*

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!



 3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどういうこっちゃ、と思ったら公式で4月9日発表ということになっていた。
 まあ、別にそれはいい。

 心配なのは、「DTS:XはDolby Atmosの二の舞を踏むのではないか」ということだ。



 あくまで現時点、かつ「家庭用の」と前置きしたうえで、私はDolby Atmosは完全に失敗だったと思う。
 世界初のDolby Atmos収録BDである『Transformers: Age of Extinction』がリリースされてから半年が経ったが、Dolby Atmos収録のソフトはそれからまったくと言っていいほど増えていない。
 ヘラクレスにジョン・ウィックにタートルズにエクスペンダブルズ……いや、タイトル的にはまったく問題ないのだが、とにかく数が少なすぎる。
 新作映画ですらことごとくスルーされるだけでなく、期待していた「Dolby Atmosで劇場公開された映画のDolby Atmos収録再BD化」もまるで出てこず、精々ゼロ・グラビティ程度。
 ソフトが出ないのにハードだけ売ろうったってそんなものは無理に決まっている。
 ワーナーとパラマウントの新作すべてにDolby Atmosが収録され、怒濤の旧作Dolby Atmos収録再BD化を楽しみにしていた私の期待は見事に裏切られた。
 ドルビーサラウンドによる拡張で上から音がしますよなんて言われたところで、妥協せず構築された従来のサラウンドシステムの時点でそもそも上下方向の情報量は不足しないため、結局「拡張なんぞのために天井にスピーカーを付ける意味はない」という展開になってしまう。また、実際に家庭用のアトモスを聴いてもパッとしなかったという経験がモチベーションに暗い影を落としているのも確かだ。
 挙句の果てに狙い澄ましたかのようなタイミングでDTS:Xが発表されたことにより、「Dolby Atmosに対応した(しかしDTS:Xには対応しない)AVアンプ」は完全に宙ぶらりんになってしまった。
 とうとう私のアトモス熱は完全に冷めた。



 そして、DTS:Xである。
 4月9日に大々的に発表されるらしいが、いったいどうなることやら。
 Auro-3Dは気にしないとして、Dolby AtmosとDTS:Xが出揃えば、以降のAVアンプが機能的に宙ぶらりんになることはあるまい。それはいい。
 兎にも角にも問題はソフトだ。
 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ収録されたソフトがまるで出てこないのに、DTS:X収録のソフトがいきなり出てくるなんてことはあるのだろうか。
 出てくるとして、いったいどの程度のボリュームで出てくるのか。DTSを採用する映画会社から今後発売されるすべてのソフト(音響をオブジェクトベースで作っている作品に限られるが)にDTS:Xが収録され、腐るほどある“アトモスで公開したのにBDにアトモスが入っていない”作品群を短期間でことごとくDTS:X収録で再発するくらいのことをしなければ、「潤沢なソフト」なんて状況には程遠い。
 ただでさえ「天井にスピーカーを付ける」という高すぎるハードルを設定しているうえに、肝心のソフトを出し惜しみしたのではその瞬間に普及は絶望的になる。
 その点で、Dolby Atmosはソフト収録に到るまでのどこがボトルネックになったのかは定かではないが、まるでソフトが出ず、現状では完全に失敗したと言わざるを得ない。
 DTS:Xには同じ轍を踏んでほしくない。

 なんにせよ、ささやかな期待と大いなる不安を胸に今は待つしかあるまい。


 もしかしたら、「DTS:XはUHD BDにのみ収録します」なんて展開になったり……いや、まさか……



【オブジェクトベースシアターへの道】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【CES2016】Dynaudioよ何処へ行く

<CES>ディナウディオ、コンパクトな新ワイヤレススピーカー「Xeo 2」 - Bluetoothに

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

【音源管理の精髄】 dBpoweramp Batch Converterを使ったWAV⇔FLACの一括変換 【ネットワークオーディオTips】

 今さら、わかりきっていることだとは思うが……  とにかく「WAVか、FLACか」という不毛な

記事を読む

サラウンドジャンキーに送る“シューテムアップ”BD10選

 【BDレビュー】300回到達 & UHD BDローンチ記念。  この記事における「シュー

記事を読む

SC-LX59のDTS:X対応アップデート

 10月18日からアップデート開始ということで、どんな風になるのかサポートに確認したところ、18日夕

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

【RoonReady】TOTALDAC d1 music server

 段々と高価格帯の製品にまでRoonReadyの実装が進んできた感。 TOTALDAC d

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. トニー より:

    二の舞を演じることはないと思います。おそらく、各スタジオがDTSからの発表を待って、ドルビーアトモスと見比べて商品化するだろうと思います。ドルビーアトモスソフトが確かにまだ少ないですが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑