*

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 オーディオ・ビジュアル全般, システム・機器

アイコンDolby Atmos

 BD買い替え不可避。
 『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティール』の崩壊するビルをきりもみ飛行で突っ切るシーンとか『パシフィック・リム』の公衆シェルターに響くKAIJUの足音とか、きっと大いにDolby Atmosが活きるだろう。“巨大”を地で行く映画館ではなく、精緻に構築されたホームシアターでDolby Atmosがどのような音響空間を描くのか、興味は尽きない。
 あと昔の映画でいえば『U-571』なんかはまさしくDolby Atmos向きの映画だと思う。旧作のDolby Atmosリミックスにも大いに期待したい。


 BDが出てきて、いわゆるロスレス音声の普及も一段落したあたりから、フロントワイドとかフロントハイトとか、その手の音場拡張の試みが盛んにされたが、私としてはまったく興味を持てなかった。というより、無理矢理にでも新機能を作り出してAVアンプの新製品を買わせようとするメーカーとドルビーやDTSの苦肉の策にしか見えなかった。
 「フロントワイドを導入すれば効果てきめんだよ!」と言ったと思えば今度は「あ、やっぱりフロントハイトの方が効果があるよ!」と言ってみたり、そんな忙しい業界を微笑ましく眺めていた。収録音声は7.1chから増えないのに、AVアンプのチャンネル数は増え続け、気付けば11.2chなんてのも。そりゃ確かにスピーカーを増やせば間違いなく包囲感も増すが、所詮ディスクリートではない“演算で作った音”のためにここまでするのは過剰に思える。スピーカーを売る側としてはたくさん売れるに越したことはないだろうが。

 Dolby Atmosが劇場に導入された時から、いつかは家庭用に降りてくるだろうと期待して待っていた。これでようやく、止まらないAVアンプの多チャンネル化も意味を持つようになる。
 発表記事を見る限り既存のBDPでもDolby Atmosに対応できるらしいが、どんな形式になるのかはわからない。なんにせよAVアンプは新しくする必要があるようだ。天井用にもう一組ディナも買わねば。

 そしてSC-LX85を使っている手前、パイオニアのAVアンプ新製品に期待した次の瞬間、衝撃のニュースが……

 いっそのことそろそろ一体型AVアンプには見切りをつけて、マランツから出るらしいAVプリ(AV7702)でも買って、パワーを別口で用意するというのもありかもしれない。どうせAVアンプじゃどう頑張ってもディナは鳴らん。


 4KBD(仮)はいつまで経っても姿を見せないが、Dolby AtmosのおかげでにわかにAVも面白くなってきた。
 どれだけの音響的向上が手に入るのか、今から楽しみで仕方がない。



【Dolby Atmos】 オブジェクトベースシアターへの道・まとめ 【DTS:X】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ・実践編】 MediaMonkeyでリッピング

 38ドルが惜しいという人はMediaMonkeyでリッピングもしてしまおう。  Medi

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

【イベントレポート】春のヘッドホン祭り2015

 ネットワークオーディオは実際に使ってなんぼ。  コントロールアプリは実際に触ってなんぼ。  触

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / Precious Mornin

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

しばしさらば、Focus200C

「センタースピーカーさえ無ければ」と何度思ったことか  Focus200Cを導入して最初に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たーくん より:

    こちらもご覧ください。
    http://www.pioneerelectronics.com/PUSA/Home/Speakers/Elite+Speakers/Turn+your+Home+into+a+Home+Theater

    http://www.pioneerelectronics.com/PUSA/Home/AV-Receivers/Elite+Receivers
    昔のケンウッドのミニコンポ「AROLLA」のオムニトップスピーカーのようですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑