*

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。
BDロストエイジ
1
 世界初のDolby Atmos収録ソフト。
 それはそうと、ロストエイジ以降の新作BDにDolby Atmosが収録されていないことがままあるが、その理由は何なのだろうか。作品そのものは間違いなくDolby Atmosで作っている/対応しているはずなのに。推測は出来るが確証はない。

2
 BDのメニューにはDolby Atmosのみ。
 それ以外はどうでもいい圧縮音声。
 しかし、うちの環境はDolby Atmosに対応していない。

3
 そのまま再生すると、ドルビーTRUEHD 7.1chとして音声が出力されたようだ。


 いつも世話になっているBlu-ray.comを見てみよう。

Transformers: Age of Extinction

 音声仕様はDolby AtmosとDolby TRUEHD 7.1chが併記されている。確かにその通り。
 では、現状Dolby Atmos収録が分かっている以下の二つのソフトはどうか。

Hercules
Teenage Mutant Ninja Turtles

 All You Need Is Killや猿の惑星:新世紀を差し置いてなぜタートルズなんだ、というツッコミはこの際どうでもいい。
 見てのとおり、これら二つのソフトの音声仕様にはDolby Atmosとしか表記がない。これはすなわちDolby Atmos非対応の環境で見るとトランスフォーマーのようにドルビーTRUEHD 7.1chとして扱われるということなのだろうか。それとも単に未確認なだけなのだろうか。
 Dolby Atmosの発想を踏まえる限り、5.1chに抑える理由はないはずだが。
 わからない。情報がない。
 まあいい。



 わざわざAmazon.comの一番速い便にまでして本作のBDを輸入したのは、Dolby Atmosがどれほどの効果を発揮するのかを体験したかったからだ。まず従来の音声を自前のシステムで聴いてどんなものか把握しておかなければ、これから他所でDolby Atmosを聴いた時、その効果のほどを測れない。

 で、実際の音質なのだが、トランスフォーマーシリーズの名に恥じぬ素晴らしさ。むしろシリーズ最高と言ってもいい。爆音破壊音の派手さ、マルチチャンネルの騒々しい活用は今さら言うでもないが、本作はダイアローグに凄みと渋みが加わったのが大きい。【BDレビュー】の評点で言うと14点かな。実際のレビューはDolby Atmos環境を導入するか、あるいは見送りを決めた時点で書こう。
 つまり、Dolby Atmos非対応の環境においても、既にトップクラスの音を実現している作品なのだと言える。既に現状でも、音の包囲感や移動感に不自然さや不満を覚えるようなレベルではないし、背の高いSapphireのおかげで上下方向の音の密度にも不足していない。
 私が言うのもアレだが、この音を大幅に越えるとなると相当ハードルが高い気がする。というよりあまり想像できない。

 はたしてDolby Atmosが実現するという新次元の音は、私の満足しきってしまった心をひっぱたいてくれるのだろうか。


 既にDolby Atmos環境を構築して本作で家庭用アトモスを浴びているという行動の速い人もきっといると思うのだが、いったいどれほどの効果があるのだろう。
 気になって仕方がない。


【追記】
 Pioneer SC-LX59とECLIPSE TD307MK2Aの導入に伴いDolby Atmosで聴いた。
 参照:Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPhone/androidでも使え

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audio 導入編

 それなりに安い。  ファンレスで静か。  中身がTwonky Server。  ネットワ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】家庭用アトモスを聴く

 音展で東京遠征したついでに、某所の試聴イベントに参加して家庭用Dolby Atmosを聴いてきた。

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第181回『サウンド・オブ・ミュージック』

今回から見所と聴き所を別途書いてみようと試みる 画質:8 音質:8 映像はAVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑