*

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。

 これらオブジェクトベースの新音声規格は、先行したDolby Atmosの非常に衝撃的な登場――天井にスピーカーを取り付ける必要がある!(一応イネーブルドスピーカーも使える)――によって、あたかも「上から音がする」ことが最大の特徴であるかのように捉えられている、あるいは期待されている、そんな気がする。

 無論、オブジェクトベースオーディオとはそんなに単純なものではない。

 映像音響における個々の音を、位置・動き・音量といった情報を持つオブジェクトとして扱い(オブジェクトオーディオ)、これらの情報とスピーカーの位置や本数をもとにAVアンプ等でレンダリングを行い、最終的な音声を再生する。
 これにより、チャンネルベース以上に優れた定位感・移動感・包囲感を実現する……というのが、オブジェクトベースの音声規格の本来の意義であり、目的である。
 単に「上から音が聴こえる! すげえ!」というのが主眼なのではない。


 ……とは言っても、せっかく死ぬほど悩んで天井にスピーカーを取り付けたのだから、単純に「上から音が聴こえる! すげえ!」という体験をしたいのである。したくてたまらないのである。定位感・移動感・包囲感なんて言ったって、そんなもんオブジェクトの助けを借りるまでもなく、チャンネルベースでこれでもかと言うほど追い込んでいるのだから。
 まったく新しい体験、文字通り次元の違う体験を期待するなと言うほうが無理なのだ。


 なんてことを考えながら、Pioneer SC-LX59導入時にMCACCをかけて、その過程でトップスピーカーが鳴った。

 ぼおおおおおおお……
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9109

 ……

 …

 あまり「上から」音がしているという実感がない……


 ドルビーの推奨位置に近付けた結果トップスピーカーが頭の真上から結構離れているとか、「上からの音」を感じさせるためには天井が低すぎるとか、そもそも人間の聴覚は上下を判別する能力が低いとか、いろんな理由があるのだろう。
 さらに、トップフロントならばフロントスピーカーの位置との明確な差異を聴き取れるが、トップリアとなるとサラウンド・サラウンドバックとの位置関係がにわかに怪しくなってくる。特にサラウンド。Sapphireに合わせて背を高くしすぎたせいだろうか。
 この時点で、オブジェクトオーディオの効果に対するそこはかとない不安を覚えた。

 それから自宅における初アトモスとなった『アメリカン・スナイパー』を見て、トップスピーカーの存在感の希薄さを実感することになった。


 Dolby Atmos/DTS:Xといったオブジェクトベースの音声規格は、上方向までも含む、チャンネルベース以上に優れた定位感・移動感・包囲感を実現するためにある。トップスピーカーもあくまでこの目的のためにある。
 一方でトップスピーカーは、それ自体で強烈な存在感を発揮することはなく、結局地味~に供されるだけなのだろうか。

 超単純に「上から音が聴こえる! すげえ!」という体験をしたかったのに、残念だ。


 ……と、思いきや。


 やっぱりソフト一本だけで判断するもんでもなかった。


 手持ちのDolby Atmos収録BDを片っ端から見ていった結果、サラウンドジャンキーの夢を叶えてくれるソフトも、紛れもなく存在したのである。

20160918%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc00



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第32回『エネミー・ライン』

また火薬爆薬が過剰な映画です。 私が買った中で初のAVCエンコードの作品だったような。 画質的に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【BDレビュー】第306回『バケモノの子』

画質:13 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:リニア

記事を読む

JPLAYを使うならJPLAYStreamerを使わない手はない

 一年以上前にJPLAY/JPLAYStreamerを取り上げた身として、最近のJPLAYの隆興と、

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

ディズニーのUHD BDはいつ出てくるのだろうか

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がMovieNEX仕様で9月にBD化  スター・ウ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第43回『バイオハザード3』

タイラント「アァリィスゥゥゥゥウウウウッ!!」 アリス「さんを付けろよこのタコ野郎ォ!!」(触

記事を読む

より好い視聴環境を目指して

 ソフト・ハードともに色々とレビューしてきた。  しかし、「そんな環境で画質音質もクソもあるか」と

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. HD105cinemam より:

    逆木さん、こんばんは。
    LX59導入されたようですね、おめでとうございます。
    自分もLX59完全プリアンプとして7.1.4ch(スピーカー20台)使用してます。
    アメリカンスナイパーは記憶が間違えてなければ2シーン(オープニング、基地ゲート車が通過)数秒間しかトップスピーカーはなりません。多分Atmos史上最短時間ですよ(笑)
    映画の内容は置いておきますがトップスピーカーがとんでもない大音響になるのは「モンスターズ新種襲来」ですね前後左右上からと音が充満します。Atmosレンタル作品は全て観ていますがトップスピーカーの出力レベルは最大ではないかと思います。
    最大出力レベルはベリンガーDEQ2496でモニターしてます。
    チャンネルベースとAtmosとの違いが非常に分かるのは「ゼログラビティ」ですね。
    Atmosは空中表現に効果を発揮しますので「ジュピター」などもオススメしたいです。

    • sakakihajime より:

      HD105cinemamさん

      ありがとうございます。Dolby Atmosに光明を見出してから実際に導入するまで、結局丸2年かかりました。
      ゼログラビティはUHD BD待ちです。
      ジュピターは一度見たのでもう結構です。

      音響制作の現場にオブジェクトオーディオの考え方が浸透するに連れて、より洗練・深化された表現もされるでしょうし、今後さらなる驚きと感動が得られることを期待してやみません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑