*

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。
 残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともない。田舎住まいの悲しさよ。
 それでも、導入に向けて備えることならできる。色々と考えたことを備忘録的に書いていきたい。


 フロントワイドとかフロントハイトとか、その手のチャンネル増設には興味がなかった。ディスクリートではない、演算で作り出したチャンネルに大した意味を見いだせなかったというのが最たる理由だが、フロントに鎮座するSapphireがスクリーン前面を圧倒的密度の音で満たしてくれるため、そもそも必要性を感じなかったというのもある。
 が、Dolby Atmosは違う。文字通り次元が違う方法論であり、従来とは異質な経験ができるのではないかという期待がある。

 とにかく導入することだけは決まっている。

 ただ、多くの人にとってそうであるように、問題はスピーカーを天井に取り付ける必要があるということだ。イネーブルドスピーカーなんていうソリューションも用意されてはいるが、最高のパフォーマンスを発揮するためには天井設置が必要だということに変わりない。何より、そんなものは使いたくない。

 とりあえず天井にスピーカーを設置できるか否かは気にせず、まずはDolby Atmosを導入するうえでのスピーカーの配置を考えてみたい。

Dolby Atmos雛形

 上の図は私の部屋における現時点のスピーカー配置である。
 1 pixel=0.5cmとして、おおむね実際の比率で作成している。(クリックで拡大)

 サブウーファーなし、フルDynaudio構成の7.0ch。
 間取りは530cm×348cmの12畳。
 スクリーン面との距離は265㎝。
 背後の壁との距離は240cm。
 図右下と左下はそれぞれAVラックとソフトラック。

 この部屋にDolby Atmosを導入しようとした時、現時点で得られる情報を踏まえて考えたスピーカーの配置は以下のとおり。

Dolby Atmos検討

 紫・青・緑の3パターンを考えた。
 側面図も以下に示す。
 視聴位置――耳の高さは床から80cm。
 ちなみにSapphireに合わせるため、サラウンド・サラウンドバックともにスタンド等で背の高さを稼いでいる。Dolby Atmosとの兼ね合いで、特にサラウンドについて高さを下げる必要が出てくるかもしれない。

Dolby Atmos検討横説明付

 ①紫
 天井スピーカーを1セット、すなわち7.1.2構成の場合。
 この場合の天井スピーカーはトップミドルと言うようだ。
 トップミドルは視聴位置真上ではなく、ほんの少し前方という記述があったため、視聴位置真上を基点に30cm前方にしている。ちなみにこの30cmという数値に根拠はない。単なるカン。

 ②青
 天井スピーカーを2セット、すなわち7.1.4構成の場合。
 この場合の天井スピーカーは前方をトップフロント、後方をトップリアと言うようだ。
 視聴位置からの仰角は60度。天井スピーカーは視聴位置真上を基点にそれぞれ92cm前後に離れている。

 ③緑
 7.1.4構成その2。
 某メーカーのスピーカー設置マニュアルによると、トップフロントの仰角は30~55度とある。
 この構成は仰角45度で作成したもの。天井スピーカーは視聴位置真上を基点にそれぞれ160cm前後に離れている。


 まず、私はDolby Atmosの真価を発揮するためには天井スピーカーが2組以上必要だと勝手に思っているので①という選択肢はない。わざわざ作っておいてアレだが。

 では②か③か。
 某メーカー推奨の仰角での配置(③)は、見てのとおりトップフロントとトップリアの間隔が広すぎるという印象を受ける。320cmもある。広大な部屋で、なおかつ非常に優秀なスピーカーを鳴らせるのなら、320cmという間隔でも問題はないだろうが、実際に設置するのは色々と制約のある天井スピーカーである。つまり私が心配しているのは、「こんなに離して設置して、”視聴位置直上”からの音が精密に出せるのか」ということだ。勿論理論上は鳴らせるはずだが、実際にどうなるのかは分からない。ここまで間隔が広がるなら、さらにトップミドルも加えた7.1.6構成が必要な気もする。

 一方で②は、随分とおさまりが良く見える。そして偶然にも、既設スピーカーの間にうまい具合に入り込んでいる。
 良さそう。
 この”良さそう”というのはある意味私のオーディオ経験を総動員したうえでの感覚なので、それを信じることにする。

 というわけで、あくまで天井にスピーカーを設置できる場合という条件付きではあるが、私の部屋におけるスピーカー配置はこうだ。

Dolby Atmos検討②

 こういう検討、もとい妄想をするのは実に楽しい。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serverの導入がついに報われた。

記事を読む

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

画質:10 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:10 (評価の詳細につ

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

【Roon & RoonReady】Merging NADAC 【Munich HIGH END 2016】

Merging Technologies demo NADAC with Roon Ready, C

記事を読む

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LUMINは年初にRoon Rea

記事を読む

【おしらせ】『季刊NetAudio vol.17』に記事を書きました

1月19日発売! 『ネットオーディオvol.17』はハイレゾ時代に必須の情報満載!  特集

記事を読む

【BDレビュー】第289回『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

「真のハイレゾ対応」爆誕!

音茶楽、40kHz以上再生できるイヤフォンをハイレゾ対応と定義。“真のハイレゾ”ラベルも

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    一旦設置した後の微調整ができないのが困りどころですね。

    あと設置にお金がずいぶんかかりそう。

  2. sakakihajime より:

    Dolby Atmosには投資するだけの価値があると見ていますが、実際に導入するまでには試行錯誤が続きそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑