用しているスピーカーの本数によってAVアンプ側で最適なレンダリングが行われる。そして、5.1.2だったり7.1.4だったり9.1.6だったり13.1.8だったりは、ひとえにAVアンプ(プロセッシング)側の能力に依存する。ちなみに民生用アトモスのスピーカー最大本数は34本らしい。

・AVアンプがDolby Atmosに対応していない場合は、従来通りのドルビーTRUEHD音声(最大7.1ch)として振る舞う。


 という認識だったのだが、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なんていう決め打ちの記載がされるということは、理解が間違っていたのだろうか。

 あるいは、出す側のワーナー自身がDolby Atmosについて理解していなくて意味不明な記載になっているだけという可能性も……あるか? BDリリースにおけるワーナーのテキトーさ加減を見続けた身としては大いにあり得る気がするが……どうだろう?
 私の理解が誤りで、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なる記載が正しかった場合、今度はアトモスはアトモスでも「このソフトは5.1.2」「あのソフトは7.1.2」「そのソフトは7.1.4」なる差異が出てくることになるのだろうか。

 やってられん。



【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin IV (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

言の葉の穴・二周年

 もっと、ずっと前にやるべきだったことが、ようやく動き出した感がある。  しかし、まだまだ。

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第189回『BLACK HAWK DOWN』 北米盤

日本での発売が頓挫してから何の音沙汰も無いのであきらめて輸入 画質:9 音質:14

記事を読む

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:14 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:14 (評価の詳細につ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑