*

DTS:Xのソフトを片っ端から聴く

 片っ端っつっても3枚しか持っていないが。
201610200107


Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く

オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

トップスピーカーを含む6.1.4chの配置

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く



『ローン・サバイバー』 UHD BD
音質評価:11

主に見たシーン:「タイムカードを押すぜ」
トップスピーカーの活用:小
オブジェクト効果:極小

 【BDレビュー】の音質評価で15点を獲得し、「サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選」で第3位に輝いた、ドルビーTRUEHD 5.1ch advanced 96k upsamplingのBD版に比べて、大幅劣化!!! ついでに音質だけでなく画質も劣化しているようにしか見えなかった。
 トップスピーカーには申し訳程度に音楽が振り分けられるのみで、効果音の振り分けはほぼなし。とはいえ、そもそも上から聴こえるはずのない音をトップスピーカーに振り分ける方がある意味不自然なので、それはそれでべつにいい。一応、RPGによって舞い上がった砂礫など、意味のあるトップスピーカーへの振り分けもあるにはある。しかし、活用の機会はあまりにも少ない。そのために定位感・移動感・包囲感はBD版から何ら変わりない。
 問題なのは、銃撃の威力がBDに比べて明らかに弱体化していること。相変わずの極まった音響構築はさすがの一言だが、この程度の威力では一線を越えた「死の恐怖」が得られない。オブジェクトオーディオだか何だか知らんが、これではがっかりでだ。
 あるいは、advanced 96k upsamplingの効果が想像を絶していたのか。



『インデペンデンス・デイ』 UHD BD
音質評価:13

主に見たシーン:チェックメイト・「パラシュートは付いてっかー!?」
トップスピーカーの活用:大
オブジェクト効果:

 DTS-HD Master Audio 5.1ch収録のBD版(音質評価:12)に比べてはっきりと向上が感じられる。
 本作は「プライベート・ライアン以前」の映画音響の精華のようなもので、重厚さをベースにした包囲感は既に完成されている。そこにDTS:Xリミックスのおかげで明瞭な移動感が付加され、敵主砲で舞い散る瓦礫の音はより克明さを増した。
 音楽と効果音はともにトップスピーカーからも朗々と、明確な意図を伴って鳴り渡る。
 さして新しくない作品のオブジェクトベースオーディオ化という点で、ひとつの指標となり得る出来だと思われる。



『キング・オブ・エジプト』 UHD BD
音質評価:13→変化なし

主に見たシーン:最後の一騎討ち
トップスピーカーの活用:中
オブジェクト効果:中

 飛翔する神々の軌跡や神器の一撃はトップスピーカーから放たれる音で強化され、劇伴も力強く鳴る。効果音は馬鹿の一つ覚えに何でも天井から吐き出すわけではなく、むしろ抑制を利かせて使う場面を選んでいるという印象。
 が、その要所要所で期待していたほど露骨かつ壮烈な効果音の活用がされるわけでもなく、オブジェクトオーディオによる効果は感じられるものの、チャンネルベースに比べて音質評価の点数を上げるほどのものではなかった。



 Dolby Atmosだからどうとか、DTS:Xだからこうとか、そういう話なのではない。

 オブジェクトオーディオの正体見たり。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【理想のオーディオ用PCを求めて】canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画

記事を読む

続・なぜ、オーディオなのか?

 前回の続き。  大枚を叩いて購入したHD595は、私にある確信をもたらした。  「再生機器

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

【音源管理の精髄】 DLNAにおけるデバイスクラスについて 【ネットワークオーディオTips】

 UPnP/DLNAとがどういうものなのかについては、前回の記事で概要を示した。  この記事で

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. HD105cinema より:

    逆木さん、こんばんは。
    SC-LX59アップデートDTS:X対応になり「スノーホワイト氷の王国」視聴しました。
    自分は大音量再生派なのでdts-HDMAとは違う感じがしましたのは音響がマイルドになった感じです。ドルビーぽっくなった感じ?ですかね非常に聴きやすい音響でした。
    驚愕したのはNeural:xです。
    「エンドオブキングダムdts-HDMA」
    こちらはドルビーぺっぽこサラウンドとは大違い凄い効果です。
    サラウンド音場をトップスピーカーを主にして上からと横に音場つくります。
    驚く事にトップフロントとトップリアに音量差がありフロントに近い音場が大きくになりますのでフロントとの繋がりも良好でビックリです。
    ドルビーぺっぽこサラウンドは一度視聴した時にサラウンド音場が小さくなりLFEブーストで何じゃこりゃでそれ以来ドルビーぺっぽこサラウンドは止めて同じ様な感じなのかと思ってましたが驚愕のNeural:xです。
    DTS作品片っ端からNeural:x試したいと思ってます。

    • sakakihajime より:

      HD105cinemaさん

      幸いにして私はDolby Surroundに悪い印象を持っていないですし、Dolby SurroundにせよDTS Neural:Xにせよ、せっかく付けたトップスピーカーを活かせると思えば文句はありません。

      ついでにDolby AtmosにするかDTS:Xにするかは単にソフトメーカーの判断に過ぎず、重要なのは「元々の音響の出来」だという認識はオブジェクトオーディオ時代になっても変わっていません。

  2. 00Q より:

    ローン・サバイバーがBDより劣化とはショックですね。
    記録媒体としてのUHD BDがBDより上位だからといって、画質音質がBDより必ず良くなるとは限らないということでしょうか。

    • sakakihajime より:

      OOQさん

      単に器がでかいというだけですから。
      UHD BDであることは高画質高音質を保証しません。
      まさにBDがそうだったように。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑