*

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。

 これらオブジェクトベースの新音声規格は、先行したDolby Atmosの非常に衝撃的な登場――天井にスピーカーを取り付ける必要がある!(一応イネーブルドスピーカーも使える)――によって、あたかも「上から音がする」ことが最大の特徴であるかのように捉えられている、あるいは期待されている、そんな気がする。

 無論、オブジェクトベースオーディオとはそんなに単純なものではない。

 映像音響における個々の音を、位置・動き・音量といった情報を持つオブジェクトとして扱い(オブジェクトオーディオ)、これらの情報とスピーカーの位置や本数をもとにAVアンプ等でレンダリングを行い、最終的な音声を再生する。
 これにより、チャンネルベース以上に優れた定位感・移動感・包囲感を実現する……というのが、オブジェクトベースの音声規格の本来の意義であり、目的である。
 単に「上から音が聴こえる! すげえ!」というのが主眼なのではない。


 ……とは言っても、せっかく死ぬほど悩んで天井にスピーカーを取り付けたのだから、単純に「上から音が聴こえる! すげえ!」という体験をしたいのである。したくてたまらないのである。定位感・移動感・包囲感なんて言ったって、そんなもんオブジェクトの助けを借りるまでもなく、チャンネルベースでこれでもかと言うほど追い込んでいるのだから。
 まったく新しい体験、文字通り次元の違う体験を期待するなと言うほうが無理なのだ。


 なんてことを考えながら、Pioneer SC-LX59導入時にMCACCをかけて、その過程でトップスピーカーが鳴った。

 ぼおおおおおおお……
20160909%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%9109

 ……

 …

 あまり「上から」音がしているという実感がない……


 ドルビーの推奨位置に近付けた結果トップスピーカーが頭の真上から結構離れているとか、「上からの音」を感じさせるためには天井が低すぎるとか、そもそも人間の聴覚は上下を判別する能力が低いとか、いろんな理由があるのだろう。
 さらに、トップフロントならばフロントスピーカーの位置との明確な差異を聴き取れるが、トップリアとなるとサラウンド・サラウンドバックとの位置関係がにわかに怪しくなってくる。特にサラウンド。Sapphireに合わせて背を高くしすぎたせいだろうか。
 この時点で、オブジェクトオーディオの効果に対するそこはかとない不安を覚えた。

 それから自宅における初アトモスとなった『アメリカン・スナイパー』を見て、トップスピーカーの存在感の希薄さを実感することになった。


 Dolby Atmos/DTS:Xといったオブジェクトベースの音声規格は、上方向までも含む、チャンネルベース以上に優れた定位感・移動感・包囲感を実現するためにある。トップスピーカーもあくまでこの目的のためにある。
 一方でトップスピーカーは、それ自体で強烈な存在感を発揮することはなく、結局地味~に供されるだけなのだろうか。

 超単純に「上から音が聴こえる! すげえ!」という体験をしたかったのに、残念だ。


 ……と、思いきや。


 やっぱりソフト一本だけで判断するもんでもなかった。


 手持ちのDolby Atmos収録BDを片っ端から見ていった結果、サラウンドジャンキーの夢を叶えてくれるソフトも、紛れもなく存在したのである。

20160918%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc00



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄・応用編】 基礎から応用へ 【ネットワークオーディオTips】

 タグ、ライブラリの構築、アルバムアート、サーバー、コントロール、プレーヤー。  今まで音源の管理

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬

記事を読む

【BDレビュー】第320回『白鯨との闘い』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウンドトラック

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 オリジナルサウン

記事を読む

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://www.youtube.com

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【Audio】 システム遍歴 【Visual】

2014/12/05更新終了 以降はシステムまとめに集約 備忘録として。

記事を読む

【BDレビュー】第271回『攻殻機動隊 ARISE BORDER:4』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:ドルビーTRUEHD 5.1ch

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. HD105cinemam より:

    逆木さん、こんばんは。
    LX59導入されたようですね、おめでとうございます。
    自分もLX59完全プリアンプとして7.1.4ch(スピーカー20台)使用してます。
    アメリカンスナイパーは記憶が間違えてなければ2シーン(オープニング、基地ゲート車が通過)数秒間しかトップスピーカーはなりません。多分Atmos史上最短時間ですよ(笑)
    映画の内容は置いておきますがトップスピーカーがとんでもない大音響になるのは「モンスターズ新種襲来」ですね前後左右上からと音が充満します。Atmosレンタル作品は全て観ていますがトップスピーカーの出力レベルは最大ではないかと思います。
    最大出力レベルはベリンガーDEQ2496でモニターしてます。
    チャンネルベースとAtmosとの違いが非常に分かるのは「ゼログラビティ」ですね。
    Atmosは空中表現に効果を発揮しますので「ジュピター」などもオススメしたいです。

    • sakakihajime より:

      HD105cinemamさん

      ありがとうございます。Dolby Atmosに光明を見出してから実際に導入するまで、結局丸2年かかりました。
      ゼログラビティはUHD BD待ちです。
      ジュピターは一度見たのでもう結構です。

      音響制作の現場にオブジェクトオーディオの考え方が浸透するに連れて、より洗練・深化された表現もされるでしょうし、今後さらなる驚きと感動が得られることを期待してやみません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑