*

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える

スピーカーの配置
スピーカ-の配置②――天井にスピーカーを設置できない場合
スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 いつの間にかドルビーのHPに詳細なドキュメントが用意されていた。
 既にあるチャンネルベースのスピーカーを減らすという発想があるはずもなく、そして移動感の完全な表現のためにトップスピーカーは4本必要。
 というわけで、参考にするのは7.1.4セットアップである。うちのシステムはセンターレスなので6.1.4となる。

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)7.1.4のスピーカー配置 – ドルビー

 DTS:Xはドルビーとは異なり「スピーカーはわりとどこに置いてもいいよ」と言っているが、どちらもオブジェクトオーディオである以上、理想を突き詰めれば結局はDolby Atmosの推奨配置に収斂する。


 画像はドルビーのHPから拝借。
20160904スピーカーの配置01
20160904スピーカーの配置02

 端的に言って、2年前に妄想……もとい検討した配置でほぼ問題はない。現時点でサラウンドスピーカーはすべて理想的な位置に配置しており、そこにトップスピーカーを追加する格好になる。
 しかし、一点気になる。ドルビー推奨の配置図で、上から見た図ではトップスピーカーが視聴位置から前後にそれほど離れていないのだが、仰角の推奨値を守るとすればこんなに近くなることはまずあり得ない。立って見るというなら話は別だが……

 そんなこんなでアレコレと考えた結果、こうなった。限りなく理想値に近いと思う。
20160904スピーカーの配置03

 仰角のみ推奨値からほんのりと逸脱。視聴位置からの前後の距離は80cm。
 Sapphireに合わせてサラウンドのAudience122を手作りスタンドに置いて高くしているので、もし音場があまりにも上に引っ張られるようならスタンドを外して下げよう。
20160904スピーカーの配置04


 残すはスピーカーの選定だが、既に決まっている。
 それを踏まえての配置図である。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトを使う

 ネットワークオーディオの文脈でPCの再生ソフトを使うと言った時、以下の二つのパターンがある。

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

月刊HiVi 2017年9月号から連載が始まりました

月刊HiVi 9月号 8/17発売 特集「有機ELテレビ読本2017」/HDR非対応でも楽し

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Carpenters / Singles 1969-1981

・アーティスト / アルバムタイトル Carpenters / Singles 1969-1981

記事を読む

【CES2016】ESS Technology ES9038PRO SABRE DAC

The ES9038PRO SABRE DAC ESS Technology SABRE PRO

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。  みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る

記事を読む

LUMIN A1・外観編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編

記事を読む

LUMIN A1を試す・DSD編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較  LUMINのネットワークオーディ

記事を読む

【BDレビュー】第282回『X-MEN: フューチャー&パスト』

画質:12 音質:10 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑