*

【Dolby Atmos導入記】7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD……?

「ゼロ・グラビティ」Dolby Atmos収録版BDが来年2月発売 – Phile-web


>今回のものには新たにDolby Atmos TrueHD 7.1.4音声(英語)を収録


 Dolby Atmos TrueHD 7.1.4……?
 なにソレ? と思って公式ページを見てみたらやっぱり『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』とある。
20141223-1


Gravity Diamond Luxe Edition / Blu-ray.com


 日本での発売が先というのが気になるが、映像・音声の中身は北米のアトモス盤と同じだろうか?
 『ダークシティ』事件の際に電話で聞いたところでは、ワーナーはワーナーでも北米と日本じゃ会社もソフトも完全に別物ということだったが……


 それにしても、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なんて記載は初めて見たぞ。
 そもそもDolby Atmosって、


・従来の5.1chや7.1chといったチャンネルベースの音声ではなく、使用しているスピーカーの本数によってAVアンプ側で最適なレンダリングが行われる。そして、5.1.2だったり7.1.4だったり9.1.6だったり13.1.8だったりは、ひとえにAVアンプ(プロセッシング)側の能力に依存する。ちなみに民生用アトモスのスピーカー最大本数は34本らしい。

・AVアンプがDolby Atmosに対応していない場合は、従来通りのドルビーTRUEHD音声(最大7.1ch)として振る舞う。


 という認識だったのだが、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なんていう決め打ちの記載がされるということは、理解が間違っていたのだろうか。

 あるいは、出す側のワーナー自身がDolby Atmosについて理解していなくて意味不明な記載になっているだけという可能性も……あるか? BDリリースにおけるワーナーのテキトーさ加減を見続けた身としては大いにあり得る気がするが……どうだろう?
 私の理解が誤りで、『7.1.4ch ドルビー Atmos TrueHD』なる記載が正しかった場合、今度はアトモスはアトモスでも「このソフトは5.1.2」「あのソフトは7.1.2」「そのソフトは7.1.4」なる差異が出てくることになるのだろうか。

 やってられん。



【BDレビュー】第252回『ゼロ・グラビティ』

【Dolby Atmos導入記】Gravity / ゼロ・グラビティのアトモス盤

【Dolby Atmos導入記】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

【BDレビュー】第260回『Frozen / アナと雪の女王』 北米盤

画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロール関連の過去記事まとめ

 時間の経過によってあまり意味を持たなくなった記事。  あるいは、消滅してしまったアプリに関する記

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 サーバーソフトについて

「いやちょっと待て、そもそもサーバーソフトって何だ?」  となる人は以下の記事を参照のこと。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 MediaMonkeyを活用してライブラリを磨き上げる!

 今までの実践編の記事において、dBpoweramp CD Ripperで2枚リッピング、Media

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証2014 『LUMIN App』

 このアプリがなければ、DSからLUMINに乗り換えることはなかった。  あらかじめ言っておく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

DigiFi No.27で記事を執筆しました

 本日発売。  表紙にもある チャンピオンモデルを探せ! 30万円以下DSD

記事を読む

no image

【BDレビュー】第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑