*

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!



 3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどういうこっちゃ、と思ったら公式で4月9日発表ということになっていた。
 まあ、別にそれはいい。

 心配なのは、「DTS:XはDolby Atmosの二の舞を踏むのではないか」ということだ。



 あくまで現時点、かつ「家庭用の」と前置きしたうえで、私はDolby Atmosは完全に失敗だったと思う。
 世界初のDolby Atmos収録BDである『Transformers: Age of Extinction』がリリースされてから半年が経ったが、Dolby Atmos収録のソフトはそれからまったくと言っていいほど増えていない。
 ヘラクレスにジョン・ウィックにタートルズにエクスペンダブルズ……いや、タイトル的にはまったく問題ないのだが、とにかく数が少なすぎる。
 新作映画ですらことごとくスルーされるだけでなく、期待していた「Dolby Atmosで劇場公開された映画のDolby Atmos収録再BD化」もまるで出てこず、精々ゼロ・グラビティ程度。
 ソフトが出ないのにハードだけ売ろうったってそんなものは無理に決まっている。
 ワーナーとパラマウントの新作すべてにDolby Atmosが収録され、怒濤の旧作Dolby Atmos収録再BD化を楽しみにしていた私の期待は見事に裏切られた。
 ドルビーサラウンドによる拡張で上から音がしますよなんて言われたところで、妥協せず構築された従来のサラウンドシステムの時点でそもそも上下方向の情報量は不足しないため、結局「拡張なんぞのために天井にスピーカーを付ける意味はない」という展開になってしまう。また、実際に家庭用のアトモスを聴いてもパッとしなかったという経験がモチベーションに暗い影を落としているのも確かだ。
 挙句の果てに狙い澄ましたかのようなタイミングでDTS:Xが発表されたことにより、「Dolby Atmosに対応した(しかしDTS:Xには対応しない)AVアンプ」は完全に宙ぶらりんになってしまった。
 とうとう私のアトモス熱は完全に冷めた。



 そして、DTS:Xである。
 4月9日に大々的に発表されるらしいが、いったいどうなることやら。
 Auro-3Dは気にしないとして、Dolby AtmosとDTS:Xが出揃えば、以降のAVアンプが機能的に宙ぶらりんになることはあるまい。それはいい。
 兎にも角にも問題はソフトだ。
 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ収録されたソフトがまるで出てこないのに、DTS:X収録のソフトがいきなり出てくるなんてことはあるのだろうか。
 出てくるとして、いったいどの程度のボリュームで出てくるのか。DTSを採用する映画会社から今後発売されるすべてのソフト(音響をオブジェクトベースで作っている作品に限られるが)にDTS:Xが収録され、腐るほどある“アトモスで公開したのにBDにアトモスが入っていない”作品群を短期間でことごとくDTS:X収録で再発するくらいのことをしなければ、「潤沢なソフト」なんて状況には程遠い。
 ただでさえ「天井にスピーカーを付ける」という高すぎるハードルを設定しているうえに、肝心のソフトを出し惜しみしたのではその瞬間に普及は絶望的になる。
 その点で、Dolby Atmosはソフト収録に到るまでのどこがボトルネックになったのかは定かではないが、まるでソフトが出ず、現状では完全に失敗したと言わざるを得ない。
 DTS:Xには同じ轍を踏んでほしくない。

 なんにせよ、ささやかな期待と大いなる不安を胸に今は待つしかあるまい。


 もしかしたら、「DTS:XはUHD BDにのみ収録します」なんて展開になったり……いや、まさか……



【オブジェクトベースシアターへの道】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第277回『かぐや姫の物語』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ・DTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverを使ってプレーヤーをOpenHomeに対応させる

 まず、OpenHomeとは何か。 ネットワークオーディオと「OpenHome」  Op

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Helge Lien Trio / Hello Troll

・アーティスト / アルバムタイトル Helge Lien Trio / Hello Troll

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと強くなったfidata、HFA

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

Asset UPnPがQNAPで使用可能に

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. トニー より:

    二の舞を演じることはないと思います。おそらく、各スタジオがDTSからの発表を待って、ドルビーアトモスと見比べて商品化するだろうと思います。ドルビーアトモスソフトが確かにまだ少ないですが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑