*

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの取り付け

スピーカーの配置④――ドルビーの推奨位置から考える
トップスピーカーの選択②――ECLIPSE TD307MK2A
トップスピーカーの天吊り方法
ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く


 というわけで、いよいよ取り付けである。


 まずはTD307MK2Aのスピーカー端子の保護キャップを外し、バナナプラグを使えるようにする。トップスピーカーへの裸線接続はきつい。
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9101

 そして天吊り用にスタンドやら何やらを組み換え、落下防止ワイヤーを……
 ……
 …
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9103

 ま、たまにはこういうこともあるさ。


 気を取り直して、コレが例の板。
 厚さ18ミリ・45センチ角のパイン集成材。
 いわく、5キロ程度の重さを吊ってもまったく問題ない強度だという。
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9102

 コレをココに、
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9104

 こうして、
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9105

 こうだ!
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9106

 強度最重視で、板の天井への取り付けビスは6本。びくともしない。
 梁の位置の関係で板の中央にスピーカーが来ないというのは織り込み済み。それでも狙い通り、(実際にやるかどうかはさておき)かなりの範囲でスピーカーの位置を後から調整できる。

 トップスピーカーの角度は床に対して垂直にはせず、映画館における実際のセットアップを考慮し、僅かに(3度くらい)視聴位置に向けた。これがどう影響するかは未知数。


 残る3つも取り付けて……

 ついに念願のトップスピーカー4本を用いた6.1.4chのシステムが完成した。
 可能な限り理想を追求した会心の出来だと思う。
 木目が加わることで、白黒だった天井がかなり賑やかになった。
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9109

 結線は距離が距離なのでケーブルモールでも使って仕上げるか、それともプロジェクターのケーブルみたくテキトーに吊って済ませるか。
 いずれにせよ、残すはAVアンプのみ。


 ちなみに取り付けはわたしんちを建てた工務店にお願いしたのだが、担当の大工さん(かつてスクリーン&プロジェクターの設置もやってくれた)もホームシアターが趣味ということで、あだのこだのとオーディオ談義を交えた実に楽しい施工となった。

 それにしても、トップスピーカーの天吊りにおける「梁を跨いだ板を天井に貼ってそこに取り付ける」という方法は我ながらいいアイデアだったと思う。実際の施工を通じて、大工さんの側からもいろいろとお墨付きが得られたし。
 今後誰かがオブジェクトオーディオというホームシアターの深淵に足を踏み入れようとする際、こんな方法もあるということで何かしら参考になれば嬉しい。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

canarino Fils あらためてソフト編

canarino Fils ― デジタル・ファイル再生の原器 ついにデジタル・ファイル再生の原器を

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なソフトウェア

 必要不可欠なソフトウェア。 ○リッピングソフト  どれだけ音楽のネット配信が広

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定生産 - ギャガ  

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

UHD BDが先か、オブジェクトオーディオが先か

 Dolby Atmosが登場して以来、「いつかは我が家にもオブジェクトオーディオを!」と意気込み、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑