*

【オブジェクトベースシアターへの道】DTS:Xはどうなる?

DTS:X!!!



 3月中に発表するとか言っておきながらなしのつぶてとはいったいどういうこっちゃ、と思ったら公式で4月9日発表ということになっていた。
 まあ、別にそれはいい。

 心配なのは、「DTS:XはDolby Atmosの二の舞を踏むのではないか」ということだ。



 あくまで現時点、かつ「家庭用の」と前置きしたうえで、私はDolby Atmosは完全に失敗だったと思う。
 世界初のDolby Atmos収録BDである『Transformers: Age of Extinction』がリリースされてから半年が経ったが、Dolby Atmos収録のソフトはそれからまったくと言っていいほど増えていない。
 ヘラクレスにジョン・ウィックにタートルズにエクスペンダブルズ……いや、タイトル的にはまったく問題ないのだが、とにかく数が少なすぎる。
 新作映画ですらことごとくスルーされるだけでなく、期待していた「Dolby Atmosで劇場公開された映画のDolby Atmos収録再BD化」もまるで出てこず、精々ゼロ・グラビティ程度。
 ソフトが出ないのにハードだけ売ろうったってそんなものは無理に決まっている。
 ワーナーとパラマウントの新作すべてにDolby Atmosが収録され、怒濤の旧作Dolby Atmos収録再BD化を楽しみにしていた私の期待は見事に裏切られた。
 ドルビーサラウンドによる拡張で上から音がしますよなんて言われたところで、妥協せず構築された従来のサラウンドシステムの時点でそもそも上下方向の情報量は不足しないため、結局「拡張なんぞのために天井にスピーカーを付ける意味はない」という展開になってしまう。また、実際に家庭用のアトモスを聴いてもパッとしなかったという経験がモチベーションに暗い影を落としているのも確かだ。
 挙句の果てに狙い澄ましたかのようなタイミングでDTS:Xが発表されたことにより、「Dolby Atmosに対応した(しかしDTS:Xには対応しない)AVアンプ」は完全に宙ぶらりんになってしまった。
 とうとう私のアトモス熱は完全に冷めた。



 そして、DTS:Xである。
 4月9日に大々的に発表されるらしいが、いったいどうなることやら。
 Auro-3Dは気にしないとして、Dolby AtmosとDTS:Xが出揃えば、以降のAVアンプが機能的に宙ぶらりんになることはあるまい。それはいい。
 兎にも角にも問題はソフトだ。
 2、3年前から劇場公開で使われまくっているDolby Atmosでさえ収録されたソフトがまるで出てこないのに、DTS:X収録のソフトがいきなり出てくるなんてことはあるのだろうか。
 出てくるとして、いったいどの程度のボリュームで出てくるのか。DTSを採用する映画会社から今後発売されるすべてのソフト(音響をオブジェクトベースで作っている作品に限られるが)にDTS:Xが収録され、腐るほどある“アトモスで公開したのにBDにアトモスが入っていない”作品群を短期間でことごとくDTS:X収録で再発するくらいのことをしなければ、「潤沢なソフト」なんて状況には程遠い。
 ただでさえ「天井にスピーカーを付ける」という高すぎるハードルを設定しているうえに、肝心のソフトを出し惜しみしたのではその瞬間に普及は絶望的になる。
 その点で、Dolby Atmosはソフト収録に到るまでのどこがボトルネックになったのかは定かではないが、まるでソフトが出ず、現状では完全に失敗したと言わざるを得ない。
 DTS:Xには同じ轍を踏んでほしくない。

 なんにせよ、ささやかな期待と大いなる不安を胸に今は待つしかあるまい。


 もしかしたら、「DTS:XはUHD BDにのみ収録します」なんて展開になったり……いや、まさか……



【オブジェクトベースシアターへの道】 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第49回『パフューム ある人殺しの物語』

これはえろい!!!!!!!!!!!!!!! 画質:13 音質:11 映像はAVC

記事を読む

【BDレビュー】第265回『THE RAID 2 / ザ・レイド GOKUDO』 北米盤

突撃死亡塔 黒金任務 2購入記念。 画質:8 音質:8 映像:AV

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. トニー より:

    二の舞を演じることはないと思います。おそらく、各スタジオがDTSからの発表を待って、ドルビーアトモスと見比べて商品化するだろうと思います。ドルビーアトモスソフトが確かにまだ少ないですが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑