*

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択

 上の記事を書いてから既に2年近く、ようやくの導入と相成った。
 考慮したのは変わらず、

・SC-LX85から音が悪くならない(良くなるとは言っていない)
・7.1.4構成が可能

 この2点である。

 幸いにして、「来年になればDolby Atmosの方法論が別次元の進化を遂げているのではないか」という不安は杞憂に終わった。

 というわけで、SC-LX59である。
 それはそうと、店頭効果を狙っているからなのか何なのかは知らないが、フロントにべたべたと機能紹介シールを貼り付けるのはいい加減やめにしないか。このクラスの製品を買うユーザーであれば、んなことは言わずとも把握しているだろうに。
20160911sc-lx5901

 SC-LX85からSC-LX59ということで、ラインナップ的にはグレードダウンとなる。
 しかし、既にAVアンプの内蔵アンプでメインのスピーカーを鳴らしておらず、プリ/信号処理の部分を使うと考えればSC-LX59でじゅうぶんと判断した。7.2.4chに対応し、さらに本機の内蔵アンプでトップスピーカー4本を鳴らせるため、導入も非常に楽。

 また、説明書がSC-LX85と比べて非常にわかりやすくなっていたことには感心した。
 おかげで6.1.4ch(フロントプリアウト)の接続で地獄を見ることもなかった。

 AVアンプのメニュー画面等は基本的にSC-LX85から変わっておらず、特に戸惑うことはなかった。
 とりあえずの音場補正の結果、トップスピーカーの位置も誤差の範囲に留まったようで一安心。
20160911sc-lx5902


 やったぜ。
20160911sc-lx5903

 あとはDTS:X対応アップデートを待つのみ。


 これで私のシアタールームも、6.1.4chのオブジェクトベース仕様となった。
 ひとつの終着を迎えたようでなかなか感慨深い。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin IV (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MediaMonkeyのコントロールアプリ 『MonkeyMote Music Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第163回『A River Runs Through It』

画質:8(6~10) 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

【BDレビュー】第261回『300: Rise of an Empire / 帝国の進撃』 北米盤

画質:9 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑